Pocket

風邪をひいた時、あるいは花粉症やアレルギー症状になったとき、または日常のちょっとしたとき、突然「鼻づまり」になったりしませんか?

この鼻づまり、なってしまうと気分が悪くなったりイライラしたり集中力が落ちたりしていい事ありませんね。

そんな鼻づまりの原因と誰でもできる鼻づまりの解消方法、また片方だけの鼻づまりや、夜だけ起こる鼻づまりの原因や理由、解消方法も併せてご紹介します。

鼻づまりで困ったときの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

鼻づまりの原因

「鼻づまり」とは、言わずと知れた「鼻を通る空気の流れが悪くなること」です。

この「鼻づまり」の原因は主に2つあります。

 

  • 粘膜の腫れや鼻水によるもの
  • 鼻の骨や軟骨の変形によるもの

 

この二つについて、さらに詳しくご紹介します。

粘膜の腫れ

粘膜の腫れによって鼻の中の空気の通り道が塞がってしまい、鼻づまりが起こってしまいます。

これは、アレルギー性鼻炎花粉症、あるいは点鼻薬の使い過ぎが原因で起こりますので、花粉症の時期に起こる鼻づまりの理由の大半はこの症状。

鼻の粘膜にはたくさんの毛細血管が通っていて、この毛細血管がアレルギー物質で刺激を受けたり点鼻薬を使うことによって拡張して、粘膜が腫れあがってしまいます。

この腫れによって空気の通り道が塞がってしまい鼻づまりの理由となってしまうのです。

副鼻腔炎

鼻の中の「副鼻腔」が炎症し、それによって鼻の粘膜が傷つくと、その修復のため粘膜付近が腫れて空気の通り道をふさいでしまい、鼻づまりの理由となります。

また、この副鼻腔炎になると粘膜に「鼻たけ」(後述)というポリープが出来てしまい、さらなる鼻づまりの原因となることも。

この副鼻腔炎が慢性化すると「蓄膿症」という鼻の病気になります。

鼻水がつまっている

風邪をひいたり病気になったときは、副鼻腔炎という鼻の病気にもかかりやすくなります。

副鼻腔炎になると、ウイルスや細菌によって黄色や緑色っぽい鼻水が出てくるのですが、これらの鼻水が大量に鼻にたまり、鼻を飲空気の通りを悪くさせ鼻づまりとなります。

こんな時にはこまめに鼻をかんでおきたいですね。

空気の通り道が曲がっている

鼻の骨や軟骨が何らかの理由で曲がったり変形したりして、「鼻づまりを起こしやすい形」になってしまう事があります。

鼻たけ(ポリープ)

鼻たけとは、副鼻腔の入り口付近にできるポリープの一種、副鼻腔炎によって粘膜の腫れが続いたりするとこのポリープが出来てしまい、粘膜の腫れがなかなか戻らなくなり鼻づまりの原因となります。

アデノイドの腫れ

アデノイドとは鼻の一番突き当りの奥、鼻と喉の境界の辺りにあります。

このアデノイドは鼻からの空気の通り道にあるので、ここが腫れてしまうと鼻づまりがしやすくなります。

子供の鼻づまりの原因としては最も多い症状です。

鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

左右の鼻の穴を隔てている壁「鼻中隔」が、何らかの理由でどちらかに曲がってしまい、空気の流れが悪くなり鼻づまりになります。

鼻づまりセルフチェック

「ただの鼻づまりだし、アレルギーの季節が終わったら治るわよ」

と、鼻づまりの症状を放置する方を時々見かけますが、鼻づまりには深刻な病気が隠れていることもあります。

ご自分に、あるいはご家族にこんな症状が出ている方がいたら、なるべく早めに耳鼻科で診察をしてもらってください。

 

  • アレルギーの季節が終わっても鼻づまりが続いている
  • アレルギーの季節ではないのに鼻づまりの症状が1週間以上続いている
  • 寝ている間も鼻が詰まっていて、朝になると喉が痛い
  • 臭いが感じにくい、食事の味が判らない
  • 鼻づまりが続いて仕事や勉強に集中できない
  • 常に口を開けている。あるいは家族に常に口を開けている人がいる
  • いびきがうるさい。あるいは家族にいびきのうるさい人がいる

 

寝る時だけ鼻がつまる理由

鼻づまりは昼間だけではありません。中には「夜寝る時になると必ず鼻づまりになるのよねー」という方も。

寝る時の鼻づまりは、眠れない原因になったり夜中に起きてしまうきっかけになったりと、日中起きているときの鼻づまり以上に辛いこともありますよね。

実は、夜寝る時の鼻づまりの原因は、「鼻の粘膜の腫れ」が原因で起こることが多いのです。

夜寝る時にお布団に入ると体が温まり、血行が良くなります。

そうなると、血流が良くなり、鼻の毛細血管にも沢山の血液が流れるようになり、粘膜が腫れあがり鼻が詰まりやすくなるのです。

他にも、まくらが低すぎると血流が鼻に集中して鼻づまりが起こりやすくなりますので、寝る時の鼻づまりで困っている方は、少しだけ枕を高くしてみてはいかがでしょうか?

片方だけの鼻づまりの理由

「なんかわからないけど、片方の鼻だけつまるのよねー」

こんな方も少なくないのでは?

実は鼻呼吸は、大体「片方の鼻だけ」で行われていることが多く、両方の鼻で同時に鼻呼吸を行っていることは少ないそうです。

そこで、使っていない方の鼻は詰まっている状態のことが多く、およそ2.5時間おきに、鼻呼吸に使う鼻を交代しているそうです。

これを「ネージ・サイクル」と言って、片方だけの鼻づまりの理由です。

他にも、寝ている間の片方だけの鼻づまりならば、「寝返り」「枕の高さ」などが関係していることもありますし、寝る時に横を向いて寝る癖のある人は、血流の関係で片方だけの鼻が詰まりやすくなることもあります。

ただし、常に決まった片方だけが詰まっているとなると話は別、鼻の中の変形や、鼻たけといったポリープが出来ている可能性もありますので、早めに耳鼻科に受診しましょう。

スポンサードリンク

鼻づまり解消法

世の中には「鼻づまり」で苦しんでいる人は多く、そのせいか「鼻づまり解消法」も沢山あります。

その中でも、簡単にできる方法や効果があるものを中心にいくつかご紹介します。

脇の下にペットボトルを挟む

脇の下にペットボトルを挟む解消法です。

この場合、例えば右の鼻が詰まっているときは左の脇に、左の鼻が詰まっているときは右の脇に挟むようにします。

「どうして脇の下にペットボトルを挟むと鼻づまりが治るの?」

不思議に思いますよね?

実はこれにはちゃんと理由があります。

実は脇の下には自律神経が多く通っているので、脇の下を圧迫すると交感神経が働き、血管を収縮させてくれます。

鼻の粘膜に通る毛細血管も収縮し、鼻の腫れが抑えられ、鼻づまりが解消するのです。

脇の下の圧迫ですから、別にペットボトルでなくても、グーにした手でも構いません。

これは子供でも出来る程簡単な解消法ですのでおすすめです。

鼻を温める

ホットタオルで鼻の上を温めると、鼻つまりが治るといわれています。

理由は、鼻を温めることによって鼻腔が広がり、粘膜の毛細血管の血行が良くなり、鼻が通りやすくなるのです。

この方法も、簡単にできるので子供にはおすすめの解消法ですね。

また、夜寝ている間の鼻づまりでしたら、お布団をかぶって鼻を温められるので、夜鼻が詰まったときにもやりやすい解消法かもしれませんね。

鼻づまりが治る呼吸法

この呼吸法をすると、鼻づまりが治ってスッキリします。

方法はこのとおり。

 

  • 大きく深くを吸う。
  • 息を吸ったら、その息がなくなるまでゆっくりと吐く。
  • 息を吐ききったら鼻をつまむ。
  • 鼻をつまんだら、二秒ほどかけて上を見て、その後二秒かけて地面を見る。

 

これを数回繰り返すと、鼻づまりが解消します。

この方法も比較的簡単にできますが、外出先や仕事場所では周りが気になるのでやりにくいかもしれませんね。

ちなみに、この方法を先日鼻づまりで苦しんでいた息子にやらせたら「4回目で鼻が通った!」と喜んでいました^^

鼻づまりのツボ

身体にはさまざまなツボがありますね。

その中には「鼻が通るようになるツボ」もあります。

それは「迎香」(げいこう)というツボで、このツボは小鼻のすぐ脇の少しへこんだところにあります。

このツボを指で円を描くようにしてゆっくりと押します。

しばらく押していると鼻が通るようになります。

この方法は私はやったことがありませんが、簡単にできる方法ですので機会があったら挑戦してみたい解消法です。

横になる

これは私が良くやる解消法です。

寝るときに横を向く癖があるのでどうしても片方の鼻がつまりがち。

詰まっている方の鼻の穴が上の方になるように、横を向いて寝ると、少しずつですが詰まっている方の鼻の通りが良くなります。

ただしこれをやると、詰まっていない方の鼻が詰まりやすくなることも。

ほどほどに鼻の通りが良くなったら早めに起き上がるのが良いみたいです。

まとめ

鼻詰まりの原因と解消方法、また、夜だけ鼻づまりになる原因や片方の鼻だけ鼻づまりになる原因も併せてご紹介しましたが、いかがでしたか?

鼻づまりになると、気になったりイライラしたり、集中力がなくなったりと本当に嫌ですよね。

けれど鼻づまりの解消方法も私たちが考えている以上に多くあるので驚きました。

鼻づまりで苦しい時にはぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク

Pocket