Pocket

アルミホイル

どの家庭にも必ずあるといっても良いアルミホイル。

このアルミホイル、よく見るとツルツルした光沢面とくすんだつや消し面があるのですが、皆さんはどちらが裏でどちらが表かご存知ですか?

私は今まで全く気にせず使ってきましたが、もしアルミホイルに裏表があり、さらに効果やくっつきやすさに違いがあるとしたら気になりますよね。

そこで今回はアルミホイルの裏表やその効果の違い、様々な活用法についてご紹介します^^

スポンサードリンク


アルミホイルには裏表がある?

疑問

結論から言いますと、アルミホイルに裏表というものはありません

光沢面が表でもなければ、つや消し面が表でもないんですね。

なんとなく光沢面が表でつや消し面が裏かなと思っていたので、これには驚きました。

ではなぜそれぞれ質感が違うのでしょうか。

その理由はアルミホイルの作り方にありました。

アルミホイルはアルミを2枚重ね、2本のロールで薄く引き伸ばされはがされます。

その際ロールに接した面はツルツルとした光沢面になり、はがされた面はくすんだつや消し面になるのです。

なので明確にどちらが裏でどちらが表という決まりはありません。

製造過程で違いが出るだけであって、意図して質感を変えて裏表としているわけではないのですね。

裏表の効果の違い


アルミホイルに裏表がないことをご紹介しましたが、効果にも違いはないのでしょうか?

質感が違うだけに、熱の伝わり方などの効果に何かしら違いがありそうですよね。

しかし基本的には、光沢面とつや消し面の効果に大きな違いはありません。

トースターなどで食材を焼く際の熱伝導率など、特に差はないようです。

しかし使い方によっては、使用する面を意識した方がいい場合もあります。

例えばアルミホイルでの包み焼きをする際には、光沢面を内側にして食材を包んだ方が反射率が上がって熱伝導率が若干上がるそうです。


包み焼き

つや消し面を内側にした場合と大きな差はないそうですが、ホイルを開いた際に光沢面が内側の方が、料理に映えて見た目もいいですよね^^

見た目が綺麗な料理は食欲をそそりますし、こうした小さな工夫が大切なのかもしれませんね。

くっつきにくいのはどっち?


熱伝導率などの効果に大きな違いがないことはわかりましたが、次に気になるのはどちらがくっつきにくいかですよね。

私のように毎回必ず料理がくっつく!という方は特に気になるのではないでしょうか。

こちらは光沢面の方が、つや消し面より表面積が狭いのでくっつきにくいと言われています。

ですがこれも人によっては差を感じないほどわずかな違いだそうです。

どうしてもくっつくのが嫌な場合は、くっつきにくいアルミホイルが販売されているのでそちらを使用する方が良さそうですね。

わざわざ購入するのは…という方は、アルミホイルを破れない程度にクシャクシャにして広げサラダ油かバターを薄くのばすとくっつきにくいそうですよ。

この時光沢面を上にして食材をのせたら、少しでもくっつきにくくなるかもしれないですね!

これは早速私も試してみようと思います^^

スポンサードリンク


アルミホイル活用法


それではここからはアルミホイルの様々な活用法をご紹介したいと思います。

アルミホイルでのアク取り

あくとり

まず1つ目の活用法はアルミホイルでのアク取りです。

クシャクシャにして手のひらサイズの大きさに丸めたアルミホイルをお鍋にポイッと放り込むだけで、びっくりするほどキレイにアクが取れるそうですよ。

1度で取り切れなかった場合は水で洗えばまた使えますし、そのまま捨てれるのが嬉しいですね^^

私は不器用でいつもアク取りには苦戦していたのですが、こんなに簡単にアクが取れるのなら、是非試してみようと思います。

髪をキレイに染める

髪染め

2つ目は、自分で髪を染める際に綺麗に染める方法です。

まずいつも通りにヘアカラー剤を髪になじませ、頭全体をアルミホイルで包みます。

すると髪が体温で温められしっかりと色が入る効果があるそうですよ^^

何もせずにしっかり色を入れようと放置時間を長くすると、髪が傷みやすくなってしまうのでこれは助かりますね。

「自分で染めるとなかなか綺麗に染まらない」とお悩みの方、ご自宅で簡単に出来るので、是非チャレンジしてみてください。

時短・簡単アイロンがけ

アイロンがけ

最後に、衣類に綺麗にアイロンがけをする方法です。

こちらもやり方は簡単で、衣類の下にアルミホイルを敷きそのままアイロンがけをするだけで衣類の両面を同時に綺麗にできるそうです。

アルミホイルを敷くことによって、熱が反射する効果のためですね。

シワにならないように初めは少し注意しないといけないようですが、コツさえ掴めば電気代を節約でき時短にもなりますので、忙しい主婦にとっては嬉しいですね!

アルミホイルの活用法を3つ紹介させていただきましたが、この他にもまだまだたくさんの活用法がありますよ^^

まとめ


アルミホイルの裏表やその効果の違い、くっつかないのはどちらか、その他活用法などご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

日頃何気なく使っている方が多いと思いますが、アルミホイルの効果など詳しく知ることで、料理だけでなく日常の様々な場面で活用できるということがわかりましたね。

便利なだけではなく時間などの節約になるものまでたくさんありますので、皆さんもぜひお試しください^^


スポンサードリンク

Pocket