Pocket

ホイル焼き

皆さんが普段お料理をする際に使われるアルミホイル。

アルミホイルに食品をのせてトースターで加熱する、という方も多いですよね。

ではこのアルミホイル、トースター以外の電子レンジやオーブン、またはグリルでも使えるかご存知ですか?

なんと、知らずに間違った使い方をしてしまうと危険な場合があるのです!

危険なアルミホイルの使い方とは何か、どのように使用したら大丈夫なのか、とても気になりますよね。

今回はアルミホイルを電子レンジやオーブン、グリルで使っても大丈夫か、間違った使い方による危険性をご紹介します。

スポンサードリンク

アルミホイルは電子レンジで使える?

電子レンジ

はじめに電子レンジで使用しても大丈夫かどうかですが、ここでひとまず電子レンジの仕組みについてご説明します。

電子レンジにはマグネトロンという真空管が内蔵されており、そこから発生したマイクロ波という電波によって、食品内部の水分が振動して熱が発生し食品が温まります。

マイクロ波は食品を直接温めるのではなく、食品内部の水分を熱するため水分を含まないものは温まりません。

次にアルミホイルのような金属ですが、金属の表面には電子がたくさん詰まっており、なおかつマイクロ波のような電波を反射するという性質があります。

このたくさんの電子がマイクロ波によって振動し、反射して庫内に飛び出すと火花やバチッというような音を出します。

これはいわゆる放電で、この放電により電子レンジが故障し、最悪の場合火災の原因にもなるそうです。

実は私もアルミカップに入れた食品を電子レンジで温めようとして、バチバチと音が鳴り慌てて取り出した経験があります。

その場を離れるなどして気づかずに温め続けていたらどうなっていたのでしょうか…。

電子レンジとアルミホイルの組み合わせにこんな危険が潜んでいるなんて恐ろしいですね。

アルミホイルはもちろん、お弁当などを温める際にはアルミカップなどが使用されていないか十分注意してくださいね。

アルミホイルはオーブンで使える?

オーブン

電子レンジでアルミホイルを使用する危険性はわかりましたが、オーブンで使用しても大丈夫かどうか気になりますよね。

オーブンはマイクロ波のような電波ではなく庫内そのものを温め、その熱によって食品を温めるのでアルミホイルを使用しても大丈夫です。

先ほど危険だとご紹介した電子レンジも、オーブン機能であれば内部にあるヒーターの発生する熱で食品を直接温めますので、アルミホイルを使用しても大丈夫なのです。

要は電子レンジでもオーブンでも、温める方法が重要なんですね。

ただ1つオーブンでの使用の際に注意点がありまして、電熱部分に直接アルミホイルが触れると燃えてしまい火災の原因になる危険があります。

なので必ず適度な距離を開けるように注意しましょうね。

スポンサードリンク

アルミホイルはグリルで使える?

グリル

さて次は、グリルで使用しても大丈夫かどうかです。

グリルもマイクロ波ではなく、強い火力で食品に直接火を通すのでアルミホイルを使用しても大丈夫です。

この時もオーブン同様火に直接アルミホイルが触れると燃えてしまう危険があるので、十分注意してくださいね。

実はアルミホイルを使用してグリルで調理するのは、いくつかメリットがあるんですよ^^

例えば網の下に落ちてしまうような小魚も調理できますし、アルミホイルを小分けにして魚や肉以外にお野菜などを一度に焼けば時短にもなります。

出来上がったらアルミホイルはそのまま捨てることができるので、後片付けも楽ですね。

いつもグリルで魚を焼いた後の片付けが大変だったので、私も早速試してみたいと思います。

アルミホイルのNG使用方法

落し蓋

ここまでご紹介してきた内容だと電子レンジで使わなければ他は大丈夫、と思いますよね?

実は電子レンジで使用する以外にも、注意したい使用方法があります。

例えば私もよくするのですが、落し蓋の代用としてアルミホイルを使用する場合がありますよね。

アルミホイルの耐熱温度は300〜600度くらいなので、落し蓋として使用するだけで危険なわけではありません。

しかしアルミホイルには、塩分や酸に弱いという性質があります。

つまり醤油やお酢などが含まれた料理に落し蓋をして長時間放置すると、アルミホイルが侵食されて穴があいてしまい溶けたアルミホイルが食品に移ってしまうのです。

せっかくのお料理がもったいないですし、微量のアルミホイルは人体に有害にはならないそうですが気付かず食べてしまうのは嫌ですよね。

私はお料理を冷ましてから保存容器に入れようとしばらく放置することが多いのですが、これは気を付けないといけませんね。

まとめ

アルミホイルを電子レンジやオーブン、グリルで使用しても大丈夫なのか、そこに潜む危険性などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

知らなければ調理器具の故障だけでなく、事故にもなりかねない危険性があり驚きましたよね。

逆にアルミホイルの性質を知ることでアルミホイルを正しく活用し、普段のお料理に役立てることができますね。

どうしても判断に悩む場合は必ず調理器具等の説明書を確認して、正しく安全に使用しましょう。

スポンサードリンク

Pocket