Pocket

カレンダー

もうすぐゴールデンウィークですね。

もう予定を組んでいて今から指折り数えて心待ちにしている方も多いかもしれませんね。

ところで2018年のゴールデンウィーク、いつからいつまででしたっけ?

2018年ゴールデンウィークの日程は? カレンダー通りに休むと何連休なんでしょう?


意外と忘れてしまいがち。

そんなゴールデンウィークの日程や、ゴールデンウィークに関する様々な情報や雑多な事を集めてみました。

ゴールデンウィークを過ごすときにお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク


ゴールデンウィークいつからいつまで?

画像名

2018年のゴールデンウィークの日程はこのようになっています。

【2018年ゴールデンウィーク】
  • 4月28日(土)休日

  • 4月29日(日)昭和の日

  • 4月30日(月)振替休日

  • 5月1日(火)平日

  • 5月2日(水)平日

  • 5月3日(木)憲法記念日

  • 5月4日(金)みどりの日

  • 5月5日(土)こどもの日

  • 5月6日(日)休日

カレンダー通りの日程ですとまず4月28日から30日に3連休があってその後2日間平日その後4連休というのが2018年のゴールデンウィークです。

2018年は例年と比べて休みが固まっているようなので、短い旅行には行きやすい日程ですね。

また会社勤めをしている方の中では、5月1日と2日に有給休暇をとって「9連休」にしている方も多いかもしれませんね。

そういえば4月の半ばごろになると会社勤めをしている人の間では、「ゴールデンウィーク何連休?」と聞いている人も見かけます。

私は長期休暇が取りにくい職種に勤めていたせいか、「3連休」とか「4連休」などめったになかったので、取得できるととても嬉しくなってしまうのですが、「9連休」などと聞くと、取得したこともない長期休暇な上、「どうやって過ごしたらいいの?」と不安に感じることも。

最近はこうした連休が取りやすい風潮にあるようで、とても良い傾向ですね。

企業によって休みは異なる


そんなゴールデンウィークですが、お仕事の職種や会社の方針によっていつからいつまで休みかが異なるようです。

市役所・銀行・郵便局・教職員

郵便局

市役所などの行政機関や銀行、郵便局といった機関は比較的カレンダー通りの日程で営業していることが多いので、連休中もカレンダー通りに営業しています。

学校の先生も原則カレンダー通りとなりますが、学校によっては5月1日や2日に学校そのものを休みにしてしまって教職員も休暇になり9連休・・・というところもありますが、そういった学校はごく一部。

また、銀行や郵便局は5月1日や2日は混雑する傾向がありますので、この期間に行くのは避けた方が無難のようですね。

一般企業

一般企業

一般企業はいつからいつまでがゴールデンウィークなのでしょうか?

一般企業といっても職種によって様々ですが基本的には市役所と同じくにカレンダー通りの日程で営業しているようです。

ただし福利厚生が行き届いている会社などは、5月1日や2日を休暇にして「9連休」にして、会社単位でゴールデンウィークを設定している所もあるようです。

またそういった会社と取引している企業などは、「取引先が連休に入ってしまって取引できず、仕事にならないから」といって5月1日、2日を休暇にしてしまう企業も。

製造業・建設業

建設業

工場のラインや製造関連の職種はいつからいつまでが連休になるのでしょう?

こちらも職種によって様々ですが祝日、そうでないにかかわらず通常営業している所が多いように感じます。

たとえば5月3日や4日は一般的には祝日ですが、それでも稼働していて、出勤している人がいる・・・といった具合にです。

「ゴールデンウィーク? 私たちには関係ないわよ!いつも通りに出勤稼働!」

「ゴールデンウィーク中には休めないよ。時期をずらして休めるけどねぇ・・・」


そんな声が聞こえてきそうです。

また、工場の稼働がゴールデンウィーク中に止まって従業員がお休みになるとしても、その間に機械のメンテナンスが行われることが多く、工場の機械メンテナンスに携わる人たちにはゴールデンウィークにはあまり休めないそうです。

そういえば私の父はそういった仕事についていたので、子供のころ、ゴールデンウィークに父が家にいたためしはありませんでした。

サービス業

サービス業

サービス業の方にとってゴールデンウィークは「かき入れ時」ですので、カレンダー通りに休める人はごく少数なのでは?

いつからいつまでがゴールデンウィークなの?と聞いたらきっと、

「ないですよ!」

と答えが返ってきそうな気がします。

「いつもはこの曜日はお休みなんだけれど、ゴールデンウィーク中は全日程出勤!」

という方も少なくないと思います。

特にお店や飲食店、観光地、レジャー施設やホテルなどで務めている方はなかなかお休みが取れないようですね。

でもこういった方々がたくさんいらっしゃるから、ゴールデンウィーク中にレジャーや旅行を楽しむことが出来るのかもしれませんね。

サービス業の方、ありがとうございます。

医療機関

病院

連休中、怪我や病気になることもありますので、医療機関の方がお休みしているかどうかはすごく気になるところ。

いつからいつまでお休みなのでしょう?

病院に関しては、個人開業している病院の場合は、院長先生のお気持ち1つで変わります。

5月1日や2日をお休みにして9連休にしてしまうところもあれば、カレンダー通り、3連休、4連休とするところもあります。

そういえば先日、通院した義母が大量な薬を処方してもらって帰宅してきました。

何事かと思ったら

「病院が9連休になっちゃうから、普段2週間分貰っていた薬、4週間分になっちゃったの!」

と言っていました。

義母のかかりつけの病院は毎年ゴールデンウィークは一般企業同様に長期休暇に入ってしまうのだとかで、ゴールデンウィークの前後は薬を貰う患者さんでとても混むのだとか。

医療機関がゴールデンウィークになってしまうと、その間の怪我や病気はもちろん診察してもらえませんので、持病のある人にとってはちょっと怖い事態ですよね。

なお、大病院や総合病院の場合は、入院患者さんもいるので外来診察はお休みしたとしても、病院そのものが稼働している場合が多いようで、急患も受け付けている所もあるそうです。

体調に不安のある方は、そういった病院の時間外急患のシステムもチェックしておいた方が無難かもしれませんね。

スポンサードリンク


ゴールデンウィークの混雑状況


ゴールデンウィークになると、道路や鉄道などが混雑しますね。

いつから混雑が始まるのでしょう?

また混雑はいつまで続くのか・・・知っているとゴールデンウィークのお出かけの時、渋滞に巻き込まれないようにする対策も考えられますよね。

高速道路

高速道路

ゴールデンウィーク中の道路の渋滞は例年以上に増加する予想が出ています。

中でも気になるのは高速道路の渋滞や帰省ラッシュ。

4月28日から5月7日までの間での渋滞のピーク予想は

  • 下り線:4月28日、5月3日

  • 上り線:5月5日

となっていて、連休初日に帰省する方が多い事、そして最終日の前日に戻る方が多いことが覗えます。

渋滞に関しては、最近はどこの高速道路も渋滞情報をリアルタイムに発信していますので、利用する高速道路の交通状況などをこまめにチェックするのがおすすめですよ。

ドラとら ドライブトラフィック

電車・新幹線

新幹線

ゴールデンウィークは新幹線で帰省、あるいは旅行、という方も多いと思いますが、新幹線は、

  • 下り線:5月3日(木)

  • 上り線:5月5日(土)・6日(日)

に最も混雑が予想されています。

また、連休中は乗車率100%を超えることが多く、指定席が取れないとなかなか座れないのが現状。

電車で出かけることが決まった時点で指定席を予約しておいた方が無難です。

もしも突然新幹線を利用する事態になってしまったら、各新幹線の空席案内をチェックして、もしも空きがあるのなら席を確保してしまいましょう。

サイバーステーション(新幹線空席案内)

また、最近は携帯やパソコンから新幹線のチケットを購入することもできます。

えきねっと(JR東日本)

お出かけネット(JR西日本)

2019年は10連休も?

喜び

さて、2018年のゴールデンウィークがいつからいつまでなんだろう?と日程を調べていたら、面白い情報を見つけました。

それは、2019年のゴールデンウィークの日程の事です。

2019年は、天皇陛下の退位、皇太子殿下の即位に伴って、ゴールデンウィークの休日が増えるかもしれないのです。

2018年4月現在の情報によりますと、4月30日には天皇陛下の退位、5月1日には元号が変わりますので「改元記念日」として、それぞれ2019年限定で祝日になるのです。

さらに国民の休日にあてはまる5月2日も休日になりますので、かなり長い連休になるのです!

事実、2019年のゴールデンウィークはいつからいつまでになるかというと・・・

  • 4月27日(土)休日

  • 4月28日(日)休日

  • 4月29日(月)昭和の日

  • 4月30日(火)天皇陛下 退位(2019年限定の祝日)

  • 5月1日(水) 改元記念日(2019年限定の祝日)

  • 5月2日(木)国民の休日

  • 5月3日(金)憲法記念日

  • 5月4日(土)みどりの日

  • 5月5日(日)こどもの日

  • 5月6日(月)振替休日

「あれ?でも、5月2日の”国民の休日”って何?」

国民の祝日とは、休日法に定められている休日の事で、祝日と祝日に挟まれている平日(2019年の場合は、5月1日の改元記念日と5月3日の憲法記念日に挟まれている5月2日)は「国民の休日」として休日になることが決まっているのです。

どうでしょう?

天皇陛下の退位や即位に伴う祝日と、祝日法による休日が重なって、見事な10連休となるのです。

毎年「有給休暇も使って10連休!」という方は多かったかもしれませんが、2019年は、有給休暇を使わなくてもカレンダー通りでも「10連休」となる可能性が出てきているのです。

もちろん、企業だけではなく学校や市役所等もです。

これはちょっと凄い事ではありませんか?

少しだけ、2019年のカレンダーを見るのが楽しみになりそうです。

まとめ


2018年のゴールデンウィークの日程についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

いつからいつまで?とカレンダーの日程を指折り数えるほどの長期休暇ではないものの、3連休、4連休と、普段はもらえないような連休ですので、ちょっと足を延ばしてドライブに行って見たり普段行かない近距離、中距離のレジャー施設で楽しんでみるのもありかもしれませんね。

また、遠くに出かけないまでも、ゴールデンウィークになると近場でも面白いイベントがあることもありますので、そういったところで楽しんでみては?

皆さんも楽しいゴールデンウィークを過ごしてくださいね。


スポンサードリンク

Pocket