Pocket

土星

近年、様々な天体ショーがニュースで話題になっていますね。

中でも最近最もにぎわっている天体ショーは2018年5月10日の木星の最接近ではないでしょうか?

実はこの木星の最接近を皮切りに、6月には木星、火星が7月に、それぞれ最接近するという、滅多にない天体ショーとなるのです。

同じ時期に同じ方角に惑星を見ることが出来るのは1世紀ぶり!

天体ファンの方は勿論、そうでない方もこれを見逃す手はありませんよね?

今回は2018年5月10日に最接近する木星が見える方角や時間帯、肉眼で見えるかどうかについてをご紹介します。

天体観測の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

木星接近の時間帯と方角

深夜

2018年5月10日の木星の最接近、その時間帯と方角は、国立天文台の情報によりますと

  • 時間帯は午前2時頃
  • 方角は南西から南東にかけて

とされています。

午前2時、深夜の時間帯ですね。

翌日お休みではない方にとってはちょっと出かけにくい時間帯かもしれませんが、滅多にない天体ショーですので、次の日に何も予定がない方にはおすすめですよ。

「南西とか南東っていうけど、方角がピンとこないの。もうちょっとわかりやすいものはないの?」

普段天体観測を趣味としている人にとって方角は身近なものですが、そうでない人にはちょっとわかりにくいですね。

実は今回の木星の特徴は大きな特徴があるのです。

それは「月と並んでいる」こと。

「月の近くにある明るい星」を探したら見つけやすいかもしれませんね。

肉眼で見えるの?

天体観測

「木星の最接近、見てみたいけど、私天体望遠鏡なんか持っていないの。肉眼でみれるの?」

確かに天体ショーの中では天体望遠鏡がないと見られないような星もありますが、今回の木星の接近は肉眼でもしっかり見ることができます。

今回の木星はマイナス2.5等級。

こう書くとピンとこないかもしれませんが、地球から見える一番明るい星が「1等級」だとすると、それよりもさらに明るいので、望遠鏡がなくても大丈夫です!

「明るさ以外に特徴はないの?」

勿論、明るさ以外の特徴もあります!

木星の色は薄茶色をしているので、ひときわ明るい薄茶色の星を目印に探してみましょう。

これらの情報ををまとめると

  • 5月10日、時間帯は午前2時頃
  • 方角は南西から南東
  • 月の近にあるく
  • 薄茶色をしたひときわ明るい肉眼でも見られる明るさの星

と言うことになります。

いかがですか?

こう書くと、「見つけられそう!」って思いませんか?

望遠鏡があるとさらに

望遠鏡

この5月10日の木星の接近は、肉眼でももちろんみることが出来ますが、望遠鏡で見るとさらに楽しいものになりますよ。

木星には表面に縞模様があるのですが、望遠鏡で見ると、肉眼では見ることが出来ない木星の縞模様がはっきりと見えるのだとか。

望遠鏡がないとしても、ご家庭に双眼鏡があったらそれで覗いてみてはいかがでしょう?

もしかしたら、肉眼では見えない木星の縞模様も見えるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

気になるお天気

天気を確認

さて、そこで気になるのは2018年5月10日のお天気です。

特に、2018年5月はゴールデンウィークが明けたころから急にお天気が悪くなり、関東地方では記録的な大雨が降り続いていますので、5月10日の木星が見える時間帯のお天気は気になるところです。

インターネットで5月10日のお天気を調べてみますと、北海道や北陸、信越地方は曇りで時々雨、といったお天気ですが、それ以外の地域ではおおむね晴れるようです。

また、お天気も回復傾向にあるようですので昼間曇り空だとしても、天体観測をする時間帯には晴れている可能性も。

天体観測の持ち物

木星の最接近、おうちのベランダからでも、方角が良ければ見ることが出来るかもしれませんが、

「どうせなら星が良く見えるところでみたいな」

と、屋外に見に行く方もいるかもしれませんね。

そんな方に、最低限持って行った方が良い持ち物をご紹介します。

防寒着

時間帯は深夜、真冬程寒くはありませんが、ここ数日気温が下がったり雨が降ったりと気候が不安定

「春だし大丈夫!」と油断しないで、ある程度の寒さ対策はしてゆきましょう。

方位磁針

方位磁石

木星が見えるのは「方角は南西から南東にかけて」になります。

その方角を確認するためにも、方位磁針は持って行きましょう。

「方位磁針なんて持っていないわよ!」

そんな方には、こんな方位磁針アプリはいかがですか?

スケスケコンパス

懐中電灯

星が良く見えるところは、街灯や建物の明かりが少ないところです。

暗いと足元が見えず、思いもよらない怪我やトラブルに遭うことも。

双眼鏡

双眼鏡

今回の木星は肉眼でも十分見ることが出来ますが、もしもお家に双眼鏡があったら持って行ってみてはいかがでしょうか?

肉眼では見ることのできない木星の縞模様も見られるかもしれませんよ。

がっつりと「天体観測」を行うのであれば星図やレジャーシート、腕時計、天体観測をサポートしてくれるアプリなどもあると便利ですが、最低限防寒具と方位磁針、懐中電灯位は持って行きたいところですね。

まだまだ続く今年の天体ショー

天体ショー

2018年の5月10日は木星が地球に最接近しますが、この後も惑星の最接近が続きます。

まずは6月28日には土星、7月31日に火星がそれぞれ最接近します。

土星の色は黄色、火星は赤い色、そして5月10日の木星は薄茶色、すべて肉眼でみることが出来ます

さらに天気が良ければ、この夏にかけてこの3惑星が同じ時間帯に、ほぼ同じ方向の空で楽しむことが出来ますよ。

また、土星に関しては周期の関係で土星の輪が傾いているので、望遠鏡を使うと土星の輪がかなりはっきり見ることが出来るのだとか・・・

夏にかけて、珍しい天体ショーがたくさん見られそうですね。

まとめ

5月10日の木星最接近について、方角や時間帯、木星の特徴などについてまとめてみました。

木星は明るく見つけやすいので、天体観測初心者の方でも楽しめる観測ではないでしょうか?

また2018年は木星だけでなく6月には土星、7月には火星が最接近するので、3つの惑星が肉眼で見られるというめったにない天体ショーを見ることができる貴重な年。

今回の木星の最接近も、是非見ておきたいところですよね。

なお、6月の土星、7月の火星についてはまた別の機会にご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Pocket