Pocket

最近、健康効果やダイエット効果が高いということで、「ココナッツオイル」が流行っていますね。

スーパーの油が売っている売り場や健康食品売り場でココナッツオイルをよく見かけるので、興味がある方も多いと思います。

けれど、ココナッツオイルってどんな健康効果があるかや、使ってみるにしても危険性や副作用も気になるところ。

漠然と知っていても、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ココナッツオイルの効果や効能、摂取のコツや副作用、危険性についてもまとめてみました。

これから「ココナッツオイルを試してみよう」と思っている方も、「ココナッツオイルってどんなものかしら?」と興味がある方も、是非一度ご覧ください。

スポンサードリンク

ココナッツオイルの効果と効能

ココナッツオイルにはたくさんの健康効果がありますが、とりあえず「飲むことによって得られる健康効果」についてご紹介します。

ダイエット効果

ココナッツオイルは「中鎖脂肪酸」と呼ばれているタイプのオイルなのですが、具体的にこの「中鎖脂肪酸」がどんな効能のあるオイルか、知らない人が多いようです。

「中鎖脂肪酸」とは一般的な油類よりも体の消化・吸収が早く、エネルギーになりやすい特徴があり、そのため体の中に入っても脂肪として蓄積されにくく、太りにくいと言われているのです。

それだけではありません。

中鎖脂肪酸は動物性の脂肪の燃焼を助ける効能がありますから、体の体脂肪を減少させる効能があり、結果ダイエットにとても効果的なオイルなのです。

更にココナッツオイルのダイエット効果は、それだけではありません。

ココナッツオイルを空腹のときに摂取すると、体の中に「ケトン体」という物質が大量に作られるのですが、このケトン体は、体の中に蓄積されている脂質を燃焼してエネルギーに変える働きがあります。

普通、体の中に栄養が入ると「糖質」や「炭水化物」が真っ先にエネルギー源として使われ、体の中に蓄積されている脂肪や脂質が燃焼させるのはずっと後、摂取した脂質は栄養やエネルギーとして使われないまま、体に蓄積されてしまいます。

一般的に体脂肪がなかなか減らないのは、体脂肪よりも糖質や炭水化物の方がエネルギーとして分解、吸収されやすく、体脂肪や脂質は分解されにくいからです。

そこで、エネルギー源となりやすい糖質や炭水化物を食べるのを控えて、このココナッツオイルを摂取すると作られたケトン体によって体脂肪が燃焼されやすくなるのです。

ココナッツオイルは、そのまま摂取してもダイエット効果はそれなりにありますが、糖質制限や炭水化物を制限した上でココナッツオイルを摂取すると、ダイエットが進みやすくなる、という効果があるのです。

便秘改善効果

ココナッツオイルの性質は中鎖脂肪酸という話は先ほどしましたが、その中鎖脂肪酸には、腸を働かせる効能があります。

これによってお通じが良くなる効果が!

またこれだけではなく、ココナッツオイルには「ラウリン酸」という成分が多く含まれています。

この「ラウリン酸」には、腸内の免疫の量を高め、腸内環境を整える効能があり、デトックスの効果があります。

腸が良く働き、さらに腸内環境も良くなるので、結果便秘改善の効果が期待できるのです。

そして便秘の改善が出来れば、さらなるダイエット効果も期待できるかもしれませんね。

冷え性の改善効果

ココナッツオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。

このビタミンEには体の血流を良くする効能があり、その結果血行が良くなり身体が芯から温まるので、冷え性改善の効果も

冷え性の方は、温かい飲み物やスープにココナッツオイルを入れて飲んでみてはいかがでしょう?

糖尿病予防効果

高齢になればなるほど、「糖尿病」などの生活習慣病の危険が多くなりますね。

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンの分泌の減少や、インスリンの効きが悪くなることで発病するのですが、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸には、それらを改善する効能があるのです。

また、インスリンの分泌減少や効きが悪くなる原因の一つは「肥満」。

ココナッツオイルは脂肪として身体につきにくいオイルですので、他のオイルと比べて糖尿病のリスクが少ないオイルなのです。

免疫効果

免疫とは、病気や病原菌に侵された時それに抵抗してはねのける力の事。

ココナッツオイルに含まれているラトリン酸には、免疫を高める効能がありその結果、病気になりにくい免疫が良く働く身体になる効果があるのです。

ココナッツオイルの効能や効果、ざっと挙げただけでもこれだけあります。

他にも、飲むだけではなくお肌や髪の毛に直接使っても効果的なのですが、詳しくは下記の記事で詳しくご紹介しています。

 

 

 

スポンサードリンク

副作用と危険性

「ココナッツオイルが健康に良いっていうのは判ったけど、副作用ってないの?」

確かに、どんなに健康に良いものでも、副作用や危険性について心配になるのは当然のこと。

ここでは、ここナッツオイルの副作用や危険性についてご紹介します。

副作用

ここで気になるのは「副作用」です。

「副作用」とは本来、薬の効果に対して使われる言葉ですので、薬ではなく「食品」であるココナッツオイルに対して「副作用」という言葉はあまり使いません。

ただ、ココナッツオイルを摂取することによってこのような症状が現れることがあります。

 

  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 眩暈
  • 吐き気
  • のどの痛み

 

こういった症状が出た場合は、摂取するオイルの量を減らしたり摂取するのをやめて、様子を見ましょう。

危険性

次にココナッツオイルの危険性についてです。

アレルギー反応

ココナッツオイルは木の実=ナッツからとった油ですので、ナッツアレルギーの方は要注意です。

 

  • 湿疹
  • 下痢
  • 皮膚炎

 

といったアレルギー反応が出る事もあります。

気になる方は、かかりつけの医者に相談してみてください。

また、摂取してからこのような症状が出た時も、摂取するのを止めて病院で診て貰いましょう。

摂りすぎ注意

他のページでもご紹介していますが、実はココナッツオイルはカロリーがとても高いです。

取りすぎてしまうと、カロリーオーバーになってしまい、身体に悪影響や危険性の原因になることも。

また、最近オイルを摂取するダイエットが流行していますが、本来日本人にはオイルをそのまま飲む習慣はありませんので、身体がオイルに慣れていない方も多いです。

ココナッツオイルも体に合う、合わないなどの相性は勿論、体がオイルに慣れていない状態で大量のオイルを飲めば、体調を崩したり悪影響が出る危険性だってあります。

ココナッツオイルの1日の適正量は大さじ2程度と言われています。

飲みすぎたら逆にカロリーオーバーになって体調を崩すこともあるので量には気をつけてくださいね。

また、摂取するときは少量ずつ体に慣らしていって、徐々に増やしてゆく食べ方がおすすめですよ。

 

ココナッツオイルの効果的な摂取方法については、こちらの記事をご覧下さい。

ダイエットの時の注意

「ココナッツオイルの中鎖脂肪酸がダイエットに効果的って聞いたから、ココナッツオイルを飲んでダイエットするの!」

と、ダイエット目的でココナッツオイルを摂取する方も多いかもしれませんね。

ココナッツオイルにはダイエット効果がありますが、ココナッツオイルを飲むだけではダイエット効果はあまり大きくありません。

もしもダイエット効果を期待してココナッツオイルを飲むのであれば

 

  • 糖質や炭水化物を控える
  • 日頃からこまめに運動する
  • カロリーオーバーを控えるため、取りすぎない

という注意が必要です。

これらを怠ると、ココナッツオイルを摂取して太ってしまう危険性も!

くれぐれも注意してくださいね。

まとめ

ココナッツオイル、様々な健康効果がありますね。

ダイエット効果や便秘解消効果、冷え性改善など、女性には嬉しい効果がたくさん、機会があれば是非摂取して、効果にあやかりたいところですね。

ただ、カロリーが高いのが難点、そして、オイルを飲むことに抵抗を感じる方も多いかもしれませんね。

もしもココナッツオイルを飲むことを考えているのであれば、少量ずつ、慣らすようにして摂取するのがおすすめです。

そして、飲んでいて体調が悪くなったら、すぐに止めて病院で診て貰いましょう。

それさえ気をつければ、ココナッツオイルは、きっとあなたの健康を助けてくれますよ。



スポンサードリンク

Pocket