Pocket

画像名

ココナッツオイルは、そのまま飲むと健康や美容に効果的ですが、利用方法はそれだけではありません。

髪の毛やお肌に使っても効果的で、ココナッツオイルの栄養が髪の毛を健康に、そして綺麗にしてくれるのです!

今日は、ココナッツオイルの髪の毛に対する効果や効能、そして使い方や使う時の注意点をご紹介します。

髪の毛が傷んでしまったり、うねったり広がったりして困っている方、ココナッツオイルで髪の毛を補修してみてはいかがですか?

スポンサードリンク


髪に対する効果と効能


画像名

ココナッツオイルは、髪に直接つけても様々な効果効能があります。

そんな、ココナッツオイルの髪の毛に対する効果効能をご紹介します。

髪に潤いを与える効果


ココナッツオイルにはパサついたり、傷んだ髪の毛をしっとりさせてくれる保湿の効能があり、それによって髪の毛が健康になり、髪の毛のうねりや広がり、切れ毛を防ぐ効果があります。

日頃から髪の毛の傷みやうねり、広がりが気になる方は是非取り入れたいところですね。

そうそう、「髪の毛のうねりや広がりを抑える方法は?梅雨や雨の日の湿気対策」や、「髪が傷む原因とダメージの種類は?修復方法についても」のページでは、傷んだ髪の補修方法やうねり、広がりの原因とその対策方法について触れていますので、その方法とココナッツオイルを両方取り入れてみるのもより効果的ですよ。


栄養を与える効果


ココナッツオイルには、ビタミン、ミネラル等の栄養が豊富に詰まっていて飲むと体にも効果的なのですが、それらは髪の毛にもとっても効果的なのです。

さらにそれらは、粒子が細かく、髪の毛に浸透しやすい形状になっていますので、髪の毛のケアにココナッツオイルを使うと、オイルの栄養が髪の毛によく入ってゆき、髪の毛を内側から健康にしてくれます。

頭皮ケア効果


画像名

髪の毛に良いだけではありません。

ココナッツオイルには抗酸化成分がたくさん入っているので、頭皮に潤いを与える効能があり、その結果、フケやかゆみといった頭皮トラブルを改善する効果が期待できますよ。

日頃、頭皮のかゆみが気になる方や、気が付いたら肩にフケが落ちていて気になる方、ココナッツオイルでケアしてみてはいかがですか?

育毛・発毛効果


ココナッツオイルに含まれているビタミンEには血行を促進させる効能があり、それは頭皮にも効果的に作用します。

さらに髪の毛の栄養になる成分も多く含まれていますので、薄毛対策や育毛効果も高いのだとか・・・

ココナッツオイルは女性だけではなく薄毛が気になる男性にも嬉しいオイルのようですね。

髪の毛が早く伸びる?


「髪の毛が早く伸びるなんて、そんな夢みたいな効果ある訳ないでしょう!」

ところがあるのです。

栄養の高いココナッツオイルを髪の毛に使うと、頭皮も元気になり、髪の毛にも栄養が行き渡る効能があるので、使わない状態よりも髪の毛が早く伸びると言われています。

実際に測った人がいるのかは定かではありませんが、確かに、髪の毛にも頭皮にも高い効能があるのですから、効果は期待できるかも?

ココナッツオイルの使い方


「ココナッツオイルが髪の毛に効果があるのは判ったけど、どうやって使うの?」

「もしかしたら、飲んだら髪の毛にも効果的なの?」


実は、ココナッツオイルは髪の毛につけることで、飲むのとは違う、髪の毛への効果を与えることが出来るのです。

そんな、髪の毛への効果的な使い方をご紹介します。

ヘアパック


画像名

髪の毛が傷んでいる人にはおすすめ、ココナッツオイルを使ってヘアパックする使い方です。

【用意するもの】
  • ココナッツオイル:大さじ3~5
    (量は髪の長さによって異なりますので、ロングヘアの方は多めに)

【使い方】
  1. 頭皮にココナッツオイルを丁寧にすりこむ
    (ゆっくりと指先で頭皮をほぐすようにマッサージしましょう)
  2. オイルを髪の毛になじませてゆく
  3. ラップで頭と髪の毛全体を覆う
  4. ラップの上から蒸しタオルをかけて30分位放置
  5. その後、いつも通りのシャンプー、リンスをして完了

これを週に1回位行うと髪の毛がしっとりしますよ!

リバースパック


こちらも、上でご紹介した「ヘアパック」同様、傷んだ髪におすすめなパック方法。

また、「ヘアパック」はとても効果があるのですが、髪の毛の仕上がりが若干重たくなりがちで、特に髪の毛の細い方が「ヘアパック」をすると髪の毛がボリュームダウンしてしまうことも。

「リバースパック」の方法でパックをすると、髪の毛が軽やかに仕上がり、またダメージケア効果がありますので、髪を軽く仕上げたい方はこちらの方法がおすすめです。

ポイントは、オイルをすすぐとき、「少しオイルがまだ残ってるかな?」っていう程度に、少しだけオイルを髪の毛に残す事で(頭皮はしっかり洗います)、それによってオイルが髪の毛をコーティングして、オイルの栄養が髪の毛に行き渡りやすくなり、程よく軽く、髪の毛が仕上がるのです。

【用意するもの】
  • ココナッツオイル:大さじ3~5

【使い方】
  1. 乾いた髪の毛を良くブラシで溶かして、ココナッツオイルをつけて、揉みこむようにしてなじませる
  2. そのまま30分放置
  3. オイルが少し残る程度にすすぐ
  4. その後、いつも通りのシャンプーをする
    (頭皮はしっかりと洗いましょう)

この方法も週に1度位がおすすめ。

リンス&コンディショナーに混ぜる


画像名

普段使っているリンスやコンディショナーに混ぜる使い方をすると、毎日のケアにココナッツオイルを取り入れることが出来ます。

オイルの効果とリンスやコンディショナーのダブル効果で、髪の毛が綺麗になってゆきます。

使い方は簡単、オイルを混ぜるだけで、オイルの量は、リンス、あるいはコンディショナーの10%程度に抑えましょう。

髪の毛のセットにココナッツオイル


朝の髪の毛のセットの時、手指に大匙1~2位のココナッツオイルをつけて髪の毛になじませる使い方をすると、髪の毛がよくまとまります。

ヘアオイルと同じ要領ですね。

普段、ヘアオイルを使っている方は、そのオイルをココナッツオイルに変えるだけなので、さほど抵抗なく使えるのでおすすめです。

また、ドライヤーで乾かす前にオイルをつけるのも効果的な使い方、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれますよ。

スポンサードリンク


注意点


さて、髪の毛にココナッツオイルをつけるには、いくつかの注意点があります。

品質に注意


髪の毛に直接つけるのですから、なるべくココナッツオイルは品質の良いものを選びましょう。

品質の高いオイルの選び方はで「ココナッツオイルの種類とおすすめは?無臭タイプやオイルサプリも紹介」のページでも詳しくご紹介していますのでご参考になさってください。


量を守って


画像名

沢山使ったからといって効果が高いわけではありませんので、ココナッツオイルを使う量は適正量を守ってくださいね。

髪の毛には、大さじ3~5位が適正量です。

まとめ


ココナッツオイルの髪の毛に対する健康効果や使い方、注意点、いかがでしたか?

ココナッツオイルは食べるだけではなく、髪の毛やお肌にも直接使える万能オイルなのですね。

今回は「髪の毛」に対する使い方をご紹介しましたが、ココナッツオイルは食べても、お肌に直接塗っても効果的。

下記の関連記事でそれぞれご紹介していますので、是非ご覧になってココナッツオイルの使い方の参考になさってください。


スポンサードリンク

Pocket