Pocket

夏

天気が良いのは嬉しいけれど、日差しが強くなってくると心配なのは紫外線による肌の日焼けですよね。

ヒリヒリ痛んだり、日焼け後数日経つとぽろぽろと皮がむけてきてしまったり。

皮がむけると見た目が汚く感じて嫌になっちゃいますよね。

ところで、この日焼け後に皮がむける理由やその期間、正しい治し方など皆さんはご存知でしょうか。

正しい治し方やケアを行わないと、シミの原因になってしまうのです!

今回は日焼け後に皮がむける理由や期間、正しい治し方やケアをご紹介します。

スポンサードリンク


日焼け後に皮がむける理由と期間

日焼け

はじめに日焼け後に皮がむける理由と完全にむけるまでの期間をご説明します。

まず皮がむける理由ですが、太陽の光から大量の紫外線を浴びた皮膚の細胞は、大きなダメージを受けて死んでしまいます。

そうすると新たな細胞を作ろうとする肌のターンオーバーがはじまり、死んで乾いてしまった古い細胞、つまり皮が剥がれ落ちるのです。

実は肌のターンオーバーは周期的に行われていて普段は垢となって体から剥がれ落ちているのですが、日焼け後は肌へのダメージが大きい分垢ではなく皮となってむけてしまうのですね。

そして皮がむける期間ですが日焼けの程度や体質、ケアの仕方など個人差はあるものの、日焼けした2~4日後にむけ始め2週間~1か月ほどで治ります。

皮がむける時の治し方


日焼け後皮がむける理由は新しい皮膚を作ろうとするためという事、また治るのにある程度の期間がかかるということが分かりましたね。

では次に、日焼け後に皮がむける時の正しい治し方をご紹介します。

自然に皮がむけるのを待つ

待つ

皮がむけると見た目も悪いし、どうしても気になってついついむいてしまいますよね。

既にめくれている皮を取るのはいいのですが、まだ肌にひっついている皮は絶対に無理にむこうとしないでください!

理由は日焼け後の肌はとても敏感なため、肌のターンオーバーがまだ完全にできてないうちに無理に皮をむこうとすると肌に大きな負担をかけてしまいます。

更にまだ新しい皮膚ができてない状態でまた紫外線を浴びるとシミになってしまうなんてことも…。

皮がむける時は自然に皮が剥がれ落ちるのを待つのが正しい治し方となりますので気を付けてくださいね。

こまめに水分補給をする

水分補給

夏は熱中症予防の為に水分をよく取ると思いますが、日焼けを治す為にも水分補給は重要です。

日焼け後の肌は水分が不足していて、その状態では肌のターンオーバーもうまくいきません。

常温の水やスポーツドリンクなどを摂取するようにして肌のターンオーバーを促しましょう。

ただしこの治し方には注意点がありまして、一度に大量に飲んでしまうと体に溜めきれない水分は体外に排出されてしまうので、こまめに飲むようにしてくださいね。

目安としては200mlのコップ1杯の水を起床後、食事中、通勤時や仕事中、入浴前後、寝る前などにそれぞれ飲むといいですよ^^

運動をして汗をかくような時は更に意識して水分補給するようにしてください。

夜更かしをしない

睡眠

日焼けによる皮むけを早く治すには睡眠をしっかり取ることが大事です。

理由は肌細胞の生成を促す成長ホルモンは午後10時~午前2時の間に最も分泌されます。

この時間帯にしっかり寝ておかないと肌細胞の生成がうまくいかず、肌のターンオーバーもうまくいきません。

皮膚の皮がむけるのが遅くなるばかりではなく、シミの原因となるメラニン色素が色素沈着を起こしてしまいシミが増えてしまうことも!

健康の為にも美肌の為にも、皮がむける期間だけではなく毎日しっかりと睡眠を取っていきたいですね。

食生活に気を付ける

野菜

できるだけ早く日焼けのダメージを治すために、皮がむける期間は特にビタミンを多く摂取しましょう。

中でもブロッコリーや黄、赤ピーマンなどに多く含まれているビタミンCには肌の細胞を守り、メラニンが過剰に生成されるのを防いでシミやくすみを予防する働きがあります。

また抗酸化作用が高まり老化防止にもなるという理由からアボカドやごま、ナッツなどに多く含まれているビタミンEと一緒に摂取するといいので、サラダなどにして食べるといいですね。

スポンサードリンク


正しいケア方法


日焼け後は無理に皮をむくのではなく、睡眠や食事などの生活習慣に気を付けて肌の回復力を高めるのが正しい治し方だということがわかりましたね。

では日焼けをして皮がむける期間、肌にはどういったケアをすればいいのでしょうか。

ここからは日焼け後の肌への正しいケア方法をご紹介します。

更なるダメージを防ぐ

紫外線対策

日焼けを治そうと頑張っても、治している期間に更にダメージを受けてしまっては意味がありません。

特に日焼け直後は軽いやけど状態なので、流水で洗い流したり肌を冷やすなどのケアをしてくださいね。

お風呂で体を洗う時はゴシゴシ洗うと無理に皮が剥がれてしまったり肌に負担をかけてしまうので、優しくなでるように丁寧に洗ってください。

外出時も日傘や帽子、上着などを使用して、できるだけ肌が紫外線に当たらないように注意しましょう。

【CLASSICO(クラシコ) 完全遮光100% 日傘】


【irodori 紫外線保護指数UPF50+ レディース帽子】

十分な保湿

保湿

日焼け後の肌はダメージを受けやすい上に水分が不足しがちです。

体の中の水分補給だけでなく、外側からもたっぷり水分補給しましょう!

全身に使える化粧水で肌に水分を与え、乳液でしっかり蓋をして水分を逃がさないようにしてください。

日焼け後の肌は敏感なので、肌に優しい低刺激性の化粧水を使うようにしましょう。

スプレータイプのものだと手が届きにくいところもケアできて便利ですよね^^

早く白くしたいからと美白成分が含まれているものを使いたくなりますが、刺激が強い成分が含まれている物もあるため日焼け直後は使用を控えるか、成分をきちんと確認するように注意してくださいね。


【アベンヌ アベンヌウォーター】


【ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水】


【ケアセラ APフェイス&ボディ乳液】

まとめ


日焼け後に皮がむける理由や皮がむける期間、正しい治し方やケアをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

皮がむけるのには新しい綺麗な肌を作るという大事な理由があったのですね。

特に女性にとって肌はとても大事ですし、いつまでも美肌でいたいと思いますよね。

日焼けをしない事が1番ですが、万が一日焼けして皮がむけてしまう場合は正しい治し方でしっかり治し、きちんとケアをしていきましょう。

特に難しい治し方やケア方法ではないので、皆さんも是非参考になさってください。


スポンサードリンク

Pocket