Pocket

冷房病

冷房の効いた部屋に長い時間いたり冷房の効いた部屋と暑い屋外を行ったり来たりすると、体がだるくなったり頭痛や吐き気といった体調不良を起こしやすくなりますね。

それは「クーラー病」あるいは「冷房病」と言われる体調不良、誰でも一度や二度、なったことがあるかと思います。

実はこのクーラー病は、夏場に冷房が効きすぎるオフィスで働く人にはとても深刻な病気、毎年このクーラー病で苦しんでいるという方も多いのでは?

どうしてこんな体調不良を起こすのでしょう?

クーラー病の原因や治し方、クーラー病にならない方法ってあるのでしょうか?

今回はそんなクーラー病について紐解いていきたいと思います。

毎年クーラー病で苦しんでいる方は是非ご覧になってください。

スポンサードリンク


クーラー病


クーラー病の治し方をご紹介する前に、まずクーラー病の原因をまとめてみますね。

原因は自律神経の乱れ


クーラー病は簡単に言ってしまうと「自律神経の乱れ」によって引き起こされます。

「自律神経」は様々な体調不良の原因として挙げられますが、「クーラー病」もこの自律神経が関わっているのです。

クーラー病の仕組み

体温調整

私たちの身体には暑さや寒さに対して、体温調節をしたり汗をコントロールしたりする働きがあります。

このコントロールする働きを司っているのが自律神経

寒い場所にいるときは身体の熱が逃げないように筋肉が収縮したり震えたりする反応も、暑い場所にいるときに汗をかく反応も、自律神経によるものなのです。

ところが、夏になると、温度差の激しい場所・・・冷房で冷えすぎている部屋と炎天下の屋外を行ったり来たりする事が増えますよね?

温度差の激しい場所を何度も行き来すると、身体は急激な温度変化についていけなくなり、暑いのと寒いのが体の中で混ざった状態になって混乱してしまいます。

この体の混乱が頻繁に起こると自律神経は「寒いから身体を収縮して熱を逃がさないように」したらよいのか、それとも「暑いから汗を一杯出すように」したらよいのかわからなくなり、バランスを崩してしまうのです。

その結果、身体はうまく気温に対応できなくなり、体調を崩しやすくなってしまうのです。

冷房が原因で自律神経の乱れ、それによって引きおこる様々な病状を総じて「クーラー病」と言うのですね。

クーラー病の症状


自律神経が乱れると、体にはさまざまな症状が出てきます。

風邪のような症状

風邪

まず、自律神経が乱れると、体の体温調節がうまくいかなくなり、必要以上に寒さを感じたり、暑さを感じたりします。

そのため、冷え・頭痛・だるさといった風邪みたいな症状が多く出てきます。

「扇風機の風とか冷房の風に長い時間当たってると、頭痛がしてくるのよねー」

こんな方、いませんか?

エアコンや扇風機などの冷たい風が直接頭に当たる状態が長く続くと、体が血行障害を起こして脳に十分な血液が送られなくなります。

その結果、脳が血行不良を起こして頭痛を引き起こすのです。

この頭痛に自律神経の乱れも重なると、さらに頭痛が酷くなったり、クーラー病の他の症状も重なり、さらにひどい症状になってしまいます。

身体に冷えによる症状


自律神経によって体温調節がうまくいかなくなると、必要以上に身体が冷えてしまい、上にご紹介した「風邪のような症状」の他にも腰痛・肩こりといったような、体が直接痛くなる症状が出てきます。

内臓の冷えによる症状

内臓の冷え

さらに腰や肩の関節だけではなく、内臓が冷えてくると、

  • 下痢
  • 便秘
  • 食欲不振
  • 吐き気

といった内臓の不調も現れてくるのです。

特に食欲不振や吐き気はひどくなると、栄養が偏ってしまったり体力も落ちたりしてしまうので、夏バテの原因になることも。

心の不調

ストレス

自律神経が乱れると、体だけでなく心にも影響を及ぼし、ストレスや睡眠不足などの症状も顕著に表れるようことも。

そしてストレスや睡眠不足が酷くなると、体の不調へとつながってゆきます。

この自律神経が乱れてしまうと様々なところに・・・時には「エアコンや寒さと全然関係ない」ような病状が出る事もあります。

「たかが自律神経」・・・とはいいませんが、崩してしまうと厄介ですよね。

スポンサードリンク


クーラー病の治し方


これだけ沢山の症状が出る「クーラー病」なのですが、残念ながらクーラー病を治す特効薬はありません

例えば、「頭痛が酷い時は頭痛薬」「吐き気が酷い時は吐き気の薬を」といったように症状にあった薬を飲むといった対処は出来ますが、「クーラー病そのものを治す薬」や「乱れた自律神経を整える薬」というのはないのす。

クーラー病を治すには、まず乱れてしまっている自律神経を整えるのが大切。

自律神経を整えましょう

早寝早起き

自律神経が乱れているかどうかは、自分ではわかりにくいもの。

日頃から規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

  • 規則正しい生活と食事
  • しっかりとした睡眠
  • 体をリラックスさせる

クーラーや冷房対策とはちょっと異なるし、とても単純に感じますがこれらは意外と大切。

クーラー病による様々な症状で身体が疲れている場合もありますので、しっかりと体を休めることも大切ですよ。

特に夏の暑い時期、どうしても生活が不規則になったり食欲不振になったりといった事が多い季節ですので規則正しい生活を心掛け自律神経を整えるようにしましょう。

それがクーラー病の一番効果的な治し方です。

冷え対策


クーラーの冷えに強い身体を作るのも、クーラー病の治し方としては効果的です。

冷たいものを控える

アイス

夏は暑いので、つい冷たい飲み物や食べ物を食べがち。

特に、暑い時に食べるアイスクリームや氷がたくさん入った飲み物は格別においしく感じます。

けれど、要注意です。

冷たい飲み物や食べ物は身体を内側から冷やしてしまいますので、それらの食べ物は控えるように心がけましょう。

日頃から体を冷やさない


外は真夏日、あるいは殺人的な炎天下。

熱中症の予防も兼ねて部屋を涼しくして、その部屋で過ごしたくなる気持ちもよくわかります。

けれど、冷房が効きすぎるのは困りもので必要以上に身体を冷やしてしまいます。

冷房のよく効いた場所で長時間お仕事をするときは、カーディガンやひざ掛けを使って寒さ対策を行いましょう。

エアコンの設定温度を高めにする

設定温度

自宅などにいるときは、エアコンの設定温度を27~28℃といった、極端な寒さを感じない温度に設定しましょう。

ポイントは「極端な寒さを感じない」ことです。

寒さの感じ方は人それぞれで、27℃の室温でも「ちょうど良い」と感じる人もいれば「暑い」と感じる人がいます。

寒すぎない、過ごしやすい室温にするのが一番ですよ。

身体を温める食品を多めにとる

中華料理
体の芯を冷やさないことが、クーラー病予防のポイント。

特に、夏暑くなると、そうめんや冷やし中華といった冷たい食事をしがちですが、それらは身体を内側から冷やしてしまいます。

また、暑さによる夏バテや、吐き気といった症状で食欲がないかもしれませんが、体力をつける意味でも食べることは重要です。

身体を内側から冷やさないために、日頃から暖かいものや体が温まる食べ物を食べるように心がけましょう。

身体を温める効果のある食べ物は

  • しょうが
  • ネギ
  • ニンニク
  • 玉ねぎ
  • かぼちゃ
  • チーズ

といった食品です。

特にしょうがやネギ、にんにくは、薬味に良く使われていますので、薬味たっぷりなお料理がおすすめですよ。

また、中華料理にも香辛料と一緒にこれらの食べ物が使われているのでおすすめです。

「暑い夏は食欲ないし、吐き気もするし、温かい中華料理なんか無理!」

という方は、かぼちゃや玉ねぎが入ったスープはいかがでしょうか?

また、小腹が空いたときにはチーズを食べるのも良いですね。

冷えにくい身体づくり


身体の血行を良くすると、体の指先や足先など末端が冷えにくくなります。

寒さを感じなければクーラー病になりにくくなるので、血行の良い身体を作るのも効果的な治し方です。

日頃からこまめに体を動かして血行を良くしていきましょう。

ウォーキング

ウォーキング

全身を動かすことによって血行が良くなりますし、身体も温まるので、冷えを感じにくくなります。

「そんなウォーキングなんかする暇ないですよ」

「暑いから外でウォーキングはちょっと…」


ウォーキングが無理でしたらせめて仕事中に1時間に1回くらいは立って軽く伸びや屈伸・ストレッチをするだけでも随分違いますよ。

お風呂

お風呂

血行を良くするにはお風呂に入るのも効果的。

夏場はお風呂じゃなくてシャワーで済ませてる」

という方もいるかもしれませんが冷房で身体を冷やしやすい夏だからこそ、お風呂に入って汗を流して身体をしっかりと温めるようにしましょう。

冷え性とクーラー病


こうして「クーラー病」の事を取りあげていますと

「夏の冷房による冷え性とクーラー病ってどう違うの?

という疑問が出てきます。

実はこの2つ、よく似ているのですが微妙に違うのです。

ここでクーラー病と冷え性の違いをご紹介します。

  • クーラー病
    温度差のある場所を行き来することが原因で自律神経が乱れ、それによって様々な体の不調が起こる事。

  • 冷房による冷え性
    冷房によって体が冷え、体の血行が悪くなることが原因で指先や足先に熱が行き渡らなくなり冷たくなる。

とてもよく似ているのですが、クーラー病は「寒い場所と暑い場所の行き来」が原因、冷え性は「寒い場所に長時間いる事」が原因で起こります。

この2つの症状、原因こそ異なりますが、冷え性の治し方は「クーラー病」とほとんど同じで、冷え対策と冷えにくい身体づくりが効果的ですよ。

まとめ


クーラー病についてと、クーラー病の治し方についてご紹介してみました。

夏になると多くの人がかかるクーラー病は、自律神経の乱れが原因だったなんて初めて知りました。

クーラー病に特効薬はありませんが、治し方も日頃の生活習慣を見直せば改善できそうなものばかり、冷えに強い身体を作ってゆきましょう。

規則正しい生活と冷え対策で、クーラー病にかからない夏を過ごしてみたいですね。


スポンサードリンク

Pocket