Pocket

口臭

口の中が「むわっ」と強い口臭に襲われると、なんとも表現しがたい嫌な気分になりますね。

実は、虫歯や歯周病はこの口臭の原因の一つで、口臭の大半は虫歯や歯周病が原因となっています。

「でも、具体的にどんな虫歯の症状が口臭の原因になってるの?虫歯が臭うの?」

「どんな臭いがするの?」

そこで今日は、虫歯や歯周病が原因となっている口臭についてご紹介したいと思います。

虫歯の何があんなひどい口臭となるのか、歯周病の何の症状が口臭の原因になっているか・・・

また、それら口臭の予防方法と対策についてもまとめてみました。

スポンサードリンク



虫歯と口臭の関係

虫歯

口臭の原因には、「虫歯」「歯周病」「直前に食べたお食事のニオイ」「口の渇き」など、様々あります。

その中でも、「虫歯」や「歯周病」が原因の口臭は意外と多いのです。

「たかだか虫歯が口臭の原因になるものなの?」

確かに、口臭の原因が「直前に食べた食べ物のせい」などでしたらわかりやすいのですが、「虫歯が原因」と言われても、ピンときませんよね?

虫歯が原因になっている口臭には、


  • 卵が腐ったような腐敗臭がする
  • 歯を磨いても口臭がおさまるのは一時的


という特徴があります。

食べた物の臭いがする口臭は、歯磨きやブレスケアである程度は落ちますが、虫歯による口臭は歯磨きをしてもおさまるのは一時的、根本的な原因である虫歯を治さないとすぐにまた口臭が発生する可能性が高いのです

また虫歯が原因の口臭といっても、あの黒くなってしまっている虫歯が臭うパターンはごくわずかで、実はもっと深刻な原因が。。。

それでは、そんな虫歯と口臭の関係について細かくチェックしてゆきましょう。

口臭を引き起こす虫歯の症状


歯に詰まった食べかすが原因


食べかす

虫歯になると、歯が欠けたり変形したりしやすくなり、そこに食べた物が食べかすとして詰まってしまいがち。

この、歯につまった食べかすが、口臭の原因となってしまうのです。

食べかすに菌が集まり、その菌によって食べ物が腐敗して、それがそのまま口臭となって臭うようになってゆきます。

虫歯に詰まった食べかすは、ちゃんと歯ブラシをすればある程度は取れますが、ブラッシングを怠ると完全にとることが出来ずに残ってしまい、歯垢となり、虫歯を拡大させたり、さらに口臭の原因となってゆきます。

虫歯がもっと拡大して欠けた歯が増えてゆくと、虫歯につまる食べ物も増え、さらに口臭はひどくなり・・・という悪循環に陥ってしまうことも。

また食べかすがつまるのは虫歯だけではありません、歯と歯の間につまった食べかすも、歯ブラシが普段届かない場所にも、食べかすはつまりやすくなりますので、そういった場所も口臭の原因になりやすい場所なのです。

歯の神経の腐敗が原因


歯の神経

虫歯によって傷むのは「歯」だけではなく、内部にある歯の神経だって虫歯菌によって傷ついてしまいます。

傷ついた神経を放置すると、神経としての働きが行えず、腐敗し、強い腐敗臭が発生し、これが口臭となります。

虫歯によって神経が完全に機能しなくなると痛みも感じなくなりますが、そこまで虫歯を放置すると、大きな疾患につながることも。

虫歯は軽いうちに治療するようにしましょう。

歯根の雑菌化膿が原因


歯の雑菌

虫歯が進行すると、歯の神経に虫歯の雑菌が入り込むことがあります。

そして神経に入り込んだ雑菌は神経の内部で増殖し、神経を化膿させ、が増えてゆきます。

この膿の強烈な臭いが、口臭の原因になることも。

虫歯もここまで進むと自力で膿の臭いのする口臭を消すのは難しいので、虫歯そのものの治療をしないと口臭は消えません。

しかも、神経にがたまるほどの虫歯、最悪抜歯の可能性も・・・

ここまで虫歯を放置すると、きっと普段から強い痛みを感じると思いますが、その上さらに強烈な膿の口臭も放つことになるのです。

歯が痛くなったら我慢せずに、治療してもらいましょう。

神経をとった歯が原因

傷歯

虫歯治療の結果、神経をとった歯も口臭の原因となる場合があります。

神経をとった歯は割れたりかけたりしやすくなり、そういった歯は歯茎の中で膿がたまりやすくなるのです。

膿がたくさんたまれば、膿の臭いが口臭の原因となります。

しかも神経をとった歯は痛みなどを感じにくく、症状も出ないので、「別に痛くないのに膿っぽい臭いがする」という事態になることも多いので注意が必要ですよ。

親知らずが原因


親知らず

「親知らず」は、正常に生えてこない場合が多いため、食べかすがたまりやすく虫歯や歯周病になりやすいもの

しっかり歯磨きしをして汚れを落としたつもりでも、食べかすが残ってしまいがち、その食べかすが虫歯や歯周病になったり、食べかすそのものが臭うことも。

親知らずが生えてきたら、なるべく歯医者さんに処置してもらいましょう。

スポンサードリンク


歯周病による口臭の原因


歯周病

「虫歯」「歯周病」

一見、関係ない歯の病気のようですが、実は虫歯の菌も歯周病の菌も、臭いの原因菌となるのもが多いのです。

「プラーク」という言葉をご存知ですか? 

実はあれは、歯周病の原因菌の塊。

歯周病はこのプラークによって歯茎に炎症がおこる病気で、初期症状ではなかなか気づくことが出来ませんが、気が付いた時には重症化していて大切な歯を失ってしまう事もある恐ろしい病気です。

そんな歯周病、40歳以上の日本人の8割が歯周病患者と言われている程で、誰にもかかる可能性がある病気なのです。

そんな歯周病の症状と口臭、いったいどんな関係があるのか見てみましょう。

膿が原因


歯周病にかかると、歯茎の中や歯周ポケットに膿が大量にたまってゆき、これが口臭の原因となります。

「膿の臭いって・・・どんなニオイなの?」

 膿の臭いは、一般的に「生臭い腐敗臭」と言われていて、雑菌の死骸などの臭いも含まれています。

こんな臭いを口の中で感じたら要注意ですよ?

歯茎の出血が原因


歯の出血

歯周病が進むと、プラークによって歯茎から出血し、それが口臭の原因となります。

出血は、歯磨きをしている時や食事をしている時、また、何もしていない時でも出血することも。

その血の臭いがそのまま口臭となってしまうのです。

口臭の対策方法


それでは、虫歯による口臭の対策方法をいくつかご紹介します。

一番の対策は虫歯や歯周病の治療


治療

虫歯や歯周病が原因によっておこる口臭の対策方法は、まず虫歯や歯周病を治すことが一番です。

ちょっとだけ歯が痛いときや、「歯が黒くなったかな?」と思っても、忙しかったり面倒くさくなって後回しにしていませんか?

心当たりのある方は、早めに治療を受けて口臭対策をしましょう。

特に歯周病は、初期の場合は痛みもなく、なかなか気づきにくいもの、歯茎の出血などの心配な症状が出たら、すぐに歯医者さんで対策を!

歯を磨く


歯磨き

一番基本的な対策方法は、この「歯を磨くこと」ではないでしょうか?

特に口の中の食べかすが臭っている場合は、歯をしっかり磨いてその食べかすをきれいにすれば口臭はずいぶん和らぎます。

「ブラッシング、あまり上手じゃないんだよなぁ・・・」

そんな方は、歯医者さんで歯ブラシ指導をしてもらったり、電動歯ブラシ等を使ってみるのもおすすめですよ。

シンプルですが、効果的な対策方法です。

歯医者さんで相談


相談

口臭がどうしても気になるのであれば、歯医者さんで対策を相談してみてはいかがでしょうか?

虫歯の存在や歯周病にかかっているかどうかもチェックしてくれますし、口臭対策の相談にも乗ってくれることもありますよ。

また、歯医者さんで、歯をきれいにするブラッシング方法も教えてくれます。

予防方法


虫歯や歯周病が原因で起こる口臭の予防方法は、ずばり「虫歯や歯周病にかからないこと」です。

簡単なようですが、意外と難しいのです。

私たちの中で「今まで虫歯になったことがないの!」と自信をもって言える人はごく少数でしょう。

それは、歯ブラシでのブラッシングだけで歯の食べかすや汚れ、虫歯や歯周病の原因菌などの口臭の原因を完全に除去することができないからです。

それでも、だからといってブラッシングを怠ると虫歯の進行が進み、口臭もどんどんひどくなってしまいます。

日々のケアで、口臭の原因となる虫歯を極力予防してゆくようにしましょう。

また、虫歯のない状態をキープするのも大切な予防、そのためにも毎日のセルフケアはとても大切になってきます。

それを踏まえたうえで、虫歯予防以外に口臭予防方法として、こんなことを取り入れてみてはいかがでしょうか?

うがい


うがい

口の中が乾燥すると口臭がきつくなりがち、こまめにうがいをしましょう。

「口の中の乾燥と口臭、何の関係があるの?」

そう疑問に思う方も多いかもしれませんね。

「口の中が乾燥する」ということは唾液が少ない状態になることなのですが、唾液には酸素が多く含まれているので、唾液が口の中に少ないということは「口の中の酸素が少ない」状態になります。

口内の細菌の中には、酸欠状態になると活発になる細菌がいます。

酸欠状態を好む細菌にとって、乾燥した口の中は最高の環境!

増殖し活発になり、これが口臭の原因になります。

こまめにうがいをして、口の中の乾燥を予防しましょう。

水分補給


水分補給
唾液が少なくなると口臭が強くなるので、唾液がよく分泌するようにこまめに水分補給をするのも効果のある予防方法です。

ただし、摂取する水分は、虫歯の原因となる甘い飲み物や利尿作用の強いコーヒーでは逆効果。

レモンや梅干しが含まれている酸性の飲み物は唾液の分泌を促すといわれているのでお勧めですが、酸性の飲み物は歯のエナメル質を溶かす性質があるので、飲むとしたら少量にしましょう。

デンタルリンス、マウスウォッシュやデンタルフロスによるケア


デンタルリンス

ブラッシングやうがい等だけでは、口の中の食べかすや汚れを完全に落とすのは難しいもの、市販のデンタルフロスや糸ようじ、マウスウォッシュを使って、毎日のケアを入念に行うのも効果的な予防方法です。

糸ようじで歯と歯の間のケアをすると、糸ようじにねばっとした汚れが付着するので、いかに自分の歯が汚れているか・・・口臭の原因が口の中に残っているのかがわかりますよ。

【クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本入×3個】

デンタルリンスには、殺菌成分が含まれているので、口臭予防にはとても効果があります。

歯磨きの後、デンタルリンスをして、口の中の口臭の原因をすっかりなくしてしまいましょう。


【クリニカアドバンテージ デンタルリンス 低刺激タイプ】


また、忙しくて歯が磨けないようなときはマウスウォッシュがお勧めです。

【リステリン マウスウォッシュ トータルケア】

まとめ


虫歯や歯周病が原因となっている口臭とその原因、予防、対策方法をご紹介しました。

口臭の原因といっても、「虫歯」そのものが臭うわけではなく、虫歯による腐敗や、口の中の食べかすがニオイの原因となるんですね。

こういったものは、こまめにブラッシングしたり、歯医者さんで治療を受ける対策が効果的。

また歯周病も口臭の原因としてはとても有名、膿の臭いを感じたら、すぐに歯医者さんで相談をしましょう。

憂鬱になってしまう口臭、なるべく早いうちに解決したいですね。

スポンサードリンク



Pocket