Pocket

画像名

喉が痛い時や、風邪気味の時、ちょっとむせた拍子に口の中から出てくる変な臭い玉

「何だろう?」と思ってつぶしてみたら、ドブみたいな悪臭が・・・

こんなこと、1回や2回くらい体験したことがある方は多いと思います。

痰でもなければ鼻水ともちょっと違う、ぐにゃぐにゃした臭い玉、いったい何なんでしょう?

今日は、この臭い玉の正体とこの塊ができる原因、そして口の中にできてしまった塊を取る方法や予防方法をご紹介します。

こんなのが口の中にあったらひどい口臭の原因になりそう・・・できるのならばすぐにどうにかしてしまいたいですよね。

スポンサードリンク


臭い玉の正体


画像名

あの臭い玉の正体は「膿栓(のうせん)」

くしゃみをした時とか咳をした時に、突然口から塊になって出てくるので、「なにこれ!」とびっくりする方も多いかもしれませんね。

風邪をひいているときや体調が悪い時、喉の調子が悪い時に咳と一緒に出てきたり、痰が絡んでいるときに痰と一緒に出てくることもあるので、「痰の一種?」と感じる方もいるかもしれませんが、痰ともちょっと違うのです。

この臭い玉の正体は、食べかす・たんぱく質、細菌、免疫細胞の死骸が塊になったものと言われています。

臭い玉が出てくる原因


「そもそもどうしてそんな雑菌の塊が口から出てくるのよっ!」

雑菌類は小さくて目に見えないものが多いもの、その雑菌がこんな目に見える大きさの塊になっている・・・臭い玉の正体がわかってしまうと、それはそれでちょっと怖いですよね。

「もしかして、病気なの?」

正体不明な塊が急に口から出てくれば不安になるかもしれませんが、病気ではありませんし、ちゃんと原因もあるのです。

口の中に入ってきた雑菌が原因


画像名

人は呼吸をする時、空気と一緒に空気に混ざった雑菌も吸い込んでしまいます。

この雑菌が、そのまま口から体の中に入ってしまったら、雑菌によって体はすぐに病気になったり弱ったりしてしまいますね。

それを防ぐために、喉の奥には「扁桃」という器官があって、空気と一緒に入ってきた雑菌は、この扁桃と、扁桃にある白血球やリンパ球によって体の中への侵入を妨げられます。

口から侵入した雑菌は喉に付着して増えてゆきますが、扁桃からネバネバした白血球(免疫物質)やリンパ球が分泌され、菌をやっつけてゆきます。

その結果、その菌の死骸やリンパ球、白血球の死骸に口の中の食べかすもまざり、塊となり、「扁桃」の表面にある小さな窪に付着してゆくのです。

この塊が膿栓の正体であり原因なのです。

正体は雑菌の塊ですから、つぶせばドブのような臭いニオイがするのもうなずけます。

口から入った目に見えない雑菌が、目に見える塊になるという事は、空気の中の雑菌の量はそれだけ多いということですし、扁桃がしっかりと働いている証拠でもありますね。

蓄膿症が原因


他にも「蓄膿症」が原因で臭い玉ができる場合もあります。

「蓄膿症」は副鼻腔に膿がたまる病気で、蓄膿症になると、たまった膿が臭くなり、それ自体が口臭の原因になることも珍しくありません。

この蓄膿症がひどくなると、「後鼻漏(こうびろう)」といって、膿が喉に垂れてくるようになります。

この喉に垂れてくる膿が増えてくると「膿栓」ができやすくなります。

それだけではありません、喉に膿が落ちるようになるとそれと一緒に喉に雑菌も増えやすくなるので、自然、扁桃の働きも活性化して、膿栓ができやすくなってしまうのです。

スポンサードリンク


臭い玉の取り方


口の中を鏡で見た時、喉の奥に白と黄色の中間色のように見える膿栓が見えるときがあります。

それを見ると「ちょっとがんばったら取れるかもしれない」って思うかもしれませんね。

確かに潰れたら口臭の原因になりそうだし、とれるものなら取ってしまいたいですね。

でもこの膿栓、そもそも自分でとれるものなのでしょうか?

病院で取る


画像名

膿栓を取るのは、耳鼻咽喉科か口腔外科のある歯医者さんがおすすめです。

ただし、病院によってはの膿栓を取ってくれない場合もあります。

「どうしてとてくれないの?膿栓が口の中にあるとすごく落ち着かないんだけど・・・」

そういう方も多いと思いますが、病院の先生によると、

「膿栓は病気等でできる悪性のものではなく、自然発生するものなので、無理してとるものではない。また、取ってもまた出てくるので、大きな障害やよほど落ち着かないという場合ではない限り、取らないほうが良い」

「すぐにとらないと体に支障をきたすほどの悪性のものではない上、取るときに口の中を傷つける可能性も高い。口の中を傷つけるリスクを負ってまで取るほどのものではない」

とのこと。

実際、病院に行ったのに「取ってもらえなかった」という話もよく聞きますので、病院に行く場合には、事前に電話で膿栓をとってくれるかどうかを確認しておくのがおすすめです。

自分でとるのはお勧めしません


「膿栓をとるだけのために病院に行くのもちょっとなぁ・・自分でとる方法はないの?」

鏡に口の中を映してみると、見えるところに膿栓があるときがあります。

ちょっとがんばれば取れそう・・・そう思うときもありますよね。

けれど、膿栓を自分でとるのはお勧めしません

それにはこんな理由があります。

  • 扁桃はデリケートな場所なので、道具類で突っついたりあてたりしてしまうと傷ついたり化膿したりする可能性があります。


  • 膿栓は、一度取り除いたとしても、また条件がそろえばできてしまいますので、一度や二度とって解決するわけではなく、根本的な予防をしたり、原因となっている蓄膿症を先に完治させる必要があります。

ですから、自分で無理してとるのはお勧めしません。

「でも、この膿栓が口臭の原因なんでしょう?口の中に膿栓があったら口臭がひどくなるんじゃないの?」

確かにそうですが、それは大丈夫です。

この膿栓は、「つぶすとドブのような異臭」が起こるのです。

つまりつぶさないようにそっとしておけば大丈夫ですので、自然にとれるのを待ってつぶさないように処分してしまえば、あのドブ臭い異臭が口臭になる可能性は少ないですよ。

膿栓の取り方


上でご紹介した通り、自分で膿栓をとるのはお勧めできません。

でも普段ないものが口の中の一部にくっついていると、「落ち着かない」と思うのも事実。

そこでネットで紹介されている膿栓の取り方の中でも、比較的誰にでも出来そうな簡単な取り方をご紹介します。

なお、これらを行うときはすべて自己責任にてお願いしますね。

舌を使う取り方


画像名

舌で膿栓を刺激してとる取り方です。

この方法は誰でもできるうえ、さほど危険がないので一番おすすめの方法だと思います。

ただし、膿栓に舌が届かない場合もあり、その場合はうまくいきません。

綿棒を使った取り方


鏡を見て、膿栓が付いている場所が確認できるのであれば、綿棒を使って取れる場合があります。

綿棒を使う場合、強く押したり突っついたりすると傷ついてしまいますので、そっと膿栓が入っている窪みの下を軽く押すととれる場合があります。

この時、塊を強く押してしまうと中に入ってしまうので、塊は触らないほうが賢明。

ただし、鏡を見て確認できない場所にある膿栓や、奥にある膿栓はこの方法では取れません。

シャワーを当てる取り方


お風呂に入ったとき、シャワーの水流を口の奥の膿栓にあてて、シャワーの勢いで膿栓を取る方法です。

この時、喉の奥に水が入ってむせないように、声を出し続けるのがコツ。

ただし、シャワーだと位置をピンポイントに合わせるのは難しいので、確実にとれるかどうかはわかりませんが、うまく膿栓に水が当たるととれるようですよ。

洗浄瓶を使う取り方


洗浄用の瓶を使った取り方です。

瓶に水を入れて、先端部分を扁桃に向けて水を出すと、水流でとれる場合があります。

けれど、扁桃にしっかりくっついてしまっている膿栓や、見えない場所の膿栓は効果がないことも。

下にご紹介する洗浄用の瓶は、Amazonで取り扱っているものですが、この商品のレビューを拝見していますと、膿栓を取るのに使っている方もいらっしゃいましたので、比較的効果の高い取り方のようですね。



他にも、歯磨き用のウォーターピックや、痰などをとるための吸引器を使って膿栓をとった・・・という話も聞きます。

実際、両方ともかなりの高確率で膿栓をとることが出来るので、おうちにこれらがある方でしたら、使ってみるのもおすすめです。

けれど、両方とも膿栓をとるためだけに購入するには値段が高いので、あまりおすすめしません。

あくまでも「おうちにあったら」利用してみてはいかがでしょうか?




※こちらは医療従事者のみの購入となっていますので、購入や使用される場合はあくまでも自己責任となります。


臭い玉の予防方法


膿栓は病気ではなく、自然現象のように発生してしまうものです。

けれど予防したり、発生を抑えることは出来るので、ここではそんな膿栓の予防方法をご紹介します。

うがいによる予防


画像名

普段からしっかりとうがいをして、口の中の雑菌をなるべく減らして清潔にしておくのがとても重要です。

うがいは普通の水道水でもよいのですが、うがい薬をやマウスウォッシュ、デンタルリンスを使うこのも効果的。

食事の後や外出から帰ってきたときなどは必ずうがいをする習慣をつけましょう。

市販の殺菌効果の高いうがい薬を使うのも効果的ですよ。



こちらは、ミネラルと強アルカリイオンの強力な殺菌効果で口の中の雑菌を減らして、口臭を改善してくれる歯磨き粉です。

口コミを拝見していますと、口臭とともに膿栓予防にも効果があるので、かなりの殺菌効果が期待できそう。

口の中の乾燥を防ぐ


唾液には、酸素が多く含まれていますので、口の中が乾燥すると酸素が減ってゆきます。

そして雑菌の中には酸素のないところを好んで繁殖する種類の雑菌も多く、口の中が日頃乾いていると雑菌が増えやすくなってしまいます。

日頃から水を飲む等、口の中の乾燥を防ぐように心がけるのも、膿栓を予防する効果的な方法の一つですよ。

鼻呼吸を心掛ける


画像名

雑菌は口から入ってきますので、日頃から鼻呼吸をするようにすれば、口から雑菌が入ってくるのをある程度予防することが出来ます。

鼻炎気味の方や、日頃口呼吸が多い人は膿栓ができやすいともいわれています。

「口呼吸しているのが多いかなぁ?」という方は、鼻呼吸を心掛けてみてはいかがでしょうか?

また、口から余計な雑菌やウイルスが入らないようにマスクをするのも効果的な予防方法ですよ。

まとめ


口の中にできる臭い玉、その正体についてと、原因と取り方、予防方法についてご紹介しましたが、お役に立ちましたか?

臭い玉の正体「膿栓」は、誰にでもできる可能性のあるもので、病気等ではないのは一安心ですが、条件がそろえばすぐにできるものなんて、ちょっと憂鬱ですね。

また、病院で取ることが出来てもまた発生してしまったり、口の中でつぶせば口臭の原因ともなるともなると、処理に困ります。

自分で取るのも危険ともなれば、これはもうそっとしておくしかないのかもしれませんね。

一方、予防方法が「うがい」や「口の乾燥を防ぐ」・・・難しいことはないものの、聞いてしまうとあっけなく“それだけ?”と拍子抜けしてしまいそうです。

「あの鬱陶しい膿栓の予防方法がうがいで済むの?」と思いがちですが、口の中を清潔にするのは、膿栓予防だけではなく、他の口のトラブルを予防するためにも、ぜひやっておきたいですね。

膿栓予防と一緒に、口の中のトラブルも予防できれば一石二鳥!

膿栓が気になる方は、うがいや口の乾燥を防いで、口の中の清潔を心掛けるようにしましょう。

スポンサードリンク

Pocket