画像名

赤ちゃんがミルクをゴクゴク飲む姿って本当に可愛いですよね。
 
けれど成長と共にミルクから食事へと移行していかなければいけません。
 
ですが、「具体的にはいつから?ミルクは何歳まで飲んで大丈夫なの?」など、わからないことも多く戸惑うこともたくさんあるかと思います。
 
そこで今回、この記事では粉ミルクや離乳食の開始時期はいつからなのかについてや、何歳まで粉ミルクをあげて離乳食の開始時期はいつ頃からなのかについて調べてみました。
 

スポンサードリンク


離乳食の開始時期は?

画像名

離乳食をそろそろ始めようかな?
と考えているお母さんも具体的にはいつから始めればいいのか迷ってしまいますよね。
 
そこで、離乳食開始の目安をみていきたいと思います。
 
まず、一般的に離乳食開始は5.6カ月頃と言われています。
 
お姑さんや自分の親の世代が子育てしていたころは4カ月頃には果汁をあげてくださいねぇと言われていたようです。
 
その為、お母様たちから「いつから離乳食はじめるの?」なんて言われた経験のある方もいらっしゃるかもしれませんねぇ。
 
でも、その頃の粉ミルクには技術的にビタミンを配合することができなかったようで果汁などでビタミンの補給を推進していたんですね。
 
現在は粉ミルクにビタミンを配合することもできるようになり早くからの果汁などでビタミンを摂らなくても大丈夫なようになってきたんですね。
 
また、消化器官が未発達のまま離乳食を始めることでアレルギーを発症しやすいというリスクがあることもわかってきました。
 
そのため、昔に比べ今はゆっくり始めましょうと勧められるようになったのですね。
 
とは言いながらも個人差もあります。
 
具体的な目安とはどんなことがあるか知っておくと安心ですね。
 

赤ちゃんが食事に興味を持つこと

いつから始めたら良いのだろうと思った時に1番わかりやすい目安です。
 
周りの大人が食事をしている姿を興味を持ってみていたり、もぐもぐとお口を動かすような仕草が見られるようになったら始める頃かなと思って様子を見てあげてください。
 

スプーンを舌で押し返さなくなったら

 
画像名

赤ちゃんはミルクや母乳を産まれてからすぐ吸うため「哺乳反射」という力を持っています。
 
そのためスプーンなどお口に入ってくると舌で押し返すような動きをしてしまいます。
 
これは嫌がっているのではなく、自分の意思で哺乳するようになるまでは備わっている生きるためのちからです。
 
大きくなるのにつれなくなってくるので大丈夫ですよ!
 
その反射がなくなってきたらスプーンもお口に入れてくれるようになります。
 

首がしっかりと座り支えれば座っていられるようになったら

離乳食は座ってはじめます。
 
お母さんが支えた状態で座ることができるようになるというのも一つの基準です。
 
お母さんのお膝でお座りしながらはじめてみてください。
 

赤ちゃんの体調がいいとき

 
離乳食は焦って始めることはありません。
 
赤ちゃんの体調が優れない時に焦って始めるのではなく、体調や機嫌のいいときに始めましょう。
 
 

離乳食と粉ミルクの量は?

画像名

さて、離乳食を進めるにあたって悩むのは離乳食の進め方とそれに伴う粉ミルクの量。

「いつから、どのくらいの量を飲んだらいいの?何歳まで飲んでいてもいいの?」と、疑問もいっぱいですよね!
 
月齢と離乳食の進み具合から粉ミルクの量を見ていきたいと思います。
 

離乳食初期(5〜6カ月)

まずは1日2回からはじめていきます。
 
最初の1カ月は食べる量よりも食べることに慣れることが重要になります。
 
そのため、粉ミルクは離乳食を始める前と同じくらい飲んでも大丈夫!
 
○1日4回+離乳食後1回→粉ミルク200〜220ml×5
 


1カ月過ぎたくらいから1日2回食に移行していきましょう。
 
少しずつ食べれる量や種類が増えてきますが、まだまだ粉ミルクが栄養摂取の柱です。
 
○1日3回+離乳食後2回→粉ミルク200〜220ml×3 + 140ml×2
 
 

離乳食中期(7〜8カ月)

この時期も1日2回の食事を継続しましょう。
 
離乳食の形状もどろどろから少しずつ形のあるものも柔らかく煮てあげれるようになります。
 
お母さんも気持ち的に少しずつあかちゃんの生活のリズムに慣れてくる頃ではないでしょうか?
 
赤ちゃんも飲み込むのが上手になり食事がスムーズになることで、食べる量も増えてきます。
 
○1日3回+離乳食後2回→粉ミルク200〜220ml×3 + 140ml×2
 
 

離乳食後期(9〜10カ月)

画像名

この時期から1日3回の食事へ移行していきましょう。
 
バナナくらいの硬さであれば赤ちゃんがつかめる程度の大きさに切っても大丈夫!
 
自分で食べれることがあかちゃんも嬉しい頃だと思います。
 
また、あかちゃん用のおせんべいや、果物などおやつも食事に差し支えのない程度であればあげるのもいいと思います。
 
ちなみに私は10時と3時をおやつの時間にして、ミカンやバナナ、ソフトせんべいをあげていましたよ♪
 
やはりおやつはよく食べるのでたくさんあげたくなっちゃう…
 
でも、食事が食べれるように我慢、我慢と気をつけていました!
 
○1日2回+(離乳食後1〜3回)→フォローアップミルク200ml×2 + (離乳食後100ml×1〜3)
 
…離乳食後ミルクは食事量に合わせて足りないようなら出してください。
 
  フォローアップミルクへの移行をお勧めします。
 
 

離乳食完了期(11〜12カ月)

1歳を過ぎた頃から大人の食事に近いものを食べることが出来るようになり、ほぼ離乳食も完了となります。
 
調理もだいぶ手間が減り楽になってきますね。
 
このころには栄養摂取の主体は食事となります。
 
3度の食事では栄養補給をしきれないので午前、午後におやつの時間をつくります。
 
そのおやつの時間にフォローアップミルクや牛乳を飲み物としてあげるようにしましょう。
(いつから移行するのか下に詳しく書きます)
 
○1日2回→フォローアップミルクまたは牛乳200ml
 
 
このような感じで、離乳食の進むのに合わせてミルクの量も減らしていくようにしましょう。
 

スポンサードリンク

 

フォローアップミルクとは?

画像名

上記で書いたのですが9〜10カ月頃の食事が1日3回になる頃からフォローアップミルクへの移行と書きましたがそもそも、フォローアップミルクとはなんでしょう?
 
フォローアップミルクとは、あかちゃんが離乳食で摂りきれない栄養を補うことを目的とした粉ミルクです。
 
離乳食でとりやすい糖質や脂質は抑えめに、不足しがちなカルシウムや鉄分などのミネラルを強化した飲み物となります。
 
栄養摂取の中心が母乳や粉ミルクの時期はフォローアップミルクでは、成長に必要な栄養素はまかなえません。
 
食事が3回になるまでは焦ってフォローアップミルクにしなくても、今までの粉ミルクを飲ませてあげても大丈夫ですよ!
 

 

何歳まで飲ませていいの?

 
食事もしっかり食べれるようになってきたし、ミルクは何歳まで飲ませたらいいのでしょう?
 
一般的には3歳まで飲ませてもいいようです。
 
ですが、1歳を過ぎると内臓器官の発達により牛乳を飲んでも大丈夫になる子が増えてきます。
 
そのため、フォローアップミルクに比べ牛乳の方が安価で調乳の手間も省けるため牛乳に移行されるお母さんが多いようです。
 
うちも一歳過ぎた頃から牛乳を飲ませ始めましたが、がぶがぶと飲み抵抗もありませんでした…
 
でも、子どもさんによっては最初のうちは抵抗がある子もいるかも!
 
なので、何歳までには!と固く考え過ぎず、徐々に牛乳の味に慣れるまでミルクと併用しても良いかもしれないですね!
 
 

まとめ

粉ミルクと離乳食についてまとめましたが、いかがだったでしょうか?
 
何カ月頃から、何歳までなど書きましたがあくまでも目安になります。
 
絶対にこうでなければならないというものではないので焦らなくて大丈夫ですよ!!
 
いつからどのようにしたらいいの?と迷った時に参考にするようにしてください。
 
赤ちゃんの様子をみながら、次のステップに進んでみたけどうまく行かなければ戻ってもいいんです!
 
お母さんも赤ちゃんも楽しく離乳食が進められるといいですね。

 
 スポンサードリンク