画像名

小さなお子さんを子育て中のお母さんは、赤ちゃんの便秘に悩まされることも多いのではないでしょうか?

私も子育て中ですが、息子が赤ちゃんの頃には便秘気味で悩まされていました。

今回は便秘の赤ちゃんに、綿棒浣腸をしてあげる際の方法や注意点・頻度・癖になるのか・綿棒浣腸をしても出ない場合の病院に行く目安などを書いてみたいと思います。



スポンサードリンク



赤ちゃんは便秘しやすい?


赤ちゃんのうんちが出ないと心配になりますね。

赤ちゃんは腹圧(お腹の力)が弱いため、便秘になりやすいようです。

便秘の判断は少し難しく「何日出ないから便秘」という訳ではありません

元々1日に何回も出ている子が丸1日出なければ苦しいでしょうし、2日に1回とか元々回数が少ない子は丸1日出ない日があってもそれが普段通りですし。。。

私の息子はよく泣きながらうんちをしていたな~それも結構な頻度で泣いてました・・・汗

もしお子さんがとても苦しそうだったり、うんちをしようと踏ん張っても出なくて機嫌が悪い!というときは、綿棒を使って浣腸をしてみてあげてください。

それでは綿棒浣腸の流れを詳しく見ていきましょう。


綿棒浣腸の方法


画像名

綿棒浣腸の方法を説明します。
1.大人用の綿棒・ワセリンやオリーブオイルを準備する。

(子供用綿棒では細すぎて刺激を与えにくいので、大人用綿棒を準備する)

2.綿棒の先をほぐす。

3.綿棒の先から2~3センチほどのところに印を付け、そこにワセリンやオリーブオイルを付ける。

4.印を付けたところまでを、赤ちゃんの肛門に入れてゆっくり5~6回ほど時計回りに回す。

綿棒浣腸をする時はワセリンやオリーブオイルを使います。

ベビーワセリンという赤ちゃんから使える物も売っていますし、ワセリンがない場合は、オリーブオイルでもOKです。

オリーブオイルはさらさらの物ではなく、粘り気があるものを選びます。

ワセリンやオリーブオイルを使うことで、綿棒の滑りがよくなり痛みを伴うことなくすっと入るので赤ちゃんの負担が減ります。

(私はワセリン愛用者で、子供の高熱の時の座薬投与もワセリンを使っています。痛みがないので子供もすんなり入れさせてくれます!)

綿棒浣腸の効果は人それぞれですが、綿棒浣腸をしてすぐ排便ということもあります。

綿棒を抜いたら一緒にうんちも出てくることがあるので、おしりの下にはおむつ、おむつ替えシートなどを敷いておいて、それでふたをするようにして綿棒を抜くといいですよ。

またすぐに出ない場合もありますが、出るまで綿棒浣腸をするのではなく、1回に5~6回回すのを1日3回までにしましょう。

刺激を与えすぎ、おしりのなかの粘膜に傷がついて血が出てきたりする事もあります。

回数に関係なく、血が出た場合はすぐにやめて下さい。




スポンサードリンク



綿棒浣腸の頻度


ではどのくらいの頻度ですればいいの?となりますよね。

気になる綿棒浣腸の頻度なのですが、毎日する・1日、2日おきにすると決めるのはやめましょう。

綿棒浣腸をする頻度は少ない方が、赤ちゃんの負担も少ないですし、腸への負担も少なくなります。

しかし便秘をそのままにしておくのもかわいそうなので、最近便秘気味だな~と思ったらまず赤ちゃんの様子を見てみてください。

もし赤ちゃんがうんちを出そうとしているのに出なくて機嫌が悪いようでしたら、綿棒浣腸をしてあげるといいですよ。

私の息子もそうでしたが、顔を真っ赤にして泣きながら踏ん張っていたので分かりやすいと思います。

綿棒浣腸は頻度が多いと便秘が解消されるという訳ではなく、頻度が多いことで赤ちゃんや腸に負担がかかることもあるので気をつけましょう。


綿棒浣腸は癖になる?


画像名

赤ちゃんの綿棒浣腸が癖になるのか気になるところですよね。

赤ちゃんの綿棒浣腸は頻度が多いからくせになる、頻度が少ないから癖にならないというわけではありません。

綿棒浣腸は根本的に便秘を治す方法ではないため、頻度の多少に関わらず癖になることはありません。

赤ちゃんは歩くようになったりおなかに上手に力を入れられる様になれば、自然と便秘は解消されてきます。

私の息子も便秘に悩んでいましたが、歩くようになって腹筋もついてきた頃から便秘にならなくなりました。


まとめ


お母さんにとって赤ちゃんの便秘は心配の種ですね。

私も綿棒浣腸をしても出なくて苦しそうな息子を何度も見てきましたが、もし綿棒浣腸でも改善されない場合(綿棒浣腸をした翌日にも排便がない)や、血が出てしまった場合は病院を受診して下さい。

便秘がひどいと離乳食を食べたりミルクを飲んでも吐いてしまうことがあるので、その場合も自宅で対処するのではなく病院で見て貰うことえおおすすめします。

今回は赤ちゃんの便秘について、綿棒浣腸のやり方や注意点・浣腸する頻度・癖になるのか・病院を受診する目安についてまとめてみました。

お喋りが出来ない赤ちゃんの辛さを分かってあげられるのは身近にいるお母さんです。

お腹は張っていないか? ご機嫌は悪くないか?

綿棒浣腸を上手に利用して、赤ちゃんもそしてお母さんも便秘の悩みとさよならしましょう。


スポンサードリンク