画像名

皆さんは「プレミアムフライデー」という言葉を聞いたことがありますか?

ここ最近、ニュースやワイドショーなどで取り上げられる機会も多くなったので、耳にしたことがある方も多いことと思います。

プレミアムフライデーとは「月末の金曜日に仕事を早めに切り上げて、豊かな週末を楽しみましょう」という取り組みです。

2017年2月24日(金)が、第一回目のプレミアムフライデーとなりました。

初めてのプレミアムフライデー、皆さんはどんな金曜日を過ごされたのでしょうか?

そこで今回の記事ではスタートしたばかりのプレミアムフライデーについて、実施企業の一覧やメリット、問題点、またその効果についてまとめてみました。

スポンサードリンク


プレミアムフライデーとは


画像名

かつてバブル全盛期だった頃「花金」と言う言葉がありました。

月曜日から金曜日まで一生懸命仕事して、一週間の仕事が終わった週末金曜日の晩に思いっきり弾け飛ぶ!

金曜の晩を楽しみに日々を過ごしているなんて人も結構いたのではないでしょうか?

沢山の人が街に繰り出し、沢山の物やお金が消費された時代です。

その後、景気が低迷し消費もすっかり冷え込んでしまい「花金」という言葉も聞かなくなってしまいました。

あの頃の「花金」をもう一度!・・・という訳ではないでしょうが、冷え込んだ個人消費を活性化するため、日本国政府および経済団体連合会を中心とした経済界が提唱する個人消費喚起キャンペーンが、プレミアムフライデーなのです。

具体的には、毎月末の金曜日午後3時を目安に仕事を終了・退社し、2日半の休日を買物や家族との旅行など有意義に使おうというものです。

何故「月末の金曜日」なのかというと、月末なら大抵の企業でお給料日直後になり懐具合が温かいだろうという点と、土日前の金曜日に早上がり出来れば時間のゆとりが作りやすいという点から月末の金曜日がプレミアムフライデーに決まったようです。


実施企業一覧


画像名

プレミアムフライデーの取り組みに賛同している企業(ロゴマーク申請企業)は、2017年2月26日時点で4000社近くになりますが、実際にプレミアムフライデーを実施している企業はどれくらいあるのでしょうか?

実施企業の一部になりますが、プレミアムフライデーの実施企業名とその取り組みを一覧にまとめてみました。

【大和ハウス工業株式会社】
取組内容:偶数月の月末金曜日に午後有給休暇でプレミアムフライデーを実施
実施対象:19000人(パート従業員含)

【日本テクノ株式会社】
取組内容:2017年2月24日(金)にプレミアムフライデー実施を発表

【住友商事株式会社】
取組内容:プレミアムフライデー当日を全休・午後半休取得奨励日とする。また月末以外の金曜日も有給休暇取得・フレックスタイム退社奨励日に設定

【ソフトバンクグループ株式会社】
取組内容:プレミアムフライデー実施を宣言、全社員18000人に毎月10000円の助成金支援を発表。

【三菱自動車工業株式会社】
取組内容:月末の金曜日に午後3時退社を推奨
実施対象:開発や営業部門など(生産現場を除く)

【森永製菓株式会社】
取組内容:毎月末金曜日に全日または午後以降の有休を発表
実施対象:1349人

【清水建設株式会社】
取組内容:毎月末金曜日の15時以後の退社を推奨する「プレミアム年休(時間単位で年次有給休暇を取得可)」を導入

【トリンプ・インターナショナル・ジャパン】
取組内容:毎月末金曜日、終業時間を15時までとし15時にチャイムをならしオフィスを消灯する。
実施対象:東京本社、大阪営業所、北海道営業所、九州営業所勤務者

実施企業一覧を見てもわかるように、毎月末の金曜日には有給休暇を利用して仕事を早めに切り上げるよう推奨している企業が多いようです。

なかなか有給休暇をとることが出来ず折角の有休も消滅してしまう・・・なんて話も聞きますので、プレミアムフライデーは上手に有休を活用するひとつのきっかけになるのではないでしょうか。

しかしプレミアムフライデーの取り組みに賛同しながらも実施した企業は意外と少なく「取引先に迷惑が掛かる」など、実施するまでに考えなければならない問題点もまだまだあるようです。


スポンサードリンク


プレミアムフライデーのメリットと問題点


物事にはメリットとデメリットがあります。

どんなに素晴らしい取り組みでも、どんなに画期的なアイディアでも、良い点もあれば当然問題点も存在します。

そこで次の項目では、プレミアムフライデーがもたらす効果、メリットと問題点についてまとめてみました。


プレミアムフライデーのメリット


まずはメリットについて見ていきましょう。


有給休暇の取得率アップ


画像名

「実施企業一覧」の項目でも触れましたが、プレミアムフライデーは有給休暇を活用する良いひとつのきっかけになるのではないでしょうか。

「日本人は働き過ぎ」とよく言われますが、実際2016年のある統計では、日本人の有休消化率は諸外国の中でもダントツに低いという結果が。。。

支給される有給休暇は20日と比較的多いのですが、実際に消化しているのは半分の10日間。

もちろん仕事が忙しいとか、働くのが好きとか、有給休暇を消化しない理由は人それぞれあるのだと思いますが、有給休暇を取得しない人の中には「有休をとりたいけど周りの人が休まないから休みにくい」と感じている人も少なからずいる筈です。

有給休暇は働く人に与えられた権利です。

プレミアムフライデーが、周囲に気兼ねなく有給休暇を取得できるきっかけになると良いですね。


作業効率のアップ


プレミアムフライデーは「仕事を早く切り上げる」ために、普段何気なく行っている仕事や作業を見直す良い機会になるのではないでしょうか?

不思議なもので時間もお金も「あったらあったなりに、無ければ無いなりに」使ってしまうことよくありますよね?

もちろん「絶対無理!」「これ以上出来ない!」って事もあると思います。

でも「3時に終わろう」と目標を明確に掲げて、いつもの仕事を見直してみたら、案外思わぬ所に作業効率アップのヒントが見つかるかもしれません。


自由時間の増加


画像名

いつもの金曜日より早めに仕事を終えることで好きに使える自由な時間が増えます。

それも小間切れの時間が増えるのではなく、金曜日の午後から約2日半の自分の時間が手に入ります。

日本国政府や経済界の思惑通り、家族揃って旅行や買物に出掛けて消費の活性化に一役買うのも良いですし、ゆっくり読書をしたり、じっくり家の掃除をしたり、普段は諦めてしまうような事をするのも良いと思います。

このようにプレミアムフライデーのメリットは、普段と違う時間の使い方をすることで、普段は見過ごしてしまうような事を再発見したり、諦めてしまうような事にチャレンジ出来る事だと思います。


プレミアムフライデーの問題点


メリットがあれば問題点もあるものです。

続いてはプレミアムフライデーの問題点について見ていきましょう。


他の日にしわ寄せが。。。


極々一般的な企業で働いている私にとって「月末の金曜日は物凄く忙しい」という印象があります。

私と同じ印象をお持ちの方、結構いらっしゃるのではありませんか?

毎日仕事をしていると、ちょくちょく節目というか区切りというのが存在します。

締め日・週末・月末などがその区切りです。

区切りの直前は普段より忙しさが増すわけで、更にその区切りが重なったときは相乗効果で忙しさ倍増・・・いぇいぇ3倍増しです。

月末の金曜日ともなれば、昼休憩もそこそこにひたすら伝票と電話と格闘し続け、ふと気付けば既に時刻は6時過ぎなんて事もよくあります。

そんな忙しい月末の金曜日に無理矢理仕事を切り上げたら、残った仕事は心太式に月曜日へ移動です。

ネット上にはこんなつぶやきも。。。


もちろん「作業効率のアップ」の項目で書いたように見直しも必要ですが。。。

言うは易く行うは難しなのです。


不公平感


プレミアムフライデーを食事や旅行で満喫する人もいれば、サービスを提供する人もいます。

当然サービスを提供する側の人はお休みなんてありません。

それどころかこれまでの金曜日と比べたら人出が増えて忙しさも増えてしまいます。


「サービス業なんだから、それが仕事」と言われてしまえばそれまでですが、やはりこの不公平感は問題点のひとつなのではないでしょうか。


プレミアムフライデーの効果


2月24日は第一回目のプレミアムフライデーでした。

実際プレミアムフライデーを過ごしどのような効果があったのか、ネット上のつぶやきをみてみましょう。






まだ1回目を実施しただけですし実施企業も少ないようなので、効果の評価は難しいかもしれませんが、ネット上に飛び交う感想は問題点を指摘するコメントが多いように感じます。


まとめ


スタートしたばかりのプレミアムフライデーについて、実施企業の一覧やメリット、問題点、またその効果などについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

実施企業もまだ少なく、期待されている効果が現れるのはまだ先のようです。

私がまだ「女の子」と呼ばれていたような遠い遠い昔のことですが、その頃世の中のお父さんは月曜日から土曜日まで週6日間働くのが当たり前でした。

「花金」という言葉が使われ始めた頃に土日休みの週休2日制がスタートしましたが、スタートしたばかりの頃は「金曜日までに仕事が終わらない」「取引先が週休2日で連絡が取れない」など様々な問題点がありました。

月曜日に出社すると休みの間にFAXが山のようにたまっていたなんてこともありました。

その後PCの導入や様々な努力により仕事が効率化され、現在では週休2日が定着し、ずっとずっと昔から週休2日だったような錯覚さえ起こしてしまいます。

スタートしたばかりのプレミアムフライデーも今ではすっかり定着した週休2日制のように、暫くすると私たちの生活に当たり前に溶け込んでしまう日が来るかもしれません。

もちろんそのために色々な努力や工夫も必要になるのでしょうけれど、プレミアムフライデーが定着し、毎月末の金曜日はゆっくりと自分の時間を楽しめるようになると良いですね。


スポンサードリンク