画像名

小さな子供の子育てをしているお母さんで、子供の熱性痙攣(ねっせいけいれん)というものを経験したことがある方はいらっしゃいませんか?

私は二人の男の子の子育てをしていますが、二人とも熱性痙攣を経験しています。

今回は実際に体験したことや病院で言われたこと、また自分で熱性痙攣に向き合うために勉強した事なども踏まえて、子供が熱性痙攣を起こす原因や症状、前兆や対処の仕方、予防についてまとめていきます。


スポンサードリンク


熱性痙攣の症状


熱性痙攣とは、乳幼児(6ヶ月頃~5歳頃)に見られる病気の一つです。

熱性痙攣という名前の通り痙攣をするのですが、全身硬直をし、白目をむいたり、両手・両足左右対称にびくびくと痙攣するなどの症状が見られます。

また泡を吹いたり、チアノーゼを起こし唇が青紫のような色になり、目は開いていますが焦点は合っていないということもあります。

ではこの熱性痙攣は、どういった原因で起こるのでしょうか?

熱性痙攣の原因


熱性痙攣という病気は、風邪やインフルエンザなど感染症の発熱が原因で起こります。

なぜ発熱で熱性痙攣を起こすかというと、初めての発熱や急な発熱の際、子供の脳がまだ未熟な発達段階なので発熱に対応出来ず、脳がびっくりする事で痙攣が起こると言われています。

例えば、パソコンを使用中、情報を読み込むことに時間がかかっている上に情報をどんどん入れていくと、フリーズしたという経験がないですか?

このような感じで脳も発熱に対応できなくなると、熱性痙攣という脳のフリーズを起こすのです。

では熱性痙攣を起こした場合、どのような対処をすればいいのでしょうか?

熱性痙攣の対処法


息子が初めて熱性痙攣を起こしたのは、外出中の時でした。

外出先で遊び終わった息子をチャイルドシートに座らせて暫くすると、チャイルドシートに座って眠っていた息子が、突然痙攣を起こしました。

さっきまで元気に遊んでいた息子は、白目を剥いて震えており、その姿を前に私はパニックになり、震える息子のからだを抱きしめ、ただ名前を呼ぶ事しか出来ませんでした。

しかし、熱性痙攣の場合私のとった行動はダメだったことが分かりました。

では、熱性痙攣を起こしたとき、どのような対処をすればいいのでしょうか?


【熱性痙攣の対処法】

画像名

1. 子供を布団の上に寝かせる。
(外出先の場合は、子供を横に出来る場所に寝かせる)

2. 時計をみて「何時何分何秒」に痙攣が始まったかを確認する。

3. 首元やおなかなどが苦しくないように衣服を緩め、横向きする。

4. 痙攣が終わるまで静かに待ち、終わった時間を確認、熱性痙攣が何分続いたかを把握する。


【注意点】

ここで注意するべき事は、私が体験したようなパニックを起こさず冷静になることです。

また、痙攣中に口にタオルなどを挟んだりせず、子供の舌がのどに落ちないようによく見てあげることも大切です。


では熱性痙攣を起こす前兆はあるのでしょうか?

熱性痙攣の前兆


画像名

熱性痙攣の前兆としては次のようなものが挙げられます。

・熱がつらそうで、急にぼーっとし始めた

・ぐったりして、一点を見つめて動かない

・元気だったのが急にぐったりする


我が子がはじめて熱性痙攣をおこした際は、元気に走り回って遊んだ後、車に乗って寝ていると、突然の痙攣を起こしました。

いつもは寝付きの悪い子が、その日はチャイルドシートに座らせると驚くほどすぐに寝てしまい、疲れたんだな~くらいに思っていたのですが、今思えばこれが前兆だったのでしょう。

「熱性痙攣は熱があって元気な時より、寝始めや寝起き・熱が急上昇した時に発症しやすい」と病院で教わりましたが、息子が熱性痙攣を発症したのもやはり寝始めや寝起きでした。

では熱性痙攣の予防方法にはどのような方法があるのでしょうか?

スポンサードリンク


熱性痙攣の予防法


画像名

熱性痙攣は熱が出始めて24時間以内によく起こります。

熱が出てしまっても熱性痙攣を発症しないための予防法は次の通りです。

・安静にする

・冷えピタやアイスノンで体や頭を冷やす

・水分をしっかりとる

・(痙攣予防の薬を使う)

普段から風邪予防・感染症予防を心がけていても、風邪を引いてしまったり、感染症に感染して熱が出ることがあると思います。

しかし熱が出てしまっても熱性痙攣を予防することは出来るので、ぜひ予防方法を実践して頂いて、お子さんのしんどさを軽減できたらと思います。

(痙攣予防の薬を使う)とありますが、こちらは熱性痙攣を起こしてしまった場合や、何回も熱性痙攣を起こしている場合に処方されるものになりますので、心配な方は掛かり付けの病院にご相談下さい。

まとめ


今回は熱性痙攣の原因や症状・前兆・対処・予防について書いてみましたがいかがでしたか?

この記事をきっかけに、子供の熱性痙攣を経験したことがある方もない方も、熱性痙攣という病気について知って頂けたらと思います。

私は、これまで何回か子供が熱性痙攣を発症しているので、熱性痙攣という病気について勉強し、今では冷静に対処が出来る様になりました。

もし不運にも熱性痙攣を発症してしまったら、この記事を思い出して冷静に対処してあげられることを願っています。



スポンサードリンク