画像名

妊娠するとなんでこんなに!?と思うくらい体重がどんどん増えて気づけば15kg、20kgという方も意外と少なくないですよねぇ。

そこで、産後ダイエットに挑戦しようと妊娠中から考える方も多いとおもいますが、そんな私も現在妊娠している3人目を産んだら今度こそちゃんと痩せたい!とおもっているうちの1人です!

そこで、産後ダイエットの方法や効果、運動や筋トレ、体操についてしらべてみました!





スポンサードリンク






産後ダイエットの時期


まずは、産後ダイエットとは言いつつ産後っていつまででしょう?

また、脂肪を落とすのに効果の出やすい時期などあるようなので見ていきましょう!


産後ダイエットを始める時期


画像名

産後といっても出産後すぐに運動したり動き回っていいということではなく、子宮が回復するまではしっかりと安静を取りながら体を休ませてあげましょう

出産後1ヶ月でお母さんの回復を見るためにお医者さんの検診を受け、通常の生活に徐々に戻しでもいいという診断をもらってからぼちぼち始めましょう。


産後痩せやすい期間


産後太りで体についた脂肪は流動性の脂肪で通常より柔らかく燃焼されやすく、ダイエットも効果の出やすい時期になります。

産後6ヶ月までは脂肪が燃えやすいと言われていますのでこの期間に集中的に落とそうと思うと目標もできて取り組みやすいですよね^_^

ちなみにですが、6ヶ月すぎると脂肪も定着してしまって落ちにくくなります。

私の場合はすでに上の子2人分が落ちきらず、今回の妊娠でも着々とお肉を蓄えつつあります…今回こそ6ヶ月でなんとか落としたい!

では次に効果の出やすい産後ダイエットの方法を見ていきましょう!


産後ダイエットのポイント


産後ダイエットの具体的な方法のまえに、まずは産後ダイエットのポイントについていくつか知っておいてほしいと思います!

激しい運動・筋トレ・体操はNG!


出産後1ヶ月でお医者さんのOKが出たといってもすぐにたくさん動き回っていいということではなく、まだまだ体をいたわるべき期間は続いていることを忘れないでくださいね。

長期的に毎日の継続を意識して短時間で日常生活にも取り入れられるものを意識して選ぶようにしてみてください。


まずは体力回復


妊娠中はどうしても動きが制限されたりすることもあるので、体力がなくなっています。

最初の2ヶ月は痩せることを意識するのと合わせて体力回復にも目を向けてください。

出産後すぐなら産褥運動などの軽い運動から体力回復を図りましょう!


骨盤周りを中心に


画像名

妊娠中の骨盤は子宮を支えたり赤ちゃんが産道を通ることで開いた状態になり、ある程度は自然と戻るらしいのですが元の形まではなかなか戻らないようです。

私の場合は1人目、2人目の産後に骨盤をとくにメンテナンスすることなくきたため3人目の今になって蓄積された歪みが痛みとなってきている気がする…

骨盤の歪みは痩せるどころか太る原因になり、逆に整えることで代謝アップ!

ダイエット効果もあがります!

ポイントは色々とありますので頭に入れてから効果的に産後ダイエットに取り組んでいきましょう!





スポンサードリンク






産後ダイエットの方法


産後ダイエットの方法というと色々とあると思いますが今回は主に体を動かす方法を見ていきたいと思います!


産褥体操


画像名

体操というからには動き回るイメージがありますが、産褥体操は出産直後から始められる体操で、産褥期の6〜8周目までに少しずつ初めていけるものになります。

産褥体操の効果としては体力回復が主なものになります。

・足首の前後曲げ伸ばし 10〜15回

・足首を左右に曲げる 10〜15回

・首を前後に曲げる 5回

・ウエストをひねる 3〜5回

・脇腹を伸ばす 5回

・足の上げ下げ 5〜10回


ラジオ体操


画像名

こちらは産後1ヶ月以上経過してから始めましょう。

なぜラジオ体操?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、医療やスポーツ関係者にも大絶賛され、なんと動かしている筋肉は400種類もあるのだとか!

曲さえ手に入れば誰もができる日本代表とも言える、それがラジオ体操です!

小学生以来という方も多いとは思いますが、筋トレと同じ効果も期待できますので是非お試しください^_^


筋トレ


筋トレといってもあれもこれもするわけではなく、あくまでも長期的に継続を目的とした筋トレを心がけましょう!

腹筋 1日30〜50回
 ⇒腹筋はどうしても妊娠中に衰え、出産後はお腹のたるみにつながります。

スクワット 1日10回
 ⇒赤ちゃんがぐするとき、あやすついででできたりしますので非常にお手軽♪

これだけです!

1週間に一回は筋肉を休めることで逆に効果的に筋肉をつけることができます。

筋肉をつけることで太りにくい体を作り、リバウンドも防ぎます。


骨盤体操


上記でも書きましたが骨盤の歪みをなおすことでダイエットには大きな効果が見込まれます。

そこで、自宅で気軽にできるものをご紹介します。

【腰を回す】

1.足を肩幅に開く

2.手は腰に当て左方向に2〜3回大きく回す。

3.右方向も同様


【骨盤を押し込む】

1.太ももあたりにある骨盤の出っ張りを探す。

2.まっすぐたち、骨盤を右方向に押し込む

3.左方向も同様

【座って体をひねる】

1.両足を開き気味に伸ばし座る

2.左手をお尻の後ろに置き右手は股の間に置く

3.体を左側にひねる

4.反対も同様


【座った前屈から体をひねる】

1.足を腰幅に開いて伸ばす

2.両手で左右の足の指を握る

3.2の状態のまま息を吐きながら左右に体をひねる


【あぐらでお尻を引き上げる】

1.足の裏をくっつけた状態で座る

2.両手を後ろにつける

3.右手で右のお尻、左手で左のお尻を掴み持ち上げる


骨盤と聞くとバキボキ!とはめ込むイメージがありますが意外と簡単ですよね^_^


まとめ


産後ダイエットについて、運動や筋トレ、体操の方法や効果について見てきましたがいかがだったでしょうか?

産後ダイエットで大切にしたいことは無理をしないことです!

体の回復が何よりも優先、そして赤ちゃんです^_^

痩せないことで焦るとイライラしたりするかもしれませんが、毎日の継続を心がけてみてください。






スポンサードリンク