画像名

熱性痙攣を経験したことがありますか?

経験した事がある方は、後遺症や熱性痙攣の後の症状で不安になりますよね!

今回は、熱性痙攣を発症すると、後遺症で脳性麻痺になるのか?言葉や目やふらつきの症状について書いていこうと思います。



スポンサードリンク




熱性痙攣の後遺症で脳性麻痺になる?


画像名


単純な熱性痙攣であれば、脳性麻痺などの後遺症を残す事はほとんどありません。

ただし、これは単純型熱性痙攣の場合であり、複雑型熱性痙攣の場合は異なります。

熱性痙攣には単純型熱性痙攣と複雑型熱性痙攣というのがあり、複雑型熱性痙攣の場合には後遺症が残る場合があります。

【単純型熱性痙攣】
・発熱後24時間以内に発症
・痙攣が5分以内に治まる
・左右対称の痙攣

【複雑型熱性痙攣】
・発熱後24時間以上経過後、または発熱なしで発症
・痙攣が左右非対称
・痙攣が5分以上続く
・1日に何度も発症を繰り返す

単純型熱性痙攣と複雑型熱性痙攣の症状には上記のような違いがあり、複雑型熱性痙攣の場合は脳に何かしらの異常が出ている可能性のある痙攣です。

複雑型熱性痙攣を何度も繰り返していたり、複雑型熱性痙攣の原因が髄膜炎や脳炎などの病気などの場合、痙攣が15分以上続くと脳に酸素が届かない状態が長くなります。

長い時間酸素が不足すると脳に損傷を与える事になり、将来的には知的障害などのリスクが高く、重傷になると脳性麻痺を引き起こす場合があるので注意が必要です。

熱性痙攣を起こした場合、まず起きている痙攣が熱性痙攣の単純型なのか複雑型なのか判断が必要になるので、症状をしっかり観察しましょう。

もし後遺症が残るような複雑型熱性痙攣の場合はすぐに救急搬送が必要になります。

私の息子は熱性痙攣を何回も経験しています。

全部単純型の熱性痙攣ですが、1度だけ10分続いた熱性痙攣を経験しました。

痙攣が10分も続き脳に酸素が届いていない時間が長くなり、またその痙攣の原因が嘔吐下痢で、嘔吐を何度も繰り返した後の熱性痙攣ということもあり、脳に異常があるといけないから!と、脳の検査を受けました。

検査の結果は異常なし!

息子が熱性痙攣を発症するたび身も細る思いをしますが、現在も後遺症はなく息子は元気に過ごしています。



スポンサードリンク




言葉や目やふらつきなどの症状


画像名

熱性痙攣を起こした後には、言葉がうまく話せない・目がおかしい・ふらつきがあるなどの症状が見られる事があります。

これは、熱性痙攣を起こした直後はまだ意識が朦朧としている事による症状であり、熱性痙攣が続いている訳ではありません。

これらの症状が出る原因として下記の事が考えられます。

・単純型熱性痙攣直後の意識が朦朧としている事による症状
・熱冷ましや抗痙攣剤の使用による副作用
・複雑型熱性痙攣による脳への損傷

単純型熱性痙攣や解熱剤や抗痙攣剤の副作用の影響がふらつきなどの原因であれば、後遺症はほとんど残ることはありませんが、複雑型熱性痙攣による脳への損傷が原因であれば、後遺症が残る危険があります。

原因は異なっていても症状はよく似ています。

もし熱性痙攣発症後にふらつきや言葉がうまく話せないなどの症状が見られるときは、例えその原因がどのような理由であったとしても、痙攣を起こすことで少なからず脳に負担がかかっており損傷の危険も十分に考えられますので、自己判断をせず病院を受診しましょう。

私の息子が熱性痙攣を起こした直後は、そのまま眠ってしまったり、目がとろーんとしていたり、すぐに話せなかったりという症状がありましたが、病院を受診することで異常はなく安心でき、しばらくすると泣いたりママ!と呼んだり、目もしっかりしていました。

まとめ


今回は、熱性痙攣の後遺症で脳性麻痺になるのか?言葉や目やふらつきの症状について書いてみましたが、いかがでしたか?

実際に熱性痙攣を起こしている姿を見ると、苦しそうでつらそうで見ていられない姿ですし、脳性麻痺などの後遺症が残るのではないかと心配になってしまいます。

熱性痙攣のほとんどが単純型で脳性麻痺などの後遺症はほとんど残らないとは言われていますが、「病気によっては後遺症を残す危険のある複雑型を引き起こすこともある」ということは知っておく必要があるでしょう。

熱性痙攣を発症した場合、何よりも大切なのは落ち着いて尚且つ迅速に対処することです。

迅速に対応出来ることで、万が一後遺症が残る様な痙攣であったとしても、後遺症の軽減につながる事もあると思います。

もし、これから熱性痙攣を経験する時がきたとしても、この記事を通して得た知識をもとに冷静に対処して貰えたら嬉しく思います。


【関連記事】
 ⇒熱性痙攣を子供が起こす原因と症状!前兆や対処と予防について

 ⇒熱性痙攣の再発率と発症はいつまで?救急車を呼ぶ目安も調査



スポンサードリンク