画像名

2017年2月24日(金)に、第1回目のプレミアムフライデーが実施されました。

初めてのプレミアムフライデー、皆さんはどんな風に過ごされたのでしょうか?

私が働く職場ではプレミアムのプの字も感じられないような忙しい金曜日で、ガッツリ残業もありました。

「プレミアムフライデーは公務員と大企業の為のものだ!」との批判も多く聞かれますが、実際のところ公務員の人達はプレミアムフライデーの恩恵を受けられるのでしょうか?

そこで今回の記事では「プレミアムフライデーは公務員や学校も対象か?また病院や郵便局も対象になるか」についてまとめてみました。


関連記事:プレミアムフライデー実施企業一覧!メリットや問題点などその効果は?


スポンサードリンク



プレミアムフライデーとは


最初にプレミアムフライデーについておさらいです。

プレミアムフライデーとは「月末の金曜日に仕事を早めに切り上げて、豊かな週末を楽しみましょう」という取り組みです。

「仕事を早めに切り上げて」と聞くと、ちょっと心がトキメキます。

でもちょっと考えてみてください。

サラリーマンやOLにとって月末の金曜日って1ヶ月の中でも忙しい日ランキングのかなり上位に入りますよね?

その上プレミアムフライデーが実施されれば「豊かな週末を提供する側」のサービス業に携わる人達は「仕事を早めに切り上げる」のはかなり厳しいと思われます。

本来働く人全部が対象なのかもしれませんが、このような理由からプレミアムフライデーは「公務員と大企業対象」と批判を受けているようです。

でも本当に公務員はプレミアムフライデーの恩恵を受けられるのでしょうか?


公務員の職種


プレミアムフライデーの主な対象となると言われる公務員ですが、公務員と聞いて皆さんが連想するのはどんな仕事に携わる人ですか?

役所で働く職員、学校の先生、警察官や消防士、その他にも航空機の離着陸や航行を監視する航空管制官や裁判所職員、海の安全を守る海上保安官なども公務員です。

かつて郵便局が国営だった頃は、郵便局で働く郵便局員も公務員でしたが、民営化され株式会社になった現在では会社員になるようです。


役所の職員


画像名

役所というと「平日の昼間でなければ対応してくれない場所」というイメージがあり、平日の昼間は仕事をしている会社員やOLさんにとって「行きにくい場所」のひとつだと思います。

プレミアムフライデーが実施され、金曜日の午後は早く退社出来るようになったら「役所へは月末金曜日の午後に行こう」と考える人も増えるでしょう。

そんなときに役所の窓口が「プレミアムフライデーです!」と閉まってしまったら。。。

現時点でも窓口の対応時間を延長して欲しいという要望は多いと聞くので、これでは苦情が増えてしまうでしょう。

市民のために働く役所の職員は、のんびりプレミアムフライデーを楽しむのは難しそうです。


教員


画像名

学校や幼稚園で生徒(園児)に勉強を教える人も公務員です。

学校で学習する内容や授業数は文部科学省が告示する学習指導要領に定められているので、簡単に「月末の金曜日だから授業を早めに切り上げよう」とは出来ないようです。

2002年に「学校教育法施行規則」が改定され学校が週5日制になったときのように、法律的にも「金曜日の午後は3時で下校」と定められれば、学校もプレミアムフライデーの対象になるかもしれませんが、現時点では難しそうですね。

その他、公務員には警察官や消防士などもありますが、やはりプレミアムフライデーの対象になるには難しいでしょう。

事故・火事・急病人は時と場所を選ばず発生します。

その時に警察や消防が「本日はプレミアムフライデーのため、またのお電話をお待ちしています」なんて言えませんから。。。

公務員とは利益のためではなく、公共のため、国民のために働く、究極のサービス業なのだと思います。

究極のサービス業・公務員の方はプレミアムフライデーの恩恵を受けるのは難しいかもしれません。


スポンサードリンク


病院の医師・看護師


画像名

病院で働く医師や看護師は、勤務先の病院の違いなどで公務員かそうでないか変わるようですが、医師も看護師も公共性の高い職種であることに間違いありません。

現時点では「診療時間の短縮」や「休診」などの対応は見られないようで、むしろプレミアムフライデーに新たなサービスの提供を考えている病院もあるようです。

プレミアムフライデーの公式サイトには、プレミアムフライデーを利用して癌検診を安く受けられるプランを提供している病院が紹介されています。

月末の金曜日に診療時間を早めに切り上げられてしまうのは病院を利用する側にとっては困りものですが、このような取り組みは大歓迎です。

もちろん病院で働いている医師や看護師にもお休みは必要で、ちゃんと休んで欲しいと思いますが、勝手な言い分ながら「病院」という機関には24時間365日対応して欲しいと望んでしまいます。

病院の取り組みについての紹介はこちらから
 ⇒プレミアムフライデー公式サイト


郵便局員


画像名

郵政民営化になる以前には、郵便局員も公務員でした。

郵便局はプレミアムフライデーの対象になるかというと、どうやら対象とはならないようです。

郵便局なのでまったく関係なく、いつも通りの勤務体系です。


手紙や荷物を待つ人がいるから、簡単にはお休みできないのでしょう。

やはり郵便局も月末の金曜日には営業して貰いたい機関のひとつですね。


まとめ


2017年2月24日にスタートしたプレミアムフライデーについて「公務員や学校も対象か?また病院や郵便局も対象になるか」まとめてみましたが、いかがでしたか?

私個人の意見を言わせて頂くなら、公の機関で働く公務員も、公共性が高い機関で働く人達やサービス業の人達も、きちんと休みをとって気力体力の充電をして欲しいと思っています。

しかしながら公の機関や公共性が高い病院などの機関は完全に機能をストップすることなく、柔軟に対応して欲しいと望んでしまいます。

ちょっと勝手な言い分ですね。。。汗


関連記事:プレミアムフライデー実施企業一覧!メリットや問題点などその効果は?


スポンサードリンク