画像名

出産という大仕事を終えた後に自分の体を見てみると、元どおりに戻ると思っていたのに実際はそんなわけにいきません。

産後、体型が崩れるのは大体予想がつきそうなものですが、お腹の皮膚が黒ずみ皮のむける人もいるようです。

知っていた人も知らなかったという人もやはり現実を目の当たりにするのはショックですよね。

そこで、産後にお腹の皮膚が黒ずんだり、皮がむけてしまう原因や解消法についてご紹介します。


スポンサードリンク


お腹の皮膚の黒ずみと皮がむける原因


女性ホルモンによる色素沈着


画像名


シミ、そばかすの原因となるメラニン色素、これが沈着することで黒ずみはできます。

妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンが増加するのですが、これがメラニンの生成を増やしてしまいます。

そのために、普段よりも黒ずみやすくなってしまうんですね。

ちなみにプロゲステロンの分泌は出産を機に減るのですが、元の量に戻るまでには半年かかります。

お腹の黒ずみもホルモン分泌が元に戻ろうとするうちに自然に薄くなっていく傾向があるようです。


縮んだ皮膚


妊娠中に赤ちゃんの成長とともに大きくなったお腹、伸びた皮膚が出産によって急に縮んだことで黒く見えることも黒ずみの原因の1つのようです。


余った皮膚が老廃物としてみなされる


産後に余ってしまった皮膚を体が老廃物と判断すると皮膚はかさぶたのように色が黒っぽく変色してしまうのだそうです…


ホルモンバランスの変化


妊娠中に増加していた女性ホルモンが出産によって一気に排出されます。

そのため、女性ホルモンによって維持されていた皮膚の水分量を保持する力が一気に低下することで乾燥しやすくなります。

そのため、かゆみが出たり皮がむけやすくなります。


スポンサードリンク


黒ずみと皮むけの解消法


以上が、産後お腹の黒ずみや皮がむける原因となるのですが、妊娠・出産するにあたり仕方のないこともありますよね。

ですが、早く元どおりになって欲しい!と女性なら願わずにはいれないとおもいます。

そこで次に黒ずみや皮むけの解消法をご紹介します!


肌の新陳代謝をアップする!


黒ずみや皮向けの解消に1番効果的なのは肌の新陳代謝をあげて新しい肌に生まれ変わることです。


睡眠をしっかりとる


睡眠不足はお肌の敵!とよく聞きますがその理由として睡眠が足りていないと成長ホルモンがしっかり分泌されないため肌がボロボロになってしまうんですね。

「美のゴールデンタイム」といわれる23〜2時の間にしっかりと睡眠が取れるとベストです!


ターンオーバーを正常に!


画像名

肌のターンオーバーは28日周期といわれています。

これが正常に回ることで新しい肌に生まれ変わり美しい肌を保っていけるのですが、肌が乾燥してしまうとその周期か乱れてしまいます。

肌が生まれ変わらなければ当然ボロボロのまま…

そこで、肌の保湿はしっかり行いましょう!

お風呂上がり、朝着替える時と一日2回はクリームを塗って優しくマッサージしてあげることをお勧めします。


体の内側から…


次は体の内側からの解消法を見ていきたいと思います。

黒ずみや皮がむける原因に対して効果的に働いてくれる栄養素をご紹介していきます。


ビタミンC


画像名

ビタミンCはシミやそばかすに効果を発揮してくれる栄養素になります!

また、コラーゲンの合成にも必要となるためお肌のことを考えると欠かせないですね^_^

また活性酸素を防ぎシミやそばかすを目立たなくしてくれます。

野菜や果物に多く含まれています。

ビタミンCを多く含む食品:ピーマン、ゆず、アセロラ、レモン、芽キャベツetc…


ビタミンA


画像名

ビタミンAは皮膚や粘膜を作る役割を果たしてくれます。

肌のターンオーバーには欠かせない栄養素ですね!

レバーや緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンAを多く含む食品:レバー、うなぎ、穴子、シソ、モロヘイヤ、人参、卵、ほうれん草etc…


ビタミンE


画像名

ビタミンEは血流を良くして代謝を促す効果や抗酸化作用があります。

ビタミンEはナッツ類や、魚卵などに多く含まれていて、油分の多い食材が多くなります。

そのため、摂取は必要ですが過剰になりすぎることには気をつけましょう。

特に母乳育児のお母さんは油分が多くなると母乳に影響してくるのでバランスよく摂取するようにしてください!

ビタミンEを多く含む食品:アーモンド、いくら、たらこ、西洋カボチャ、アボカドetc…


普段の生活の中で気をつけたいこと


普段の生活の中で知らず知らずのうちに皮膚にダメージを与えていることがあるかもしれません。

知っておくことで気をつけることができるというのも解消法の1つかと思いますのでご紹介していきます^_^


洗いすぎない


体を洗う際に垢すりタオル等でゴシゴシ洗うのは皮膚に傷を作ったり、油分を奪う原因になります。

手洗いでも十分に汚れは落ちるので優しくあらいましょう。


石鹸をつかう


画像名

ボディーソープは洗浄力がつよく、香料や着色料も入っているため肌には負担も多くなります。

できれば、石鹸など肌に優しいものを選んでつかうことをお勧めします。


お風呂のお湯はぬるめ


高い温度のお湯に浸かることで皮膚は乾燥してしまいます。

40度くらいのぬるめのお湯にじっくりつかって体の中から温まるようにしましょう。

保湿効果のある入浴剤を入れるのもいいと思います^_^


カフェインは控える


画像名

カフェインには利尿作用があるため、体内の水分をうばってしまいます。

そのことが原因で乾燥肌になってしまいます。

主にコーヒー、紅茶、緑茶に含まれます。


痒いときは


産後はどうしても皮膚が乾燥傾向になりがちで、痒くなりやすくなるのでかきたい気持ちにもなりますよね。

でもそこはぐっと我慢して冷やすようにしましょう。

痒みが治ったらクリームなどぬって再発防止もするとなおいいですね^^


まとめ


いかがだったでしょうか?

赤ちゃんが生まれて嬉しい反面、産後の体の変化には戸惑う方も多くいらっしゃると思います。

私は2人目の産後すぐの肌トラブルが多く気持ちが落ち込んだことがあります。

お腹の皮膚が黒ずんだり皮がむけるといったこともそのうちの1つで、原因や解消法を知っておくだけでも気持ちの持ち方も違いますよね^_^

産後は無理せず新陳代謝のアップを意識して乾燥を防いだりバランスの良い食事に気をつけながら楽しく子育てをしてください!




スポンサードリンク