画像名

産後の悩みの1つとして便秘を訴えるお母さんは少なくありません。

私自身も2人目の産後に悩まされ、ただでさえ子どもが増えることでその生活に慣れることに精一杯の時期には辛いものがありました…

産後の便秘の原因は様々あり、出血を伴う人もいるんだとか!

そこで、産後の便秘の原因と、出血したり硬くなり出なくなった時の解消法について調べていきたいと思います!


スポンサードリンク


産後の便秘の原因は?


妊娠前には便秘はなかった人でも、産後に便秘になってはしまう人は多いようで、やはり産後のお母さんならではの原因があるようです。


体内の水分不足


画像名

赤ちゃんが生まれてから母乳育児を実践しておられるお母さんも多いと思いますが、1日の授乳の量は平均して600〜800ml程度になります。

そのため、約1Lの水分が体外に放出されることになります。

便の約7割は水分でできているとされているのですが、体内の水分が少ないと便が硬くなり出にくくなってしまったり出血を伴ってしまいます。

そのことで2〜3日出ないことが続くとより硬くなり慢性化の原因にもなります。


会陰切開の傷がこわい


これは初めての子を産んだお母さんが特に多く言われることらしいのですが、出産の際に切られたり避けたりした傷が痛いし、もしかしたら開いてしまうのではないかという恐怖から力めず、我慢してしまうことで便秘になってしまう方が少ないのだそうです。

ですが、実際に傷があるのは肛門とは違う場所になるためよっぽどのことがない限りは傷口が開いたり出血したりすることはないようなので安心してください^_^


肛門括約筋の低下


まず、肛門括約筋とは肛門を開閉するための筋肉になります。

この筋肉が出産時に長時間いきみ過ぎたことで傷ついたり働きが弱まるため自力で便を出す力が入らず便秘になってしまうようです。


育児ストレス


画像名

産後は生活のあらゆることが赤ちゃん中心となっていきます。

しかし、慣れない育児をする中でこれでいいのかな?なんで泣いてるの?と不安や焦りを感じることも増えると思います。

育児という仕事に追われる中で便意を催してもタイミングよくトイレに行けないことで便が硬くなってしまい便秘になるという悪循環になってしまうということもあるようです。

そうした悪循環を繰り返すうちに便意自体感じる機能も低下してしまうようです。


運動不足


出産直後は体を回復させるためにしばらく安静にするようお医者さんに言われるとおもうのですが、妊娠中と産後すぐは普段の生活が送れないことで筋力が低下し力む力も少なくなってしまいます。

また、運動不足になることで腸が硬くなり働きが弱まることが原因で便が出にくくなってしまうんですね。


睡眠不足


画像名

赤ちゃんの中には昼夜逆転して、夜寝てくれなかったり夜泣きがひどい子もいますよね。

そのことで寝不足というお母さんも多いとおもいますが、睡眠不足になることで腸にも疲れがたまり働きが弱まるという悪循環>_<

また、寝不足により自律神経の狂いが生じることで腸の動きも乱れてしまうようです。


スポンサードリンク


産後の便秘の解消法


産後に便秘になってしまう原因について見てきましたが、やはりお母さんて大変だなぁと実感してしまうことばかり…

ですが、乗り越えるのもお母さん自身です!

そこで、次は解消法についてご紹介していきます^_^


水分をとる


母乳によって約1Lの水分が体外に出て行くと書きましがやはりその分は余計に補給するよう意識してほしいとおもいます。

やはり、便が硬くなる一番の原因は水分といっても過言ではなく、便が柔らかいことで排便の際に出血に悩んでいる方にも効果的な解消法かとおもいます。

カフェイン、糖分、塩分の多いものは避け水か、ノンカフェインのお茶を飲むようにしたり、水分の多い野菜や果物を食べるようにして見てください^_^


排便のリズムを整える


画像名

赤ちゃんのことが気になってなかなかトイレにゆっくり座れないと思うのですが、寝てくれている時や、頼れる家族がいる時などはなるべく同じ時間にトイレに座る習慣を持ちましょう。

初めての子は特に心配にもなりますが、多少の時間は大丈夫です!


適度な運動


産後すぐは運動するといっても激しく動くことはできません。

そこでお勧めなのは産褥(さんじょく)体操になります。

寝転んだり座った状態でできる簡単な体操なので産後すぐから実践できるのでお勧めです。

また、ストレッチをしたり一カ月すぎてお医者さんの許可が下りれば赤ちゃんと散歩したりするのもいいかもしれませんね^_^


バランスの良い食事


画像名

便秘の解消法として食事をバランスよく食べるということは基本になります。

そこで、便秘解消に良いとされる食べ物をご紹介します。

【便秘解消に良いとされる食べ物】

・食物繊維…ゴボウ、バナナ等

・発酵食品…納豆、みそ等

・海藻類…わかめ、ひじき等

・乳酸菌…ヨーグルト、乳酸飲料等

このような栄養素を含む食品を意識してとるようにしてほしいとおもいます。

また、「低カロリー」「高タンパク」「食物繊維」を摂取しやすいのが“和食”といわれており、腸の環境も整えてくれます。

和食は母乳にもにもいいとされているのでぜひぜひ積極的に食べるようにしましょう^_^


オリゴ糖やオリーブオイルを取り入れる


オリゴ糖は大腸まできちんと届いてビフィズス菌の餌となってくれるので、大腸の運動を活発にしてくれます。

また、オリーブオイルは硬い便を柔らかくしてくれたり便をコーティングしてくれるのでするりとだしてくれます。

出血が気になる方にはありがたい効果ではないでしょうか?

オリゴ糖は混ぜても味があまり変わらないものも売られています。

オリーブオイルも意外や意外と色々な食材に合いますのでお試しください^_^

オリーブオイルを使った簡単レシピはこちら


ストレスの解消


画像名

育児はなかなか手を抜こうにも抜けないかもしれないのですが、家事は多少手を抜いても大丈夫です!

明日でもいいものはちょっと明日に回したり、怠けてもばちはあたりません!

私は母に甘えて里帰り、家事はほとんどせず育児に集中させてもらいました。

また、主人にも大変なことについてはこまめに話して共通理解してもらうことで協力してもらったり、10分でも1人の時間を作ってもらうなど、家族にも助けてもらっていました^_^


まとめ


産後の便秘の原因や便が硬くなったり出血してしまうことについての解消法について調べてきましたが参考になったでしょうか?

まずは生活を見直しバランスの良い食事、適度な運動など心がけて健康的に過ごせるようにしてみてください^_^

そうすることで育児にも楽しくなるとおもいます♪


スポンサードリンク