画像名

産後は何かと産前の頃と全く同じということにはならないことも多いですが、体についても体質が変わったり体のあちらこちらに違和感や痛みを感じることも多いですよね。

しかも、経験したことがないことも多く何が原因かもわからないことからより不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな体の異変の中でも腸の位置が動くような違和感や痛みを感じる方も多いようです。

そこで今回の記事では、腸の位置が動くような違和感や痛みの原因と対策について調べました。


スポンサードリンク


産後の腸や腸周りの違和感や痛みの原因


産後、腹部の違和感や痛みを訴える方は多くいますが、その原因として考えられることは調べてみると様々ありました。

心配のいらないものから注意の必要なものなどありましたので、紹介していきたいと思います。


子宮収縮


産後に誰もが通る道で「後陣痛(こうじんつう・あとじんつう)」ともいうのですが、妊娠することで大きくなった子宮が産前の状態に戻ろうとする働きです。

この子宮収縮の際に痛みや違和感を伴うのですが、この痛みには個人差があり、1人目の時よりも2人目の時の方が痛かったり、1人の子の出産時よりも双子など多胎妊娠の方が痛かったりと毎回一緒というわけでもないようです。

実際私も1人目の時よりも2人目の時の方が痛くて病院で処方される子宮収縮を促進する漢方の薬をやめてもらいました。

大体2〜3日で収まりますし体の回復のために必要なことなのですが、痛みがひどい場合はお医者さんに相談してみるのもおすすめです^_^


過敏性腸症候群


産後は赤ちゃんの育児がすぐにスタートしますよね。

慣れない育児に寝不足やホルモンバランスの崩れ、自分の時間が思うように取れないといったことからストレスを感じることは多いと思います。

こういった過度のストレスを受けることが原因で腸に負担がかかり、「過敏性腸症候群」になってしまう方がおおくいるようで、下痢や便秘を繰り返してしまうようです。

ちなみにこのときに腸の位置が動くような違和感を感じる方もいるんだとか…。

これば実際に腸の位置が動いているのではありません。

腸の動きが弱まることで便秘になり、腸が詰まってしまうことが原因でガスが溜まってしまうためガスが動くのを腸の位置が動くように感じる人もいるようです。


腸がむくむ


画像名

芸能人の西山茉希さんも経験され救急搬送もされたようなのですが、ストレスや、急激なホルモンバランスの崩れが原因で腸に水分がたまってしまい、腸がむくんでしまうのだそうです。

これがまた、激痛だそうで…特に効く薬もないので痛みとの戦いになるんだとか。

産後の体のケアはとても大切なものなんですね。


悪露の影響


産後は子宮の収縮によって悪露(おろ)を排泄します。

悪露とは子宮に溜まっている不要な血液や胎児を包んでいた卵膜や子宮内膜などをいいます。

感覚としては生理に似ているかもしれませんが、4〜6週間と期間は思ったより長いなと感じるかもしれませんね。

量が徐々に減り色は赤、茶、黄色と変化していき、この悪露の排出自体は誰もが通る道なのですが子宮収縮がうまくいかず悪露が子宮内に残ってしまうことが原因で細菌の感染症を発症することもあり激しい下腹部痛を伴うことがあるようです。

産後に安静にしていなかったことで引き起こることが多いようです。


子宮脱


子宮脱(しきゅうだつ)とは、子宮を支えている筋肉などが衰えることが原因で子宮の位置が膣外に下がってしまった状態をいいます。

産後はどうしても筋力が低下しているため、起こりやすくなるそうで、大きめの赤ちゃんを出産された方や肥満傾向にある方もなりやすいのだとか…。

意外に患者数も多いようで、受診して治療を行っている方よりも潜在患者の方が多いと言われています。

異常や違和感を感じたらお医者さんに相談することも大切なことですね^_^


スポンサードリンク


対策


腸の位置が動くような違和感や痛みの原因について調べてきましたが、症状や痛みの度合いも様々です。

ですが、お母さんがするべき対策は共通するところも多くありますので紹介していきます!


しっかり休息をとる


画像名

赤ちゃんをこの世に送り出す出産はお母さん自身の命を削ることといっても過言ではないほどの大仕事です。

1日や2日寝て復活!と簡単なお話ではなく、しっかり休息をとり体の回復に努めるのも大切なことです。

これは怠けではなく、むしろ使命と思って、少なくとも1ヶ月はゆっくり過ごしましょう。


軽い運動


もちろん体がちゃんと回復してからのことになるのでお医者さんのOKが出るまでは産褥(さんじょく)運動などの軽い運動程度で収めましょう。

1ヶ月過ぎたあたりからウォーキングや、ストレッチをするなど体を動かすことで血行が良くなり便秘の解消につながったり、子宮を支える筋肉の回復にもつながり子宮脱の予防にもなります。

うちの子は夕方になると何もないのに泣くという時期もあったので、気分転換にベビーカーで近所をお散歩して自分自身のリフレッシュにもなりました^_^


体を温める


画像名

体を温めることで、腸の運動が促されることにつながります。

表面的に暖かくなるよりも体の中から温まることがたいせつで、方法として「体を温める食べ物を食べること」「お風呂にゆっくり浸かること」を意識してみてください。


〈体を温めるたべもの〉
・生姜
・根野菜 など

ちなみに唐辛子などの刺激物は暖かくはなりますが母乳などにも影響してくるためおすすめできません。


〈お風呂について〉
・40度くらいのお湯に10〜20分ゆっくり半身浴をして体の中からじっくり温まりましょう。


食事


水分をしっかりとる


1日2リットル以上が目安ですが、一度にたくさんの水分を取るのではなくてこまめに少量ずつ取るようにする方が体に吸収されやすいようです^_^


和食を食べる


画像名

「まごはやさしい」というお料理の法則を知っているでしょうか?

・ま→まめ類
・ご→ごま
・わ→わかめ、海藻類
・や→やさい
・さ→さかな
・し→しいたけ、キノコ類
・い→いも類

この食材を1日の中で摂取することを意識することで、バランスの良い食事と言われています。

健康の源は食事です!

ないがしろにせず、赤ちゃんの飲む母乳のためにも様々な食材を摂取するようにしましょう。


まとめ


以上までに産後の腸の位置が動くような違和感や痛みの原因と対策について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

産後の体は自分自身が思っている以上にデリケートで、いつ、何が起こるかわかりません。

しっかりと体を回復させてあげることを第一に考えるようにしてください。

安静だけではなく食事や睡眠など基本的生活習慣の見直しも体をいたわることにつながりますので赤ちゃんのためにも意識してみてくださいね^_^


スポンサードリンク