画像名

赤ちゃんを10ヶ月お腹の中で育てた上に出産するという大役を終えた後は、やはり元々の状態の体に戻るとは言いつつも完全に戻ることってないですよね。

特に産後直後は体の回復もしきってないので、変化を大きく感じる時期にもなるかと思いますが、そのなかでも下痢や腹痛が続いたり中には吐き気や嘔吐といった症状がある人も少ないようです。

単純に体の変化が原因の場合もありますが、子育てなどのストレスが原因になっている事もあるんです。

そこで今回は産後の腹痛や下痢、または吐き気や嘔吐の原因とストレスの関係について調べて見ました。


スポンサードリンク


産後の体調不良の原因


「産後に下痢が続くんです」
って言われたり「体調不良で吐き気や嘔吐に悩まされています」という方は意外と多くいるのですが、産後は普段の体調不良とは違い特殊な原因があるのではないかと不安になると思います。

そこで、腹痛や下痢、嘔吐や吐き気について考えられる原因について調べました!


骨盤底筋の損傷


画像名


まず骨盤底筋とは、膀胱や子宮、直腸など多くの臓器を支えている筋肉のことです。

この骨盤底筋が損傷することで下痢や尿漏れを引き起こす原因となるのですが、出産をきっかけにどうしても傷ついてしまうこともあるのだとか…

ちなみに、

・出産に5時間以上かかった

・出産直後の赤ちゃんが3500グラム以上だった


という経験をすることで骨盤底筋にダメージを受けている可能性が高い方になるのですが、出産に5時間、3500グラム以上って珍しいことでもなく結構経験してる人っていると思います。

誰でもなりうる原因の1つになりますね。


鉄分の不足


母乳育児を実践しているかたに多いのですが、鉄分やタンパク質といった栄養素は赤ちゃんに優先的に出ていってしまったり、妊娠期間中にも血液中の水分が増えることで血液量が増え鉄不足を言われる方もいらっしゃるかと思います。

現在、妊娠中の私自身がそうなのですが貧血になると立ちくらみが起きたり座っているだけでも気持ちが悪くて吐き気がしたり、人によっては嘔吐してしまう方もいらっしゃいます。

このように妊娠中から出産後にかけてお母さんは鉄分が不足してしまう傾向にあるんですね。


水分の取りすぎ


画像名

母乳育児の方は体から水分を取られると思い意識して水分を取っているお母さんも多いとおもうのですが、腸には一度に吸収できる水分量というのが決まっていて、その規定量を過ぎると下痢を起こしやすくなってしまいます!

また、日々の水分補給を硬水のミネラルウォーターでしている場合は、お水の中に含まれているマグネシウムに便を柔らかくする効果があるため下痢になってしまう方がいらっしゃるようです。

ガブガブ何でも飲めばいいというわけではないんですね^_^;

〈主な硬水のミネラルウォーター〉

・evian(エビアン)
・perrier(ペリエ)
・contrex(コントレックス)


自律神経失調症


これは産後の下痢や腹痛、吐き気や嘔吐が続くの一番の原因と言われるのですが“自律神経失調症”という病気、聞いたことあるという方も多いのではないでしょうか?

自律神経は…

・神経を活発に促進する働きをもつ交感神経

・リラックスする働きをもつ副交感神経


の2つによって構成されていて、バランスを取り合っているのですが過度なストレスや疲れがあるとうまく作用しなくなってしまい、自律神経失調症へとつながります。

この病気は男性より女性の方がなりやすい傾向があると言われており、その理由として出産、育児などのストレスが原因だったりします。

産後は体力も落ちて体はボロボロという状態なのにもかかわらず2〜3時間おきの授乳が始まり、さらには朝も夜も赤ちゃんがぐずれば起きなくてはならないため寝不足になってしまいます。

また、ストレスを感じている自覚がない人でも慣れないことを経験することで頭はストレスを感じるのだとか!

私は1人目の子が生まれて間もない時は、こちらの呼びかけには応答しないのに、でも泣いて信号を発信し続けてくる。

さらにはグーにした手を振り回してとなりで寝ている私をパンチしまくる以外に人間らしいことなんて一切できない!これは、宇宙人だ!という感覚に襲われました…

宇宙人との生活は楽しくて幸せいっぱいでしたが、気の休まる暇はなく、今思えばこれもストレスの1つとなるのだろうなと思います^_^;

話が逸れましたが…さらには出産の際に女性ホルモンも体外に出してしまうことで産後はホルモンバランスが崩れてしまいます。

このことも、自律神経の乱れにつながります。


スポンサードリンク


産後の腹痛や下痢、吐き気や嘔吐についての対策


見てきたように、産後に腹痛や下痢が続いたり吐き気や嘔吐の原因はいろいろ考えられるようです。

そこで、それぞれの対策について、普段の生活の中で気をつけることを見ていこうと思います。


睡眠をとること


画像名

睡眠不足は万病の元!

産後すぐはどうしても夜眠れない日が続くことは仕方ないことですが、赤ちゃんは泣くことと寝ることが仕事、お昼寝してくれている時にはしてしまいたい家のこともあるかと思いますが、体調が優れないと感じる時はちょっと怠けて赤ちゃんと一緒に寝るのも大切なことです^_^


食事


妊娠中は気にする食生活ですが、出産後はどうでしょうか?

産後すぐは体の回復期間に入るので、そのためにも食事のバランスを考えることは重要なことになります。

ただ、吐き気や嘔吐が続く人は思うように食事が取れないこともあるかと思います。

その際にはサプリメントに頼るのもいいですね^_^

特に意識して下記の栄養素をとることをオススメします!

【産後意識して摂取したい栄養素】

・鉄分…貧血予防

・ビタミンB6…女性ホルモンを整え、むくみ予防

・ビタミンB12…貧血や吐き気の予防



運動


妊娠期間中に筋力が低下するのは仕方ないことです。

産後は思うように体を動かすこともできないので、産褥運動やお散歩などから初めて少しずつ骨盤周りの筋力の回復をめざしましょう。

正しい姿勢を保つだけでも筋力の回復やホルモンバランスの改善にもつながり一石二鳥です!


1人で頑張りすぎない


画像名

初めての育児に“こうでなければならない!”と、頑張りすぎてしまうお母さんって結構多いみたいです。

わたしも最初の子の育児は今思えば神経質になっていた部分も多くストレスからイライラしている時期もあったかなと思います。

ですが、育児は家族みんなでしていくもので、決してお母さん1人が責任を負わなければならないものではありません。

時にはグチをこぼしたり、1人の時間を過ごすのもいいと思います^_^

ストレスで自分を追い込まずみんなに支えてもらいながら赤ちゃんを大きくしていっているという感謝の気持ちで過ごしたいですね。



まとめ


産後に腹痛や下痢が続く原因や吐き気や嘔吐について書いてきましたがいかがだったでしょうか?。

産後大きく変化するのはやはりホルモンバランスです。

そのために、体調不良を引き起こしやすくなっているということを意識しながら規則正しい生活をできる限り心がけることでからだの調子も戻ってくることと思います。

赤ちゃんにとってもお母さんが元気でいることは大切なことなので是非、意識して見てください!


スポンサードリンク