画像名

近頃、電動アシスト自転車の普及により、お母さんが子供を自転車に乗せ、幼稚園の送り迎えや買い物に出かける姿をよく見かけます。

その中で、子供を自転車の前後に乗せて走る姿も多く見かけますが、不思議に思うことがあります。

それは自転車の3人乗りは法律違反にはならないのか?とゆうことです。

この記事では、3人乗りが法律違反なのか?とゆうことや、実際に子供は何歳からいつくらいまで乗せるのがいいのか?などを説明していきたいと思います。

現在、子供を乗せ自転車を使っている方やこれから購入や使用を考えている方の参考になればと思います。


スポンサードリンク


自転車の子供乗せの目安とは?


小さなお子様がいる家庭では馴染みのある自転車乗せ。

私自身も小さい頃はよく自転車に乗せられて買い物について行った記憶があり、未だにその頃の風景を思い出すことがあります。

この自転車乗せですが、種類としては「前に乗せるタイプ」「後ろに乗せるタイプ」があり、年齢によってどちらに乗せるか変わってくるので、1つずつ紹介していきます。


前に乗せるタイプ


画像名

実際に私の記憶に残っているのはこの前に乗せるタイプで、子供からすると眺めがよく心地よい風を感じられるので、楽しかった記憶があります。

この前に乗せるタイプの平均的なメーカーの推奨年齢は約1歳からとなっていますが、実際に乗せる際は、子供の発育状況をよく考えて使用することが望ましいですね。

1歳だと子供によっては1人座りが出来ない子もいるので、そういった子供の場合はもう少し様子を見ましょう。

真冬に乗せる場合には風が直接当たってしまうので、専用のカバーをかけてあげることも大切です。

また、いつくらいまで使用できるかというと、4歳未満で体重が15~20キロ未満の商品が多いです。

実際のやめ時としては、運転する人が重たくて危ないと感じたらすぐに止めるようにするのが事故を起こさないためにも必要です。

また、買い物などでお米なんかを買った後も注意をしたいですね。

まっすぐ走る分には大丈夫でしょうが、曲がり角や、段差、信号で止まる際にバランスを崩しやすくなってしまいます。


後ろに乗せるタイプ


画像名

後ろに乗せるタイプの推奨年齢の平均は2歳〜6歳未満となっており、約20キロが目安となります。

こちらも前に付けるタイプ同様に子供の発育状況を見ながら、使用するのをオススメします。

後ろに乗せるタイプは完全に子供から目が届かなくなってしまい、子供が寝てぐらぐらになりバランスを崩したり、手袋などを知らないうちに落としてしまうなどもあるので、ある程度目を離したり、言うことをしっかりと理解できる年頃になったら後ろにするのが望ましいですね。

ほとんどの方が小学生になったら子供に自転車を買ってあげるので、小学校入学と同時くらいに必要なくなります。

後ろに乗せるメリットとしては、前に乗せるより安定するので、バランスを崩しづらい点です。

後ろに乗せるタイプには大きく分けて2種類あり、背もたれが腰までのタイプと頭までのタイプがあります。

小さい子供の場合は背もたれが頭まで伸びてるタイプのほうがより安心です。


スポンサードリンク


前後2人乗せは法律違反になるのか?


自転車乗せを使う方の中には、年の近い子供が2人いる家族も少なくはないと思います。

そういった家族は前後に2人乗せてる方も多いと思いますが、実際にこの前後2人乗せは道路交通法違反になるのでしょうか?

警視庁の定めている自転車の交通ルールでは、16歳以上の方が運転する際、一定の条件をクリアした場合に幼児を乗せることが認められています。

一般の自転車
16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させることができます。
さらに運転者は幼児1人を子守バンド等で背負って運転できます。

幼児2人同乗用自転車
16歳以上の運転者は、幼児2人を同乗させることができる特別の構造又は装置を有する自転車(幼児2人同乗用自転車)に6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。
幼児2人を乗車させた場合、運転者は幼児を背負って運転することはできません。


しっかりと、規定を守れば子供を2人乗せることは可能みたいですね!!

また幼児2人同乗用自転車として安全基準を満たした自転車には「幼児2人同乗認証マーク」がついていますので、購入の際は確認して下さい。

マーク


ただし、どちらの場合にも安全運転を意識することは忘れないで下さい。

では実際にどんな乗り方をすると法律違反になるのかと言うと、前後の子供乗せに2人乗せ、抱っこ紐を使う場合は運転者を含めると4人になってしまうので、違反になってしまいます。

また16歳未満の方は、どんな場合であっても幼児を乗せることが出来ません!

他にも自転車で法律違反となることとして、信号無視や無灯火などがあります。

更にあまり知られていないのですが、飲酒運転も厳密には法律違反となりますので、注意が必要です。

詳しい自転車の交通ルールについては、警視庁のHPでご確認下さい。

警視庁のHPはこちら


まとめ


自転車の子供乗せについて紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

各メーカーごとに推奨年齢の設定がありますが、基本的には、親が子供の発育状況を見ながら使用しましょう。

また、ポイントは16歳以上であることと、自転車、子供乗せの注意書きをよく確認し、しっかりと国土交通省の安全基準を満たしているものを使用すること。

いずれの場合においても、法律違反しないことも大切ですが、子供の安全を第一に考え、発育状況をしっかりと把握し無理のない運転を心がけることが大切です!

この記事を読んで、少しでも自転車の事故が少なくなって欲しいです。


スポンサードリンク