画像名

ぐっすり寝ていた子どもがいきなり泣き叫んだり、パニックを起こしたりする姿を見たら不安になりますよね。

乳幼児時期に見られる夜泣きに酷似したこの症状は、夜驚症(やきょうしょう)と呼ばれ、3歳〜7歳の子どもが発症することが多い睡眠障害の1つです。

今回は、夜驚症の原因と発達障害との関係、夜驚症の治療や性格の特徴についてまとめました。



スポンサードリンク




夜驚症の原因


まずは夜驚症の原因についてお話しします。

夜泣きと夜驚症の違い


画像名

私の息子は生後3ヶ月になります。

遠出をした日や病院に行った日など、いつもとちがう時間を過ごすと疲れからかよく夜泣きをします。

夜泣きをしたときは、優しく声をかけて抱き上げたり、お腹をトントンしたりすると安心してまた眠りにつきます。

夜泣きは浅い眠りの時に起きるので、目が覚めるとママの声がしっかりと届き安心して泣きやみます。

しかし、夜驚症は大好きなママの声が届かないことが多いです。

それは夜驚症が、深い眠りから急に目が覚めて、脳が完全に覚醒しないまま興奮状態になってしまうからです。

そのため、夜驚症で興奮状態の子どもにどんな言葉をかけても無反応であることが多く、パパやママは子どもが落ち着くまで見守るしか対処する方法がありません。

また、夜驚症の子どもはパニックを引き起こしたにも関わらず、翌朝になると何も覚えていないことが多いです。


夜驚症は睡眠システムの発達途中で起こる


夜驚症が起きる原因は、明確には判明していません。

現時点では脳の睡眠機能の発達段階で起こるのではないのか、と考えられています。

夜驚症が起きる3歳〜7歳は、深い眠りと浅い眠りが交互に起きる睡眠システムを形成する時期になります。

通常、大人の私たちが目覚めるときは、この睡眠システムにより浅い眠りを経て、脳を完全に覚醒させて起きることができます。

しかし、子どもは睡眠システムが未発達なので、深い眠りの途中に日中感じていたストレスや不安、恐怖によって脳に興奮が伝わってしまうことがあります。

その結果、脳が完全に覚醒しないままパニック・興奮状態になる夜驚症が起きてしまうのです。


夜驚症で子どもが夜に興奮してしまう原因


画像名

夜驚症の子どもが夜に興奮してしまう原因の多くは、心理的なものが関係しています。

さきほど述べた日中のストレスや不安、恐怖、緊張などが挙げられます。

大人の私たちでさえ、怖いテレビ番組を見ると恐怖を覚えますし、人前での発表が近いと緊張しますよね。

子どもは大人よりも感受性が高いため、恐怖や緊張などをより強く感じてしまいます。

怖い、不安な出来事だけでなく旅行や遊園地へ行くなど、子どもにとって楽しい出来事も興奮の原因になります。

また、少数ですが夜驚症の子どもが夜に興奮してしまう原因に、身体的なものが関係している場合もあります。

花粉症やアレルギー性鼻炎などで睡眠中に鼻が詰まってしまい、突然呼吸が上手くできなくなることによって慌ててしまうのです。

この場合は、睡眠時の鼻呼吸がうまくできないことに関係しているので、耳鼻科に行って適切な治療を行うと治まるでしょう。


スポンサードリンク



夜驚症が起こりやすい性格の特徴


夜驚症が起こりやすい子は、以下のような性格の特徴があると言われています。

・内向的で思ったことを口にだしにくい性格
・感受性が豊かで、喜怒哀楽が表に出やすい性格
・神経質で強いこだわりがある性格

このような性格の特徴を持つ子どもは、日々のストレスや不安を強く感じやすいのでなるべく精神状態を安定させてあげることが大切です。

特に眠る前は、精神状態が不安になりやすい特徴があります。

安心して眠ることができるように添い寝をしたり、優しく声をかけたりしてあげると良いでしょう。

しかしながら、夜驚症は子どもの脳が未発達であることが関係して起こると考えられているので、先ほど述べた性格の特徴があるからと言って必ずしも夜驚症になるとは限りません。

夜驚症が起こりやすい性格の特徴を全く持っていない子でも、何かのきっかけで発症してしまうこともあります。

また、夜驚症の子どもは夜中に泣き叫んでしまうので、周りから親の躾や子育てが悪いと誤解されてしまうこともありますが、それは全く関係ありません。

どんな子どもでも夜驚症になる可能性があるのだと頭に入れて、準備しておけば慌てずに済むでしょう。


夜驚症の治療


続いて夜驚症の治療についてみてみましょう。


ほとんどの場合は治療なしで収まる


夜驚症の原因は子どもの脳が未発達であることが関係していると考えられているので、成長が進むにつれて自然と収まるケースがほとんどです。

ほとんどの場合は、専門的な治療を行わず経過観察といった方法をとります。

経過観察をすると言っても寝ている子どもが夜中に泣き叫んだり、パニックになったりしたら、びっくりしてどうしたら良いのか分からなくなるパパやママも多いのではないでしょうか。

夜驚症を起こしている子どもは、パパやママの声が届きにくいので、パニックになっている子どもを無理やり押さえつけたり止めたりすると、さらにパニックになってしまう恐れがあります。

子どものパニックを力づくで止めようとするよりも、家の戸締りを確認したり、ケガにつながるようなものを置かないようにしたりして、子どもが夜驚症でパニックになっても危険がない環境をつくるとよいでしょう。

夜驚症はどんなに長くても30分以内には収まるという特徴があります。

子どもがけがをしないよう落ち着いて見守ることが大切です。


夜驚症が激しく睡眠や健康被害がある場合


画像名

ほとんどの場合、治療の必要がない夜驚症ですが、稀に激しい夜驚症のため睡眠不足や健康に支障をきたしてしまう子どももいます。

その際は、小児科や睡眠外来のある精神科に行き治療すると良いでしょう。

適切な治療によって夜驚症の症状を軽くすることができます。

また、夜驚症によく似た特徴を持つ睡眠障害もあります。

その場合は、自然に治ることはないので専門家に診てもらい、適切な治療をする必要があります。


夜驚症と発達障害の関係


発達障害のある子どもは刺激に対して過敏であることが多いので興奮状態になりやすい傾向にあります。

また、発達障害のある子どもは睡眠障害が出ていることも多いことから、夜中の興奮が起こりやすく、夜驚症を併発している可能性があります。

しかしながら、夜驚症の子どもの全てが発達障害をもっているわけではありません。

夜に泣き叫ぶ問題があるからと言って、発達障害と決めつけるのはあまりにも短絡的です。

発達障害がない子でも、脳の睡眠機能が未発達であることから夜驚症になることもあります。

また、夜驚症が発達障害を引き起こすわけではないので誤解のないようにしたいものです。


まとめ


夜驚症の原因や治療方法、発達障害との関係について述べていきましたがいかがでしたでしょうか。

夜中に寝ていた子が突然暴れたり、泣き叫んだりすると不安になったりしますよね。

夜驚症は、脳の発達段階で起こる症状の一つでしばらくしたら治まることがほとんどです。

子どもの脳が成長しているのだと、おおらかな気持ちで子どもに接したいものです。


スポンサードリンク