画像名

赤ちゃんが急にけいれんしたり、意識を失ったり、両手足がピンと伸びた状態で頭がガクガクしたりしたらびっくりしますよね。

このような症状はてんかん発作の可能性があります。

てんかんは早期発見・早期治療が必要な脳の病気です。

特に産まれたばかりの赤ちゃんのてんかん発作は、放っておくと脳に重篤な障害を残してしまう可能性もあります。

しかし赤ちゃんのてんかん発作は、分かりやすいけいれんの症状だけではありません。

今回はてんかんの赤ちゃんの症状や特徴、発達の遅れや障害の可能性についてまとめました。

てんかんについて知識を深め、もし自分の子どもにてんかん発作が起きてもあわてずに対処できるようにしましょう。


スポンサードリンク


てんかんとは?


画像名

てんかんとは、様々なてんかん発作を繰り返す脳の病気です。

大脳の神経細胞に急に激しい電気的な興奮が発生することが特徴で、けいれんなどのてんかん発作を起こします。

てんかん発作の症状はけいれんだけでなく、大脳の電気的な興奮が発生する場所によって様々な種類があります。

てんかん発作の症状は様々なので、てんかん発作が起こる度に発作の内容が変わると思われがちですが、それは間違いです。

なぜなら、大脳の電気的な興奮が発生する場所は常に一定だからです。

同じてんかん発作が何度も繰り返し起こることが、てんかんの特徴になります。


てんかんの原因


画像名


てんかんには大きく分けて《特発性てんかん》と《症候性てんかん》の2種類あり、それぞれ原因が異なります。

《特発性てんかん》は、原因不明とされることが多く、遺伝による脳の欠陥のより発生したものではないかと考えられています。

《症候性てんかん》は、出産のとき赤ちゃんの脳が低酸素状態になったり、脳炎や髄膜炎などの感染症に罹ってしまったり、脳出血や脳梗塞などが起きたりしてしまったことが原因で、脳の一部が傷ついて発生します。


てんかんの赤ちゃんの症状や特徴


けいれん発作


赤ちゃんのてんかん発作の特徴として、最もわかりやすいものがけいれん発作です。

けいれん発作の主な症状をまとめました。

・間代(かんたい)発作
 一定のリズムで手足をガクガクと曲げ伸ばしする症状。

・硬直(こうちょく)発作
 手足が突っ張った状態になり体が硬くなる症状。

・欠神(けっしん)発作
 短時間の意識消失する症状。

・ミオクロニー発作
 全身や手足などが一瞬だけピクッと動く症状。


突然ぼーっとしたら要注意


赤ちゃんのてんかんの症状には、けいれん発作以外にも身体がぐったりしたり、ぼんやりしてしまう症状もあります。

話している時、遊んでいる時、授乳や離乳食の時に急にぼーっとしてしまう特徴があり、数秒〜1分程度で治まるので、「のんびりな性格の特徴をもった赤ちゃんなのかな?」「眠かっただけなのかな?」と勘違いされやすいのですが、突然ぼーっとしてしまうのは、意識不明に近い状態!

脳に何らかの問題がある可能性があるので、このような症状が繰り返し起こる場合は、てんかん発作を疑い病院で診てもらいましょう。


赤ちゃんがてんかん発作を起こした時の対処法


初めててんかん発作を起こした場合


赤ちゃんが初めててんかん発作を起こした場合は、発作が治まるのを確認した後、必ず病院で診てもらいましょう。

赤ちゃんのてんかんを放っておくと、重篤な障害が起きてしまう可能性があります。

赤ちゃんのてんかんは、早期発見・治療が必要になります。

病院で診てもらい、パパやママもてんかんについて正しい知識を身につけましょう。


発作の症状を観察


てんかんの知識を深めても目の前の赤ちゃんが急にけいれんしたり、意識を失ったり、両手足がピンと伸びた状態で頭がガクガクしたりするのを目にしたら、びっくりして慌ててしまいますよね。

しかしここで慌ててはいけません。

赤ちゃんを守れるのは傍にいるパパとママだけなのですから、落ち着いて行動しましょう。

てんかんのけいれん発作が身体の一部にとどまり全身に広がらないときは、赤ちゃんの安全に気を付けてそのまま様子をみます。

また、全身にけいれん発作が起きた場合でも、短い時間であれば問題ありません。

てんかんは発作後、10〜20分深い眠りに入り意識を取り戻すという特徴があります。

パパやママはその間の赤ちゃんの様子をしっかりとみましょう。

様子を見て気になることがあれば、発作が落ち着いた後、病院に連れていくと良いでしょう。


発作の時間を確認


画像名

てんかん発作は、30秒〜2分以内と短い時間で治まることがほとんどです。

しかし、稀に長い時間発作が続いてしまうこともあります。

発作が5分以上続く場合、もしくは短い発作が何度も繰り返し起こり、その間の意識がない状態のことを《てんかん重積状態》と言います。

《てんかん重積状態》になった場合、生命に危険が及ぶ可能性があるのですぐに治療を開始する必要があります。

この場合は救急車を呼びましょう。

私は赤ちゃんのてんかん発作を経験したことはないのですが、大人のてんかん発作を目の当りにしたことがあります。

大学時代の水泳部の後輩がてんかんをもっており、練習中にプールでけいれん発作を起こしてしまったのです。

私はてんかん発作を初めて目の当りにし、何をすればよいのか分かりませんでした。

幸い後輩と同じ高校出身の同期がてんかん発作の対処法を知っており、落ち着いて対応しました。

後輩は2分ほどけいれん発作に見舞われましたが、その後落ち着き普通にしゃべれるようになりました。

この経験からてんかんについて知識がないまま、発作を目の当りにすると何も対応できないことが分かりました。

パパやママは自分の子どもがてんかん発作を起こした時、慌てずに対応できるよう、てんかんの対処方法について事前に調べておくことが必要です。



スポンサードリンク


発達の遅れ、障害の可能性について


発達の遅れ


てんかんは、脳の一部が何らかの原因で傷ついてしまうことで起こります。

そのため脳の傷ついた箇所によっては、運動面と精神面の両方に重度な発達の遅れを持つ、てんかん持ちの子どももいます。

一方で、発達の遅れがないてんかん持ちの子どももいます。

しかしながら運動面と精神面の両方に発達の遅れがなくても、お友達同士の関わりや遊びなどがうまくできない、社会性に発達の遅れがみられるてんかん持ちの子どもがいます。

その原因は、てんかん治療薬による影響もありますが、両親の過保護すぎる養育、発作に対する周りの過剰な気遣いなど、てんかん持ちの子どもの育つ環境が影響することもあります。

てんかん発作は突然起きるので、周りの人はびっくりしてしまいます。

また意識が遠のいてしまうので、てんかんの知識がない人が目の当りにすると重篤な病気だと誤解されてしまいます。

そのため、てんかん発作が起きてもケガをしたりしないよう、屋外活動が制限されたり、過保護に扱われたりしてしまうことが多いようです。

子どもが小さいうちに、屋外活動が制約されたり、周りの人と関わらない生活をしたりしてしまうと、子どもの成長・発育に必要な社会性を身につけることが難しくなります。

残念ながら、てんかんについて理解している人は少ないのが現状です。

子どもがてんかんを発症したら、発作が心配で子どもを外に出したくないと思うパパやママもいるのではないでしょうか?

しかし、子どもの社会性の発達遅れがないように、パパやママが率先して外に連れ出し、周りの人との関わりをもたせましょう。

また、幼稚園や学校生活などで過度な制限をされないよう、しっかりと説明し、子どもの発達に遅れがない環境を作ってあげることが必要です。


障害の可能性について


画像名

先ほども述べたとおり、てんかんは脳の一部が何らかの原因で傷ついてしまうことで起こります。

傷ついている脳の部位によって、てんかんの子どもには、先天性の運動障害、知的障害、言語障害がみられる可能性があります。

また、新生児の赤ちゃんがてんかんの発作を繰り返すことによって、てんかん発症後に知的障害や発達の遅れ、脳性まひや精神障害が起こってしまう可能性があります。

そのため新生児の赤ちゃんにてんかんの発作が見られた場合は、早く治療を始める必要があります。


まとめ


てんかんの赤ちゃんの症状や特徴、発達の遅れや障害の可能性について述べてきましたがいかがでしたでしょうか。

赤ちゃんのてんかんは重篤な障害を起こす可能性があるので、早期発見・治療が必要になります。

てんかん発作の症状は様々なので、パパやママが判断するのは難しいでしょう。

赤ちゃんのお世話をする中で、何か少しでも気になることがあれば病院で診てもらうと良いでしょう。

パパやママの気づきが赤ちゃんの未来を守ります。

また赤ちゃんがてんかんを発症しても、治療によって発作を抑えることができます。

パパやママはてんかん発作を過剰に恐れるのではなく、てんかん発作の対処法を学び子どもをのびのびと育てましょう。


スポンサードリンク