画像名

冬に風邪予防として使われているマスクですが、最近では季節を問わずマスクをしている人を見かけることが多くなったと思いませんか?

実は風邪予防などの健康目的以外でマスクをつけている人が急増しています。

女性だとスッピンを隠すため、男性だと無精ヒゲを隠すためにマスクをつける人が多いようですが、マスクが急増した原因はそれだけではないようです。

健康なのにマスクが手放せなくなっている人は”マスク依存症”かもしれません。

マスク依存症になってしまう原因は!?

そこで今回はマスク依存症の原因と心理、そして診断方法についてまとめてみました。

あなたはマスク依存症かどうか診断してみましょう!

スポンサードリンク


伊達マスクが急増している原因は!?


視力の補正の目的ではなく、おしゃれを目的としてメガネをかけることを伊達メガネというように、風邪予防など健康目的以外でマスクをつけることを”伊達マスク”と言います。

伊達マスクが急増している原因はなんでしょうか?

顔を隠すため


画像名

「自分の顔に自信がない」「顔のコンプレックスを隠したい」そんな心理が働いて、顔を隠すためにマスクをつける人が多いようです。

私もスッピンの顔に自信がなく、化粧をするのがめんどうな時は、顔を隠すためによくマスクをつけています^^;

この「顔を隠したい」という心理、私の周りにも同じ理由でマスクをしている女性がいたので、女性がマスクに依存してしまう原因のひとつではないでしょうか?

男性だとひげを剃っていない時に無精ひげを隠す目的でつける人がいるようです。

男女共に「顔に自信がない」という心理が働いてマスクをつけているようですね。


人との関わりをなくすため


マスクをつけている人って話しかけづらいですよね。

接客業ではマスクをつけるのを禁止にしているところも。

「誰とも話したくない」「誰にも話しかけられたくない」そんな時にマスクをする人が急増しているようです。

確かにマスクをしている店員さんには話しかけづらいです^^;


表情を隠したい


画像名

近年、SNSなどの文字でのコミュニケーションが多くなってきました。

SNSだと相手に自分の表情を見せることなく相手とコミュニケーションがとれますね。

SNSではコミュニケーションをうまくとれても、実際の対面ではコミュニケーションが取れなくなっている人が急増しているようです。

マスクをつけていると、SNSと同じように相手に自分の表情を見せることなくコミュニケーションがとれますね。

その他にも、防寒対策や口臭が気になるといった理由でマスクをつける人が急増しているようです。

スポンサードリンク

マスク依存症度チェック!


マスク依存症度チェックです。

いくつチェックが当てはまるか診断してみて下さい^^

1.風邪予防花粉症対策以外でマスクをつける

2.マスクをすると安心する

3.マスクをしている時の顔が落ち着く

4.顔にコンプレックスをもっている

5.食事、入浴、睡眠の時以外ほとんどマスクをつけている

6.スポーツの時でもマスクをつける

7.夏の暑い時もマスクをつける

8.鏡で自分の顔をよく見る

9.人前でご飯を食べるのが苦手

10.口臭が気になる

あなたはこの診断でいくつチェックが当てはまりましたか?

この診断に当てはまるチェックが多ければ多いほどマスク依存症に要注意です!


マスク依存症を克服する方法


マスクをしている時間を減らす


毎日つけている人は1週間に1回、3日に1回、2日に1回などと少しずつマスクを外す時間を増やしましょう。

家の中でもマスクをつけているという人はまずは家の中から外していきましょう。

焦らず、少しずつでいいと思います^^


自分に自信を持つ


画像名

自分のコンプレックスを受け入れるということはなかなか難しいかもしれませんが、自分に自信を持って自分を受け入れてみましょう。

コンプレックスをチャームポイントだと思うのもいいかもしれませんね^^

自分が気にしていても意外と他人からしたら気にならないということも多いようです。

私は顔のパーツで鼻が一番嫌いなのですが、家族や友人に言うとどこがおかしいの?というあっさりとした反応でした^^;

自分は気になっても他の人は見ていないということもよくあるようです。


病院へ行く


マスクは風邪予防などに役に立ちますが、毎日つけているとひどい肌荒れを起こしたりいいことだけではありません。

いろいろ頑張ったけど、やっぱりマスクがないと心理的に不安でどうしてもマスク依存症から抜け出せない時は、心療内科を受診してもいいかもしれませんね。

自分の力じゃどうにもできないときは、他人の力を借りてみましょう^^


まとめ


マスク依存症の原因や心理、診断方法などについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

最初は風邪予防や花粉症対策でマスクをつけていても、だんだんとマスクをつけることが癖になってマスクを外すタイミングを失い、そのままマスクが手放せなくなってしまうこともあるようです。

朝寝坊した日には伊達マスクもありだと思いますが、マスクに頼りすぎてはいけません。

毎日マスクを着用し続けることで肌荒れを起こしたり、マスク依存症になってしまう可能性もあるので要注意!

もし「マスク依存症かもしれない」と感じたら、焦らなくていいので少しずつマスクをつける時間を減らしていきましょう^^


スポンサードリンク