画像名

フットネイルやサンダルなど足元を見せる季節がやってきました。

でも、せっかくかわいいサンダルを履いているのにかかとがガサガサだとなんだか残念。。

かかとのガサガサやひび割れに悩んでる女性はきっと多いと思います。

「ガサガサがひどくなるとかかとでストッキングが伝線してしまう・・・」なんて人も多いのではないでしょうか?

かかとがガサガサやひび割れを起こす原因、ただの乾燥でかかとがガサガサになっていると思っていませんか?

実は、ガサガサの原因は乾燥だけではなく水虫かもしれないんです!

かかとのガサガサやひび割れの原因や、正しい治し方、角質ケアの仕方を紹介します。

スポンサードリンク


かかとがガサガサやひび割れを起こす原因は?


かかとに角質がたまる


画像名

角質が溜まることによってかかとがガサガサになったりひび割れをおこすことがあるようです。

角質は足の裏に刺激が加わることによって溜まってしまいます。

足の裏で自分の体の全体を支えていて、刺激が加わると体が守ろうとして余計に角質が溜まってしまい、角質が厚くなってしまうのです。

さらに女性はヒールのある靴を履くので余計に刺激が加わっているのかもしれません。

でも毎日ずっと座っているわけにもいかないですよね。。。


かかとの乾燥


肌の表面は皮脂膜で覆われており、この皮脂膜が水分の蒸発を防いで保湿の役目をしています。

でもかかとには皮脂腺がなく、皮脂の分泌量が少ないので皮脂膜が薄くガサガサになりやすいところです。

乾燥もひどくなってくるとひび割れの原因になってしまいます!

かかとの保湿はついつい後回しにしまいがちですよね^^;


かかとの水虫!?


画像名

乾燥だと思っていたかかとが、実は白癬菌が原因でできるかかとの水虫かもしれません。

痒みも少なく、乾燥してひび割れているだけのように見えるので気づかない人も多いようです。

足の水虫はよく聞くけど、まさかかかとにも水虫があるとは!

痒みがあるなら乾燥と見分けがつきやすいのに、痒みが少ないないなら乾燥しているだけだと油断しそうです^^;

放っておくとどんどん進行してしまうことも!

乾燥や水虫以外でも加齢や血行不良がかかとのガサガサの原因になることもあるようです。

いずれにせよ放っておいてはどんどんガサガサがひどくなっていってしまいます。


治し方や角質ケアの方法


続いて、かかとのガサガサの治し方や角質ケアの方法をご紹介します。

あなたにあった治し方、角質ケアの方法はどれでしょうか。


削る角質ケア


画像名

やすりなど電動リムーバーで古い角質を削る方法。

すぐに効果を得たい!という人にはおすすめの角質ケアです^^

やすりや電動リムーバーはドラッグストアや通販などで売っていて手に入りやすいと思います。

電動リムーバーのいいところは、簡単にそして均一に削ることができるようです。

ただし削りすぎてしますと新しい皮膚まで傷つけてしまうので削りすぎには要注意!!

削るとすべすべになるので毎日角質ケアをしたくなりますが、毎日使うのではなく週に1回程度にしましょう。


フットスクラブで角質ケア


削る方法だと削りすぎてしまいそうでこわいという人や継続的に行う角質ケアにはこの方法が向いています^^

スクラブ入りのクリームでかかとをマッサージしながら古くなった角質を除去できます。

これはすぐに効果がでる方法ではなく継続的に行う事で効果が得られます。

ただ角質が分厚い人などは少しやすりなどで角質を削った後に使うと効果的かもしれません^^

効果がすぐにでない分本当に効果があるの?と疑問ですが継続的に行う事が大事です!


かかとのパックで角質ケア


付属の靴下を履いて薬液に足を浸しておくだけでできる角質ケアです。

1~2時間ほどパックをしなければいけませんが、テレビを見て時間をつぶしたり歩くことも可能です。

パックをしたら1週間ほどで皮が自然に剥がれてくるので、やすりみたいに削りすぎるといことがないので安全ですね。

ただ自然に剥がれてくる皮を無理に剥がさないように要注意!

個人差はあるようですが、部屋にあちこち皮が落ちている、なんてこともあるようです。

私はこの方法で角質ケアをしたことがありますが、きれいに剥がれてその後は本当にすべすべになります。

皮が剥がれるのに少し時間がかかりますが、効果が目に見えて表れるので私はこの方法が気に入ってます^^


角質ケアの後は保湿を!


画像名

3つのガサガサかかとの治し方を説明しましたが、削る方法もマッサージする方法もパックした後も終わった後は必ず保湿を忘れずに!

かかと用に保湿クリームが販売されていますのでそれを塗って、靴下やカバーをつけるとより効果的です^^

お風呂あがりに保湿クリームを塗って、靴下やカバーをつけて寝るといいですね。

スポンサードリンク


かかと水虫の見分け方と治し方


かかと水虫は乾燥と症状が似ていて痒みも少ないので見分けがつきにくいようです。

以下に当てはまる場合は、乾燥ではなく水虫が原因でかかとがガサガサしているのかもしれません。

【かかと水虫と乾燥を見分ける!】

・冬だけではなく1年中かかとのガサガサが治らない

・過去に足水虫になったことがある

・家族の中に水虫のひとがいる

かかとのガサガサの原因が水虫の場合、角質ケアや保湿ではガサガサは治りません。

また水虫に気づかないでいると、かかと水虫が進行して爪水虫になる可能性も!

水虫かも?と思った時は皮膚科を受診しましょう。

かかと水虫の治し方は塗り薬での治療が一般的なようですが、場合によっては飲み薬も処方されるようです。


まとめ


かかとのガサガサの原因、治し方や角質ケアをまとめてみましたが、いかがでしたか?

すぐに効果を得たい私からしたらもどかしいですが、すべすべのかかとを手に入れるためには毎日のお手入れが大切です。

正しいケアをしていてもガサガサが治らない時は、水虫の可能性があるので皮膚科の受診をオススメします。

つるつるのかかとを手に入れて、足元のおしゃれを楽しみましょう^^


スポンサードリンク