画像名

夏はプールに海にバーベキューなどとお出かけが楽しみになる一方、日焼けが気になる季節でもありますよね。

あまり長時間外に出ないし今日は日差しがそんなに強くないから、と油断していると赤くなってしまったり、日焼け止めを塗ったからといって安心していると後から顔や腕が赤くなってしまった。。という経験もあるのではないでしょうか。

赤くなったお肌は手遅れ!?

ご心配なく!きちんとケアをすれば大丈夫です。

そこで今回は日焼けの後に赤くなった顔や腕のケアの方法や対処法はあるのか紹介します。

スポンサードリンク


日焼けの種類


画像名

日焼けで赤くなる人、黒くなる人がいますよね。

赤くなることを「サンバーン」、黒くなることを「サンタン」といいます。

サンバーンは肌に炎症がおき痛みを伴い、サンタンは痛みはありませんが肌が黒くなるのでシミになる可能性があります。

つまりサンバーンはやけどをした時と同じ状態です。

日焼けの後の対処法は?


まずは冷やすこと


画像名

先ほど少し紹介したように、日焼けの後に顔や腕が赤くなっているということは肌が「やけど」した状態になっています。

日に焼けて肌がヒリヒリした時「早く化粧水や薬をつけないと!」と思うかもしれませんが、まずは冷やすことが優先です。

やけどをした時は薬を塗る前にまずは冷やしますよね?

日焼けも一般的なやけどの対処法と基本的にはおなじこと、顔や腕は紫外線を浴びてやけどした状態になっているので、濡らしたタオルや保冷剤または氷水で冷やしたり冷たいシャワーを浴びたりして、まずは赤くなった部分を冷やしましょう。

いつも通りにと思って温かいシャワーは浴びてしまうと、赤くなった部分を温めてしまうことになりヒリヒリや痛みが増してしまいますので要注意!

「ただの日焼けだから」とやけどした状態の顔や腕を放っておくとヒリヒリと痛みが強くなったり大変なことになってしまいます。

ヒリヒリした痛みなどは少し様子を見ても大丈夫かもしれませんが、もし水ぶくれができてしまった時はすぐに病院を受診しましょう。

水ぶくれを割ってしまうとそこから菌が入ったり、痕が残る可能性もあるので水ぶくれを割らないように気をつけて下さい。

気をつけていても万が一割れてしまった時は、水で洗い流して患部を清潔にしておきましょう。

次に化粧水や薬を使って


画像名

日焼けをした後はお肌が乾燥しています。

赤くなった顔や腕を冷やしてヒリヒリや痛みがとれてきたら次に化粧水や薬を使って、保湿・保護をしてあげましょう。

日焼け直後なので美白効果のある化粧水を使いたくなりますが、美白効果のある化粧水は日焼け直後の肌には刺激が強いので低刺激のものを選んでください。

いつもよりたっぷり化粧水をつけたいので、バシャバシャ使えるプチプラの化粧水でOK!

ただ日焼けをしたお肌は自覚しているよりもずっとダメージを受けている可能性もあり、化粧水をつけることでまたヒリヒリしてきたりするかもしれないので、自分の肌の状況を確認しながらつけて下さいね。

顔は化粧水で対処をして、腕や体のヒリヒリしているところは市販のやけど用などの軟膏を塗って対処しましょう。

どんな薬がいいのかわからなかったら薬局の人に相談するといいかもしれません。

かえって悪化する可能性があるので、水ぶくれができているところや水ぶくれが割れたところは自分の判断で勝手に薬を塗らないようにして下さいね!

日焼けの後のケアを怠るとシミやシワの原因になるので、呉々も日焼けの後のケアは手を抜かないようにしましょう。

内側からのケア


画像名

日焼けにいいのは「ビタミンC」です!

【ビタミンCが含まれるフルーツや野菜】
・レモン
・イチゴ
・キウイ
・アセロラ
・黄ピーマン
・赤ピーマン
・パセリ

日焼けの後のケアにはもちろん日焼けをする前に摂取することで予防にもなるようです。

ただしレモンやキウイやアセロラには紫外線を吸収する成分も含まれているので、日焼け予防よりも日焼け後のケアのために摂取をするのがいいですね。

食べることで日焼け後のケアや予防になるのはうれしいですね^^

日焼け予防で食べるなら断然イチゴがオススメ!

イチゴは洗うときにヘタを取るとその部分から水と一緒にビタミンCも流れてしまうので、ヘタをつけたまま洗うとビタミンCが一緒に流れるのを防げます。

化粧水や薬などの外側からの対処だけではなく、内側からも対処をするとより効果的かもしれませんね。

まとめ


日焼け後のケアや対処法について紹介しましたが、いかがでしたか?

日焼けをした後に赤くなった時は必ず放っておかないで赤くなった部分を冷やして、水ぶくれができた時は病院を受診しましょう。

長時間外出をする時は日焼け止めによりますが、2~3時間おきに日焼け止めを塗りなおし、肌が弱い人はできるだけ日に直接顔や腕があたらないように日焼け対策をしておいて下さい。

もし顔や腕が赤くなったらその後の正しいケアや対処法をおこなうことで悪化するのを防げます。

正しいケアや対処法を知り、楽しい夏を過ごしましょう^^


スポンサードリンク