夏になると毎年必ずと言っていいほど、集団食中毒のニュースをみかけます。

食中毒と聞くと、飲食店の衛生管理を怠ったから起こったもので、自分の家は大丈夫と思い込んでませんか?

実は食中毒は家庭の食事でも発生しており、症状が軽かったり発症する人が少ないことから、風邪や寝冷えだと思われがちで食中毒と気づかないまま過ごす人が多いのです。

しかし、時に家庭での食中毒は重症化することもあるので油断はできません。

今回は、これから夏の季節に向けて起こりやすい食中毒の原因や症状、潜伏期間や対処法・予防法についてご紹介します。

スポンサードリンク


食中毒の原因


食中毒とは、食中毒の原因である細菌やウイルスが含まれた食品を食べることで発症する病気のこと。

傷んだ食品を食べることによって起こるのも食中毒の1つですが、その他にも食中毒は、原因となる物質によって種類が分けられ、それぞれ対処法や予防が異なります。

細菌性食中毒


文字通り細菌によって発症する食中毒で、「感染型」「毒素型」の2種類に大別されます。

感染型


画像名

細菌が体内で増殖し病原性を持つことで起こる食中毒で、魚介類や食肉・鶏卵などに多いとされ、特に生物を食べる時は注意が必要です。

腸管出血性大腸菌O157、サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、赤痢菌などがこれにあたります。

毒素型


画像名

細菌が食品の中で増殖し毒素を発生したものを食べたことで起こる食中毒で、おにぎりやサンドイッチなど傷んだ穀物食品を食べることで発症することが多いとされています。

黄色ブドウ球菌、セレウス菌、ボツリヌス菌などがこれにあたります。

ウイルス性食中毒


ウイルスによって起こる食中毒で、ウイルスに汚染された食品や水を摂取したり、ウイルス感染者のつば、便、嘔吐物を介したりして発症します。

ノロウイルス、ロタウイルスがこれにあたり、冬場になると流行します。

その他の食中毒


食中毒のほとんどは、細菌かウイルスが原因によるものですが、それ以外が原因で食中毒になることがあります。

自然毒食中毒


画像名

動物や植物が本来持っている毒成分によって起こる食中毒で、ふぐや毒キノコなどを食べることで発症します。

「美味しそうなキノコ」と、自生しているキノコを安易に食べてはいけません。

化学性食中毒


化学物質によって起こる食中毒で、主に洗剤や農薬の誤飲、食品添加物の摂取から発症します。

寄生虫食中毒


画像名

生鮮魚介類や肉類、水などに潜んでいる寄生虫によって起こる食中毒で、サバによく潜んでいるアニキサスがこれにあたります。

食中毒の症状


主な食中毒は、細菌とウイルスが原因となる食中毒です。

これらの症状について、食中毒の原因別に以下にまとめました。

細菌性食中毒(感染型)


【細菌性食中毒(感染型)の症状】
・腹痛
・下痢
・発熱(38~40℃)
・嘔吐

サルモネラ属菌に感染した場合は上記の症状の他に、脱力感、倦怠感の症状が出ます。

細菌性食中毒(毒素型)


【細菌性食中毒(毒素型)の症状】
・腹痛
・下痢
・吐き気、嘔吐

ボツリヌス菌に感染した場合、上記症状の他に視力障害、言語障害、えん下困難、呼吸麻痺の症状も現れます。

ウイルス性食中毒


【ウイルス性食中毒の症状】
・激しい吐き気
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・発熱(38℃以下)

食中毒の潜伏期間


食中毒の潜伏期間は、食中毒の原因となった菌によって異なります。

今回は、細菌性食中毒とウイルス性食中毒の主な原因となっている菌の潜伏期間と回復までの期間をまとめました。

細菌性食中毒


サルモネラ(感染型)

【潜伏期間】
5時間~72時間(平均12時間)

【回復】
2~3日

カンピロバクター(感染型)

【潜伏期間】
2日~7日 潜伏期間が長い。

【回復】
4~5日

腸炎ビブリオ(感染型)

【潜伏期間】
10時間~24時間(短い時は2~3時間)

【回復】 
平均4~5日

黄色ブドウ球菌(毒素型)

【潜伏期間】 
1時間~5時間

【回復】 
1日

ボツリヌス菌(毒素型)

【潜伏期間】 
8~36時間

【回復】 
1~2日

セレウス菌(毒素型)

【潜伏期間】
嘔吐型:1時間~5時間 
下痢型:8時間~16時間

【回復】 
1~2日

細菌性食中毒の場合、感染型よりも毒素型の潜伏期間が短く回復も早い傾向にあるようです。

感染型の場合は、潜伏期間が長いせいか回復に時間がかかる傾向にあります。

食中毒が辛いのは嘔吐と下痢症状が続くことなので、なるべくならば早く症状が治まり回復したいですよね。

ウイルス性食中毒


ノロウイルス(ウイルス性)

【潜伏期間】
24時間~48時間

【回復】 
通常3日程度

ノロウイルスは、夏場に多い細菌性食中毒と異なり冬に流行する食中毒になります。

また、貝類・魚介類などの食物からの感染もありますが、感染力が強いため人から人への二次感染が多いのもこの食中毒の特徴です。

潜伏期間も長く回復にも時間がかかるため、高齢者や幼い子供が罹った場合は、脱水症状にならないよう気を付けて見守る必要があります。

スポンサードリンク


食中毒の対処法


画像名

食中毒にかかってしまうと、下痢や嘔吐でトイレと寝室を往復する方も多いのではないでしょうか。

中には嘔吐や下痢が辛く、一時しのぎの対処法として市販の吐き気止めや下痢止めを飲む方もいらっしゃるかと思いますが、実は食中毒の多くは自然治癒で治るんです。

食中毒になると、体内に入ったウイルスや細菌を身体が排除しようとして、嘔吐や下痢の症状がでます。

そして、ウイルスや細菌を全て排出したら、食中毒の症状は治まってしまうのです。

ところが食中毒の症状がつらいからと言って、対処法として市販の吐き気止めや下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスや細菌の排出が阻害されてしまうので、食中毒の症状が長引いてしまいます。

症状が辛くても薬は飲まずに我慢しましょう。

ただ、下痢や嘔吐と一緒に水分も排出されてしまうので、脱水症状を防ぐためにこまめに水分補給を忘れないようにしてください。

また、乳幼児が食中毒に罹った場合、そのまま自然治癒に任せるのは間違った対処法です。

乳幼児は重症化する可能性が高いので、早めに病院へ連れて行くのが正しい対処法になります。

食中毒の予防


食中毒の予防は、細菌性食中毒かウイルス性食中毒かによってそれぞれ対処法が異なります。

細菌性食中毒の予防


手洗いの徹底


手には様々な雑菌が付着しており、その中には食中毒を引き起こす菌が潜んでいることも。

食中毒の原因菌やウイルスを手から食物に付けないよう、外出先から家に帰ったとき、調理を始める前、食卓に着く前には必ず手を洗いましょう。

調理器具の洗浄・殺菌


画像名

生の肉や魚には食中毒菌が付着していることが多いので、肉や魚を切ったまな板などの調理器具は、使用の都度きれいに洗浄・殺菌を行いましょう。

肉や魚を切る前に野菜を切るのも食中毒を防ぐのに有効です。

また、調理器具の殺菌には熱湯が有効ですが、熱湯を沸かすにも浸けておくのにも時間がかかるので、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を使用すると短時間で殺菌できます。

食品は低温で保存


細菌の多くは高温多湿な環境で増加しやすくなりますが、冷蔵庫内の10度以下で増殖のスピードがゆっくりとなり、冷凍庫内のマイナス15度以下では細菌の増殖がストップします。

日本の夏は高温多湿で菌が増殖しやすいので、スーパーから帰ったならばすぐに食品を冷蔵庫にいれましょう。

買い物の途中で寄り道などをすると、菌がさらに増殖してしまうのでご注意を。

また、冷蔵庫内の食品は菌の増加がゆるやかになっただけなので、早めに食べるようにします。

加熱処理


食中毒を引き起こすほとんどのウイルスや細菌は熱によって死滅するので、肉や魚、野菜は加熱して食べるようにしましょう。

特に肉料理は中心までしっかりと火を通し、中心部を75度以上で1分以上加熱すると菌は死滅します。

ウイルス性食中毒の予防


冬に流行するウイルス性食中毒の約9割が生ガキや魚介類に多く潜んでいるノロウイルスが原因によって起こると言われています。

ノロウイルスは感染力が強く、感染者からの二次感染の予防が最も重要になります。

ノロウイルスの予防法は以下のようになります。

手洗いをこまめに行う


手洗いによって、手指についているノロウイルスのほとんどは洗い流されるので、こまめな手洗いを徹底しましょう。

手洗いするときは市販の石けんで十分です。

ノロウイルスの滅菌には次亜塩素系の消毒液がいいとされていますが、それは感染者の吐しゃ物の処理をするときの話で、人体に直接触れるととても危険なので使用しないようにしましょう。

食品はしっかり加熱調理をする


ノロウイルスが多く潜んでいるとされている貝類や魚介類はしっかり加熱調理するようにしましょう。

しっかりと加熱処理すれば感染することはありませんが、高齢者や幼い子供、体調の悪い人が不十分な加熱状態で食べると感染リスクが高まります。

高齢者や幼い子供はノロウイルスにかかると脱水症状に陥り、命の危険にさらされるので、食べるのを避けるのが良いでしょう。

二次感染の予防


画像名
ノロウイルスは感染力が強く、二次感染による感染リスクがとても高い食中毒。

感染者の吐しゃ物や排泄物を処理した際は手洗いうがいを必ずするのはもちろんのこと、感染者の吐しゃ物で床を汚してしまった場合は、以下のように処理します。

【感染者の吐しゃ物・排泄物の処理方法】

1.ゴム手袋をして吐しゃ物を素手で触らないように気を付ける

2.使い捨てできる布やティッシュペーパーなどでふき取る

3.ふき取ったものはビニール袋に入れて外に漏れないように捨てる

4.吐しゃ物で汚れた床は次亜塩素酸系の漂白剤を100倍に薄めたペーパータオルにしみこませて拭く

5.30分経過したら、最後に水拭きをしておく

吐しゃ物で汚れた衣類やシーツも次亜塩素酸系の漂白剤に浸けて消毒してから、必ず他の衣類とは別に洗濯しましょう。

ボツリヌス菌による食中毒


画像名

ボツリヌス菌といえば、2017年2月に乳児がハチミツ入りの離乳食を継続摂取したことで亡くなった痛ましいニュースがありましたよね。

1歳未満の赤ちゃんは、腸が未熟なためはちみつに含まれるボツリヌス菌の増殖を抑えることができません。

そのためボツリヌス菌が腸内で増殖し毒素を産出した結果、赤ちゃんの筋力低下を招いてしまうのです。

このことから、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないよう母子手帳に記載されていますし、厚生労働省からも啓発が出ています。

私を含め、我が子の命を守るためにも新米ママはしっかりと覚えておきましょう。

まとめ


食中毒の原因や症状、潜伏期間や対処法・予防についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

私は冬に貝類や魚介類を食べないのにも関わらず、毎年のようにノロウイルスに感染してしまいます。

今回、調べたことを元に過去の自分を振り返ってみると、ノロウイルスに感染した家族を看病する際、吐しゃ物の処理に次亜塩素系の漂白剤を使用していたのですが、床の消毒には使用していませんでした。

消毒が不十分だったため、ノロウイルスに二次感染してしまったようです。

二次感染の予防方法が分かったので、今年はきっとノロウイルスには感染しないでしょう。

その他にも食中毒の予防や対処法について正しい知識を身に着けたので、家庭内で食中毒を出さないよう気を付けていきたいと思います。

皆さんも、食中毒に気を付けて楽しい夏を過ごしましょう。


スポンサードリンク