画像名

女性の中には、生理前に生理痛をはじめとするいろいろな症状に悩まされている方が多くいます。

生理痛どころか発熱・吐き気・めまいなどの生理とは関係のなさそうな症状が起きるという話も耳にします。

これらを月経前症候群といいますが、あなたのその発熱・吐き気・めまいなどの辛い症状はなぜ起こるのか知っていますか?

一見生理とは関係なさそうですが、実はしっかりと原因があるのです。

そこで月経前症候群の起こる原因と発熱や吐き気やめまいなどを含めた症状についてまとめてみました。

スポンサードリンク


月経前症候群を知る


月経前症候群の症状はなぜ引き起こされるのでしょうか?

女性の人生の中で大きく体調の変化が現れる生理・妊娠・出産・更年期には、どうやら2つの女性ホルモンが大きく関係しているようです。

それらを「エストロゲン」「プロゲステロン」といいますが、ここでは女性ホルモンの役割や生理周期について説明します。

エストロゲン(卵胞ホルモン)について


画像名

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは女性らしい体を作り妊娠のための準備をする働きがあります。

脳の下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されると卵巣が反応し卵巣の中に眠るたくさんの卵胞の中からいくつかの卵胞が成長を始めます。

やがて成長した卵胞からエストロゲンが分泌され、受精が起こると子宮内膜を厚くして受精卵が着床しやすい環境を整えるのです。

エストロゲンの働き


・卵胞の成熟を促す

・子宮内膜を厚くし受精卵の着床を助ける

・子宮に精子が入りやすくするため経管粘液の分泌を促す

・自律神経の働きを整える

・基礎体温を下げる

・骨の形成抑制する

・女性らしい体を作る

・肌質や髪質を良くする

エストロゲンには肌質や髪質を良くする作用もあるため、生理前に肌荒れが始まり生理後に肌が回復するのは、生理前にエストロゲンが減り生理後にエストロゲンが増えるために起こります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)について


画像名

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンとも言われ、基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くし妊娠を維持する働きがあります。

そのため妊娠をするためにはプロゲステロンの分泌が正常であることが大前提となるようです。

成熟した卵子は卵胞から飛び出すことで排卵されますが、卵巣に残された卵胞は変化し黄体化することでプロゲステロンを分泌するのです。

その一方で、プロゲステロンにはマイナスの働きもあり分泌量が多すぎたりすることで、精神的に不安定になったり肌荒れや便秘も引き起こしてしまいます。

妊娠中に便秘やマタニティーブルーになったり生理前に肌荒れが起こるのはプロゲステロンの影響だったのです。

わたしも生理前の肌荒れや便秘には常に悩まされていますが、プロゲステロンの影響だったんだなぁと納得です。

プロゲステロンの働き


・基礎体温を上げる

・子宮内膜を厚くしふわふわの状態に維持する

・受精卵の着床後乳腺を発達させる

・肌荒れや便秘などを引き起こす

生理周期と女性ホルモン


画像名

生理周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンの量が増減するのですが、プロゲステロンは排卵後から増え黄体期に入り受精・着床するとそのまま多く分泌されます。

黄体期はいわゆるダイエットの効果がなかったり、肌荒れを起こしやすい言われる時期ですね。

そして妊娠しなかった場合はしばらくするとプロゲステロンが減少し、厚くなった子宮内膜が剥がれ落ち生理の経血となって排出されます。

プロゲステロンが減少し、生理が終わるころにエストロゲンが増えダイエットや美容に良いとされる時期に入ります。

女性の体の中ではこれらのことが繰り返され常にエストロゲンとプロゲステロンの量の増減が行われているわけです。

この2つの女性ホルモンの増減のうち黄体期と言われるプロゲステロンの量が多くなる時期に、女性ホルモンの変動がうまくいかなかったりプロゲステロンの量が多すぎたりすることが発熱・吐き気・めまいなどの月経前症候群の症状が起こる原因のひとつだと言われているのです。

月経前症候群が起こる時期は人によって違う!?


1.生理の1週間前くらいから始まり生理が始まると同時に終わる

2.生理の1週間前くらいから始まり生理が終わるまで続く

3.排卵直後から始まり生理が始まると同時に終わる

4.排卵後と生理前の2回に分けて症状のピークがあらわれる

一般的に多いとされる月経前症候群の症状の出る時期を4パターンあげましたが、人によってはさらに色々な症状の出るパターンがあり全員が同じわけではないようです。

スポンサードリンク


月経前症候群の症状と原因


月経前症候群の症状は女性ホルモンの影響により、自律神経の乱れや神経伝達物質であるセロトニンの低下が原因で現れます。

多くの方が経験する生理痛、そして発熱や吐き気やめまいなどの症状はなぜ起きるのでしょうか?

胸の張りや痛み


プロゲステロンが乳腺の発達を促し、乳腺内の血管が拡張して胸の張りや痛みが出ます。

むくみ


プロゲステロンには、体の中に水分と塩分を溜める働きがあるためむくみやすくなります。

さらに生活習慣や冷えやストレスなどが重なるとむくみがひどくなるようです。

腹痛と吐き気


画像名

生理前にプロスタグランジンという物質が急激に増えます。

このプロスタグランジンは子宮を収縮させ生理の時に経血を排出しやすくする働きがあるのですが、過剰に分泌されることで腹痛が起こります。

これが多くの女性が経験している生理痛のメカニズムです。

さらにプロスタグランジンは、子宮だけでなく胃腸にも作用してしまうため吐き気や下痢の症状まで出てしまうようです。

発熱


生理前になると体温が高くなりますが、これは妊娠の有無にかかわらずこれからの妊娠にそなえ毎月プロゲステロンの働きで子宮の温度を37.5度くらいに温めるために起こります。

そのため他の月経前症候群の症状と重なり「風邪を引いたかな?」「妊娠したかな?」と間違えやすくなるのです。

通常の月経前症候群の症状ですと、平熱と比べておよそ0.5度前後の発熱ですが、平熱より1度以上の発熱と吐き気などの他の症状がある場合は月経困難症の疑いがあるので産婦人科で相談してください。

さらに生理が始まっても発熱が治らない場合は月経前症候群や月経困難症以外の病気が疑われるので、早めに病院で相談してください。

わたしも2人目の妊活中に、発熱や吐き気やだるさを感じて「やった!2人目出来たかも!」と意気揚々と主人に報告をしたけれどただの生理でガッカリしたとゆう経験があります。

イライラや不安


画像名

エストロゲンとプロゲステロンの影響により、生理前や妊娠中に神経伝達物質であるセロトニンが減少します。

この影響で生理前にイライラしたり、普段ならそんなことは言わないはずなのに攻撃的な言葉を言ってしまったり、感情が不安定になりうつのような状態になってしまうのです。

眠気


セロトニンはメラトニンという睡眠と関係するホルモンを作り出す物質のため、セロトニンが減少することでメラトニンの分泌も減少し眠りが浅くなったり熟睡できない症状が出ます。

さらにプロゲステロンから分解して作られるアロプロゲステロンという物質には強い催眠作用があります。

そのため2つの原因が重なって、いつもより強い眠気に1日中おそわれる状況になりやすいのです。

食欲が増える


やはりこちらもセロトニンの低下が原因で、血糖値を通常の状態に保つことが困難になり血糖値が低下します。

それにより血糖値を上げるために食欲が増えてしまうのです。

わたしも生理前の食欲には毎月とても悩まされています。

食べても食べてもお腹いっぱいになる気がしないので毎月食欲と自制心との戦いに苦労しています。

肩こりや頭痛


画像名

自律神経には体を活発に動かす交感神経と体を休ませる副交感神経があるのですが、女性ホルモンの影響によりこれらのバランスが乱れどちらかが優位になります。

そして交感神経が優位になり体が緊張状態になることで、血管が収縮し血行が悪くなり肩こりや頭痛が起こります。

冷えや疲れ


自律神経のバランスが乱れると体温調節機能もうまく動かなくなり体が冷えやすくなります。

さらに体が冷えることで疲れやだるさ、イライラも起こりやすくなるという悪循環が生まれてしまうのです。

めまい


画像名

プロゲステロンには体内に水を溜めこむ働きがあり、全身の細胞が水を溜めこもうとすることで平衡感覚を維持する内耳にも水が溜まりめまいが起こります。

またプロゲステロンは血糖値を下げるインスリンの働きを弱めてしまうので、それにより体は急激に上がった血糖値を維持しようと一生懸命血糖値を下げます。

そのことで低血糖になりめまいの原因となるのです。

月経前症候群ではありませんが生理中にも経血が排出されるために貧血になり、そのことが原因でめまいが起きる方も多くいます。

症状が重くなる原因


月経前症候群の症状は、全く無い人も軽い人も重い人もいます。

では、どういったことが原因で症状が重くなるのでしょうか?

《症状が重くなる原因》

【ストレス】
 環境の変化や仕事や育児により、ストレスが溜まった状態だと症状の悪化につながります。

【乱れた食生活や嗜好品】
 アルコールを大量に飲む人や喫煙している人、カフェインを多く摂取する人は症状が重くなりやすいです。

【体力や免疫力の低下】
 病気や疲れなどにより体力や免疫力が低下すると症状も重くなりやすいです。

【まじめな性格】
 まじめ・几帳面・負けず嫌いなどの自分に厳しいタイプの人は、自分を追いこんでしまったり無理をしてしまいがちなので症状が重くなりやすいです。

まとめ


月経前症候群の症状や原因について調べましたが、生理とは関係がないように思われがちな発熱・めまい・吐き気などの症状にも原因があることが分かりました。

なぜ起こるのかわからなかった発熱・めまい・吐き気などの症状も原因が分かるだけで少し安心できるような気がします。

女性の体や健康を保つにはポイントである女性ホルモンの働きや生理周期をしっかりと把握することが重要だと言えます。

なんとなくは知っていても改めて調べてみると「なるほど!」と思うことがたくさんあり、私もとても勉強になりました。

是非自分の体のリズムを知り、素敵なライフスタイルをお楽しみください。

スポンサードリンク