画像名

「帝王切開」は出産するために必要な行為とはいえ「手術」のため傷跡が残ります。

プールに行ったり、温泉に入ったりなど人目に触れる可能性もあるので傷跡はなるべく消す事が出来たら嬉しいですよね。

また「傷がかゆい」「傷が痛い」などのトラブルが続く場合もあり、そのまま放っておくと帝王切開の傷跡が目立つようになってしまったり、化膿する危険性もあります!

そこで、この記事では帝王切開の「傷が痛い場合」「傷がかゆい場合」の対処法と「傷跡をなるべく綺麗に消す方法」をまとめました。


スポンサードリンク


傷跡が痛む場合の対処法は?


帝王切開後の痛みが傷の内面か外面かで対処法を2通り紹介します。

傷の内面が痛む場合


画像名

傷の内面が痛い場合は痛み止めの薬を使って対処しましょう。

「ロキソニン」などの鎮痛剤は使用可能な薬のひとつですが、痛み止めの薬は「入院中か退院後か」「授乳中かどうか」で使用できる薬が異なってきますので、傷が痛む場合は、まず医師に相談してください。

医師に相談する際、授乳中の方は「授乳中である事」を忘れずに伝えるようにしましょう。

痛みを我慢しての家事育児は大変なので、くれぐれも我慢は禁物です。

傷の外面が痛む場合


傷の外面が痛い場合は、主に服が傷に擦れる等して痛いと感じる場合が多いので、マタニティパンツを利用しましょう。

マタニティパンツは傷をすっぽり覆ってくれるので服に擦れる事が無く安心ですし、傷跡もパンツに隠れていれば見えることが無いので安心感があります。

私は傷が擦れる痛みがしばらく続いたのでマタニティパンツで対処しました。

かゆい場合の対処法は?


帝王切開の傷がかゆい場合、気になるとかゆみが増して更に気になってしまいますよね。

気になる対処法を選んで実践してみて下さい。

薬を使用する


かゆい時に使用可能な薬の種類は以下のように4つあります。

《塗り薬》

ステロイドを含む塗り薬と、保湿してくれる塗り薬があります。

《飲み薬》

アレルギーの方にも使われる「リザベン」が良く使われています。

《ステロイドテープ》

ステロイドなので効果は高いですが授乳中は避ける必要があります。

《ステロイド注射》

ステロイドなので効果は高いですがテープと同じく授乳中は避ける必要があります。

上からお手軽な順番、逆に下から効果が高い順に並んでいます。

全て医師の処方が必要なので、帝王切開を行った産婦人科もしくは皮膚科にに問い合わせてみて下さい。

授乳中の場合は使用できない薬もあるので注意が必要です。

触りすぎに注意!


画像名

帝王切開の傷跡は、ついつい気になってしまうかもしれませんが、特に術後しばらくの間はかゆい時もなるべく触らないようにしましょう。

傷に触ってしまうと、触った箇所からバイ菌が入って傷が感染してしまう場合があります。

治りも遅くなってしまいますし、傷跡が残る原因にもなってしまうので触り過ぎないようにしましょう。

保湿を心がけよう


傷跡は乾燥するとかゆみが強くなるので保湿を心がけましょう。

使用可能な薬でもあげたように、保湿する薬を皮膚科か産婦人科で処方して貰う事が出来ます。

オイルやクリームで保湿することも出来ますが、傷がまだ痛い間は塗り薬で対処するのがオススメです。

オススメのオイルやクリームについては、後述の『傷跡を綺麗に消す方法』の中で紹介したいと思います。

化膿している場合は即病院へ


画像名

かゆいだけなら急いで病院に行く必要もありませんが、化膿している場合は要注意です。

化膿している場合は、菌が入って帝王切開の傷跡が炎症している可能性があります。

放っておくと炎症が酷くなってしまうので、自宅で対処せずに今すぐ出産した産婦人科に問い合わせて下さい。

帝王切開で出産した知り合いのママが「傷跡がかゆいなあ」と思い少し見た目がおかしかったのに病院に行かなかったところ、化膿が酷くなってしまい大変だったそうです。

早めに対処すれば軽症で済むので出来るだけ早く病院へ行ってください。

スポンサードリンク


傷跡を綺麗に消す方法3選


気になる傷跡を消す対処法を3種類ご紹介します。

クリームで保湿する


傷跡がかゆい場合の対処法とかぶりますが、クリームやオイルで保湿する事が大切です。

オススメのクリームは「妊娠腺予防のクリーム」です。

妊娠腺予防用のクリームは妊娠中も使えるので成分も身体に優しいですし、妊娠中使っていて余ってらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

帝王切開してすぐの傷跡がまだ新しい間は使用せず1ヶ月検診で何も指摘されず、痛みも無ければ少量ずつ使っていきましょう。

1ヶ月検診等の担当医にクリームの使用の相談をする機会があれば、更に安心して使用出来ますので、タイミングがあれば相談を忘れずにしてみて下さい。

テープを小まめに貼り替える


画像名

傷跡が出ている状態だと、うっかり引っ掻いてしまったり乾燥しやすくなってしまいます。

引っ掻いたり乾燥したりすると傷跡が消えにくいのでテープを貼って対処しましょう。

手術後に傷跡に病院で貼って貰ったテープを、退院後も1年程度を目安に使用し続けるのがオススメです。

貼り替えの作業が面倒ですが、テープは入院中と同じように1週間に1度を目安に小まめに貼り替えると良いです。

テープが傷で覆われるので寝ている時などにうっかり引っ掻いてしまう可能性が無くなるので安心です。

手間をかければかけるほど傷跡を綺麗に消す事が出来るのでマメに続けましょう。

<テープを貼る時のコツ>

・傷跡が全て入るようにする

・テープの端が曲がらないように真っ直ぐ貼るようにする

・横切りの場合、傷跡と直角になるようにテープを貼る(何本か貼るイメージ)

・何本かテープを貼る場合は、はがれにくいように隣り合うテープが少し重なるように貼る

「1年も貼るのは面倒だな」と思っていたのですが、実際貼り続けたら同じ時期に出産したママより随分傷が綺麗になりました!

まだ目標としていたレベルまで消す事は出来ていませんし、個人差もあるかと思いますが私はとてもオススメしたい対処法です。

市販の物でも良いですし、産婦人科で処方されたテープを使い続けることも出来ます。

私は「アトファイン」というテープを1年間使い続けました。

産婦人科で処方されていたテープですが、1ヶ月検診の時に産院で買い足したあとはネットで探して定期的に購入をしていました。

美容外科などを受診


傷跡をどうしても綺麗に消す事を希望する方は最終手段である「美容外科」「形成外科」を利用して下さい。

少し他の対処法に比べて大掛かりになってしまいますが、レーザーで傷跡を目立たなくしたり、注射や形成手術を行うことが出来ます。

お金もかかってしまいますが、効果は期待出来ますよ。

昨年9月に2度目の帝王切開手術をうけました。
1人目の時にケロイドで悩んだので、
テープ、シリコンシート、漢方薬、様々なものを試しましたが、
1人目と同じような傷跡になりました。
産科の先生に美容形成外科への紹介状を書いて貰い、
受診してみると、傷を取って綺麗にしてくれてとのことでした。
保険外かと思って諦めてましたが、健康保険も使えるそうです。
一度美容外科を受診してみてはいかがですか?

引用元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0827/535236.htm


の方ように、これまでお世話になった産科の先生に「美容外科を紹介して貰えるか」確認してみるのも良いかもしれません。

お世話になった産科の先生に紹介して貰えるなら、安心ですよね。

ただし、いくら美容外科や形成外科で処置しても手術前のように傷跡を完全に消すことは不可能ですし、形成手術は「手術」なので痛い経験をもう1度することにもなります。

効果はありますが、あくまでほとんど目立たないような状態に消す事が出来るだけなので、受診前に術後の写真等を確認してみて下さい。

まとめ


帝王切開後の傷跡が痛い場合やかゆい場合の対処法と、傷跡を綺麗に消す方法についてまとめてみました。参考になりましたでしょうか?

痛みやかゆみがあまりにも長引く場合は、全て自分で対処せずに産婦人科や皮膚科を受診しましょう。

傷跡は完全に元通りに消す事は出来ませんが、手間をかければ元通りに近づけることは出来るので頑張ってみて下さいね。


スポンサードリンク