画像名

突然の発熱と耐えがたい胸の痛みを伴う乳腺炎は授乳中のママにとって悩みの種の1つではないでしょうか?

乳腺炎は重症化する前に病院に行かないと大変なことになると、頭の中では分かっているものの、家事や育児に忙しいと頻繁に病院にも行ってられないですよね。

また、赤ちゃんを連れて病院へ行くのをためらうママもいるのではないでしょうか?

できれば乳腺炎が重症化する前に自力で治す方法や予防法があれば試してみたいと思いませんか?

乳腺炎を自宅で治したいママのために、葛根湯での乳腺炎の治し方や食事やマッサージでの乳腺炎の予防法などについてまとめてみました。


スポンサードリンク


自力でできる乳腺炎の治し方


赤ちゃんに吸ってもらう


画像名

乳腺炎のしこりの取り方でもご紹介しましたが、乳腺炎を自力で治す一番の方法は、赤ちゃんに吸ってもらうことです。

乳腺炎は、乳腺に溜まった母乳が原因で炎症を起こすことによって、胸の痛みや発熱などの症状が出てきます。

赤ちゃんに母乳を吸ってもらうことで、溜まった母乳がなくなるので炎症も引いていきます。

ただ、赤ちゃんの授乳ペースには個人差がありますので、吸ってほしい時に吸ってもらえない場合があります。

その時は、辛いと思いますが赤ちゃんのペースに合わせて吸ってもらいましょう。

また、乳腺炎が重症化して乳腺が細菌感染を起こし、膿が溜まってしまった場合は、赤ちゃんに吸わせることができませんのでご注意ください。

搾乳を行う


乳腺炎を自力で治すには赤ちゃんに吸ってもらうのが一番の方法ですが、赤ちゃんは胃が小さいため、すぐにお腹いっぱいになってしまうので、ママが乳腺炎で辛くて吸ってほしい時に吸ってもらえない場合があります。

でも、赤ちゃんが吸っていない間にも、乳腺にどんどん母乳が溜まり、乳腺炎がさらに悪化していきます。

そんな時は、自力で搾乳(さくにゅう)をして、乳腺に溜まった母乳を出しましょう。

搾乳をする前に乳房をマッサージするとさらに効果的で、この治し方は乳腺炎が重症化して膿が出てきている場合にも活用できます。

しかし、搾乳をし過ぎるとママの脳が赤ちゃんの母乳が足りないと勘違いして、母乳をさらに多く作り出そうとしてしまいます。

その結果、母乳過多となり乳腺炎をさらに悪化させる原因となりますので、ご注意を。

葛根湯を飲む


画像名

乳腺炎を自力で治す方法として、よく挙げられるのが葛根湯を飲むという治し方です。

葛根湯には身体を温めて血行を良くする効果があり、母乳の通り道である乳管内の詰まりを解消する効果があるので、葛根湯を飲み身体を温めた後、乳房マッサージをして授乳や搾乳をすると、乳管内の詰まりが取れて乳腺炎の炎症が和らぎますよ。

また、漢方薬のため、乳腺炎の治療だけでなく、妊娠中のママや授乳中のママが風邪を引いた時に医師から葛根湯を処方されることもあります。

そんなママの万能薬である葛根湯ですが、乳腺炎で葛根湯を飲む時に1点注意すべきことが。

それは、熱が出たら葛根湯を飲まないこと。

乳腺炎で身体を温める治し方で効果が出るのは熱がでていない初期の段階で、熱が出てから葛根湯を飲み身体を温めると、乳腺炎の炎症をさらに広げて症状を悪化させてしまう恐れがあります。

乳房を冷やす


乳腺炎で熱が出ている場合は、乳腺内が細菌感染を起こしている場合があるので、病院へ行くのが一番です。

しかしながら、忙しくて病院へ行く暇がないというママもいるでしょう。

乳腺炎で熱が出ている時の治し方は、乳房を冷やすこと。

冷やすことで、炎症を抑えることができ、また一時的に母乳の生産を止めることができます。

その間に、搾乳で絞ったり、赤ちゃんに乳腺内に残った母乳を飲んでもらったりすることで、自力で乳腺炎を治すことができます。

但し、冷やし過ぎると母乳が生産されにくくなってしまうので、要注意。

保冷剤をガーゼやタオルに包んだり、昔ながらのジャガイモ湿布をつくり、乳房を冷やすと良いでしょう。

ジャガイモ湿布の作り方


ジャガイモ湿布の作り方はとても簡単です。

《ジャガイモ湿布の作り方》

1.ジャガイモをすりおろす

2.すりおろしたジャガイモをガーゼに包み、患部に当てる

湿布の形を整えるために小麦粉を加えたり、ジャガイモの殺菌をするためにお酢を加えたりする方法もありますが、熱がある時に面倒な作業をすると辛いですよね。

ジャガイモには、炎症を鎮める効果や血液の循環を良くする作用があるため、乳腺炎の痛みや炎症を取るのに効果があります。

また、乳房にずっと当てても保冷剤のように冷やし過ぎることもないので、身体に優しいというメリットも。

但し、稀にジャガイモが肌に合わずに痒くなることもあるので、その時は使用を中止しましょう。

スポンサードリンク


病院へ行くタイミング


上記では、乳腺炎を自力で治す方法についてご紹介しましたが、乳腺炎は重症化すると乳房切開し、乳腺に溜まった膿を出すという痛い処置をしなければならなくなります。

ただでさえ育児で大変なのに、こんな痛いことまでしたくないですよね。

そうならないためにも乳腺炎になったら早めに病院へ行くことをお勧めしますが、病院へ行くタイミングはあるのでしょうか?

《病院を受診するタイミング》

・初めて乳腺炎の症状がみられた場合

・動けないほどの高熱(38度以上)が出ている場合

・自力での治し方を試しても症状が改善しない場合

上記の場合は、自力での治し方ではさらに症状が悪化する可能性があります。

忙しくなかなか病院へ行きづらいと思いますが、重症化を避けるためにも早めに病院へ行きましょう。

乳腺炎の予防法


乳房マッサージでの予防法


授乳間隔が空くと胸が張ったり、痛くないしこりができたりしませんか?

これらは乳腺炎の兆候でそのままにしておくと乳腺炎になってしまいます。

そうなる前に、胸の張りやしこりを見つけたら乳房を優しくマッサージしましょう。

タオルを電子レンジで温めて、乳房を温めてからマッサージすると、血行が良くなるのでさらに効果的。

マッサージした後に授乳するとしこりや胸の張りがなくなって、すっきりします。

食事での予防法


WHO(世界保健機関)によると、欧米食のような高脂質・高塩分の食べ物は乳腺炎に関係していると考えられていますが、根拠はまだ解明されてないとのこと。

しかしながら、授乳中の私の経験上、脂っこいものを食べた次の日は胸のしこりができる可能性が高くなります。

このことから、乳腺炎の原因の一つに高脂質・高塩分の食事が挙げられそうです。

では、どんな食事をすれば乳腺炎を予防することができるのでしょうか?

授乳中は血液がさらさらになる食事を


画像名

母乳は母親の血液から作られており、ドロドロの血液から作られる母乳はドロドロになります。

ドロドロの母乳だと、乳腺炎になりやすいので、授乳中はサラサラの血液になる食事を心がけましょう。

サラサラの血液になるおすすめの食事は、煮物や野菜を中心とした和食

といっても、育児で忙しいママはなかなか和食を作る時間はないのではないでしょうか?

そんなママのためにおすすめなのが鍋です。

鍋ならば野菜もたくさん摂れますし、なにより野菜を切るだけなので簡単に作れます。

夏だったら、野菜がたくさん入ったスープも良いでしょう。

ストレス解消での予防法


画像名

ストレスが乳腺炎の直接的な原因になることはありませんが、ストレスが溜まると、免疫力が落ちるため乳腺に細菌が感染しやすくなり、乳腺炎になることも。

また、自律神経のバランスが崩れて、身体の血流が悪くなるため、血中に老廃物がたまりドロドロの母乳が作られやすくなります。

ドロドロの母乳は乳腺に詰まりやすいので、乳腺炎のしこりができやすくなります。

育児だけでも大変なのに、乳腺炎になったらママはもっと大変です。

乳腺炎になる前に適度なストレス解消をしましょう

短時間、パパに赤ちゃんを見てもらって、昼寝をするだけでもストレス解消になります。

ママのストレス解消とイクメン育成のためにも、ママはどんどんパパに育児を任せちゃいましょう。

まとめ


乳腺炎を自力で治す方法と予防法について、よく知られている食事とマッサージでの予防法や葛根湯での治し方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

実は私も乳腺炎の経験者で、一番最初に乳腺炎を発症した際は、病院へ行きましたが、2回目以降は自力での治し方や予防法を実践しています。

1回乳腺炎になったことで、乳腺炎になる前兆が分かってきたので、しこりができたら痛くなる前に頻回授乳を行ったり、身体を温めてマッサージをしたりして重症化する前に治すよう努めています。

また、乳腺炎の予防のために栄養バランスのいい食事を摂るよう努力していますが、育児や家事に追われるとどうしても食事がおろそかに。

そんな私の食事法は味噌汁にたくさん野菜を入れて具沢山にすることで、これならば夏でも難なく食べられますよ。

是非、お試しください!


スポンサードリンク