画像名

毎年夏になるとペルセウス座流星群が観測できるチャンスが到来します。

普段は流星群が観測できるとニュースで聞いても、翌日が平日だと中々起きて観測するのは難しいですよね。

ところが、2017年のペルセウス座流星群は、土曜日から日曜日にかけてピークを迎えます。

お盆休みや夏休みの時期でもあるので観測しやすいし、夏休み中の子供達にとっては絶好の「自由研究」対象!

そこで、この記事では2017年のペルセウス流星群の「観測時間帯やピークの時間帯」「観測出来る方角」「観測に適した場所」などについてまとめました。

スポンサードリンク


ペルセウス座流星群の観測時間帯


ペルセウス座流星群の観測時間帯やピークについてご紹介します。

《ペルセウス座流星群観測時間帯》

【観測可能時間帯】

・8月12日の21時半頃~8月13日の明け方頃

【ピークの時間帯】

・8月13日の4時頃

2017年のペルセウス座流星群の観測出来る時間帯は8月12日の21時半頃~8月13日の明け方頃ピークの時間帯は8月13日の4時頃です。

明け方近くに近付くにつれて流星群の数が増すので、早めに就寝して明け方に起きたほうがゆっくり流星群を見ることが出来ますね。

また8月13日~14日にかけても、量は減ってしまいますが流星群を観測出来る可能性があります。

真夏なので夜遅くても寒さを心配しなくても済むので、いずれの日にちでも、なるべく遅い時間からの観測をオススメします。

ペルセウス座流星群の観測出来る方角


画像名

流星群は中心となる点(輻射点・ふくしゃてん)から放射状に流れ出るのですが、その中心となる点の近くにある星座の名前を用いて「××座流星群」と呼ばれます。

つまりペルセウス座流星群は、ペルセウス座の近くを中心として放射状に流れ出るのですが、実際には空のあちこちで見ることが出来るため、特に観測に適した方角はありません。

いろいろな方角で流星群が観測できるので、視界が狭くなく、広く見渡せるような場所を選びましょう。

ただ残念な事に8月12日~8月13日は月があまり欠けていない時期なので、月明かりが観測の邪魔になってしまいます。

なるべく月明かりが視界に入らない方角を選ぶのが観測のポイントです。

観測に適した場所


ペルセウス座流星群の観測に適した場所は、具体的にどのような場所でしょうか?

《観測に適した場所》

1.街の灯りが少ない場所

2.視界が開けた場所

8月12日~8月13日は、月明かりも明るく、星や流星群は月明かりでかき消されてしまうため、なるべく暗い場所での観測をオススメします。

道路の近くやビルの近く、街灯の多い場所を避け、周りに灯りが少ない場所を事前に調査しておきましょう。

また前述したように、ペルセウス座流星群は、特定の方角ではなく空のあちこちで見ることが出来ます。

ところが視界が狭い場所だと視界の範囲でしか流星群を見ることが出来ないため、何個もの流星群を見逃してしまう可能性が。。。

折角の流星群ですから、できるだけ沢山の流れ星を見たいですよね?

視界が広く開けた場所で観測するようにしましょう。

適していない場所で観察すると、見える量も半減してしまうので、是非オススメの観察場所で流星群を観察してみて下さい。

スポンサードリンク


観測する際の注意点


画像名

《ペルセウス座流星群を観測する際の注意点》

1,望遠鏡を使用しない

2.肩こり、首の疲れに注意

3.虫の対策を忘れずに

4.流星群が見えなくてもすぐ諦めない

普段、星座を観察するのには望遠鏡を使用するイメージがあるかもしれませんが、望遠鏡を使用することで視界が狭くなってしまうので望遠鏡は流星群の観察に望遠鏡は適しません。

それよりも屋外でシートなどを敷いて横になって観察すると、夜空を一望できますし、観察に夢中になりすぎて「肩が凝った」「首が痛い」なんてことにならずにすみますよ。

ただし屋外で観察する場合、夏は蚊にさされたり虫が飛んでくると観察どころではなくなってしまうので、虫除けスプレーを持参するなど、虫の対策を忘れずに行いましょう。

そしてなにより大切なのは根気強さです。

流星群もピークの時間帯以外は、見える時間と見えない時間もあるので、すぐ諦めずに根気強く観察しましょうね。

眠くならずに観測を続ける方法


2017年のペルセウス座流星群のピークの時間帯は4時と、普段ならば寝ている方の多い時間帯です。

夜空を見上げているとついウトウト、シートに寝転んでいれば尚更睡魔に負けそうに。。。

そんな時にはどうしたら良いのでしょう。

そこで眠くならずに済む方法をご提案!

《眠くならずに観測を続ける方法》

1.願い事をする

2.誰が何個観測出来たか家族で競争する

流れ星と言えば願い事!

定番中の定番ですが、たくさん流星群を見ることが出来たらハッピーな気持ちになれますし、夢中になって願い事をしていたら眠気なんて吹っ飛んじゃいそうですね。

また、家族間で誰が何個観測できたかを競うのも楽しそうです。

果たして何個見つけることが出来るでしょうか。

ネットのキャンペーン


画像名

国立天文台では、例年キャンペーンを行っており、今年も「夏の夜、流れ星を数えよう 2017」というキャンペーンが行われます。

2017年8月10日(木)正午~2017年8月16日(水)正午まで、流星が見えた数の報告を受け付けるそうです。

ピークの時間帯はとても盛り上がりそうですね。

ご家族で参加してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

国立天文台 ペルセウス座流星群キャンペーン

まとめ


2017年のペルセウス座流星群の観測時間帯やピークの時間帯、観測出来る方角や、観測に適した場所についてまとめてみました。参考になりましたでしょうか?

ピークの時間帯は明け方4時と朝に近い時間帯なので、家族や友人と観測するなど眠気対策を行いましょう。

ペルセウス座流星群はどの方角でも観測出来ますが、なるべく街灯りの無い、開けた場所で観測して下さいね。

スポンサードリンク