画像名

暑い夏がやってくると、毎日のように熱中症で緊急搬送された方のニュースが流れます。

熱中症で緊急搬送される人は、炎天下の中、運動や作業をしている人だけで自分には関係ないと思い込んでいませんか?

実は熱中症は車内や部屋の中など、激しい運動をしていなくても、気温と湿度が高い環境にいると年齢や性別関係なく、誰でも発症します。

熱中症は重症化すると命の危機にさらされることもある恐ろしい症状です。

自分の命や大切な人の命を守るためにも、熱中症の原因と初期症状、食事や寝不足、湿度との関係について知っておきましょう。


スポンサードリンク


熱中症とは


熱中症とは気温と湿度の高い環境に長時間いることで、体温調整機能が乱れてしまうことで生じるさまざまな症状のことを言います。

熱中症は、症状の重さに応じて4つのタイプに分けられます。

熱失神


画像名

熱失神は以下のメカニズムで引き起こされます。

【熱失神が起きるまで】

1.暑さにより皮膚の血管が広がる

2.血管が広がるが、血液の量は増えないので血流量が減少する

3.血圧の低下

4.脳へ送られる血流量が減少

5.熱失神

熱失神が起きると、めまい、顔面蒼白、脈が一時的に弱くなる、失神するなどの症状があらわれます。

いずれも軽い症状なので、水分補給をしたり木陰でしばらく休んだりすると回復しますので、熱失神でいきなり倒れた人がいても慌てずに、手当を行いましょう。

熱けいれん


画像名

熱中症の予防のために、水と塩分を補給するよう言われたことはありませんか?

実は、汗をかくことによって、体内の水分だけでなく塩分も流れていってしまうのです。

今は、スポーツドリンクがあるので、水分補給と一緒に塩分も手軽に補給できるようになりましたが、中には甘いジュースみたいなスポーツドリンクが苦手で水やお茶ばかり飲む人もいるのでは?

しかしながら、汗をかいて水分だけを補給すると血中の塩分濃度が下がり、手足の筋肉のしびれが起きます。

これが熱けいれんで、初期の場合は手足の一部分のしびれだけなので、塩分を補給することで症状は落ち着きます。

スポーツドリンクが苦手な人は、熱けいれんを防ぐために塩飴や梅干しなどを水と一緒に摂りましょう。

熱疲労


画像名

熱疲労とは大量に汗をかき、体内の水分や塩分が共に足りなくなり重度の脱水症状を起こしている状態のことを言います。

脱水症状はそのまま放っておくと命にかかわる重い症状です。

気分が悪くなったり、頭痛や吐き気を伴ったりする場合は、すぐに運動や作業を止めて涼しい場所で水分補給をしましょう。

熱疲労は熱失神や熱けいれんよりも重い症状なので、回復してもその日は作業を中止し、休むことをおすすめします。

熱射病


画像名

熱射病は熱疲労よりもさらに脱水症状が悪化し、体温調整が働かなくなるため、汗をかくことができなくなります。

そうなると、体内に熱がこもりっぱなしで体温がどんどん上がっていき、40℃を超えてしまうことも。

市販されている体温計が42℃までしか測れないのをご存知でしょうか?

私たちの身体は、体温が42℃を超えると細胞が破壊され、中枢神経や心臓、肝臓などの臓器に致命的な障害を引き起こし、死に至ることもあります。

つまり、体温が40℃を超えたら死亡してしまう可能性が高くなるということなので、この場合は直ちに救急車を呼びます。

熱中症の原因


環境による原因


熱中症の原因は「環境による原因」「身体的な原因」の2つに分けられます。

まずは環境による原因からみていきましょう。

【環境による原因】

・気温と湿度が高い環境にいる

・強い日差しにさらされている

・通気性が悪く、部屋に風が通らない

・厚着をしてしまう

環境による原因を見てみると、気温だけでなく湿度が高い環境にいると熱中症になることが分かります。

気温が高いと熱中症になるのは想像できますが、湿度がなぜ熱中症に関係するのでしょうか?

私たちは気温が高く暑いと感じると汗をかき、汗が気化する際に体内の熱を放出し、体温を下げます。

気温が高くても乾燥している場合は汗が気化し体内の熱が放出されるので、身体に熱がこもることがなく体温が一定に保たれますが、湿度が高いと汗をかいても湿度によって汗が気化しにくくなり、体内の熱を放出しにくくなります。

つまり湿度の高い環境は、体内の熱が放出しにくく、身体にこもってしまい体温が上がりやすくなるので、熱中症になる危険が高くなるのです。

身体的な原因


次に身体的な原因について以下にまとめてみました。

【身体的な原因】

・激しい運動などで体内温度が上がり、汗を大量にかいた

・暑さにからだが慣れていない

・疲れや寝不足、病気などによる体調不良

・食事で甘いものを摂りすぎて脱水症状が進んだ

・夏の食欲不振で満足に食事が摂れず体力が落ちていた

炎天下の中運動や作業をしていることも原因の1つですが、ここで注目したいのは寝不足と食事です。

寝不足と熱中症の関係


まず寝不足と熱中症の関係についてですが、夏の暑い日は寝苦しくてどうしても寝不足になりがち。

寝不足になると、自律神経の乱れを起こし体温調節機能が低下し、老若男女関係なく熱中症を発症しやすくなってしまいます。

寝不足になる原因は、室内の気温や湿度が高く良い睡眠をとることができないからなので、寝る前はクーラーや扇風機を活用して心地よい睡眠空間を作りましょう。

また、炎天下の中、元気に遊ぶ子供たちの寝不足にも気を付けましょう。

子どもが夏休みに入ると、学校がないため夜遅くまで起きて寝不足になりがちです。

子どもは自分で睡眠をコントロールすることができないので、寝不足にならないよう、親がしっかりと管理する必要があります。

食事と熱中症の関係


画像名

次に食事と熱中症の関係についてですが、夏は暑くて食欲が出ない人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、食事を摂らずに運動や作業を行うと、汗をかくことによって水分だけでなく塩分やミネラルも体外に流れていくので、熱中症になりやすくなります。

また、暑いからと言って食事の代わりに甘いアイスやお菓子を食べるのも熱中症の原因になります。

食事の代わりに甘いものを摂りすぎると、上がった血糖値を正常に戻そうと身体が糖分を排出しようとします。

糖分は、尿として排出されるのですが、その時に水分も大量に排出されるので、脱水症状が進んでしまう可能性も。

熱中症にならないためには、作業や運動をする前にバランスのいい食事を摂ることが大切になります。

スポンサードリンク


熱中症の初期症状


画像名

熱中症は、重度になると命に関わるので、初期症状になるべく早く気づいて対処する必要があります。

【熱中症の初期症状】

・めまい、身体のほてり

・筋肉痛や手足のけいれん、こむら返り

・倦怠感

・吐き気

これらの症状は、炎天下で運動や作業をしている人が起きる症状で自分には関係ないと思いこんでいませんか?

熱中症は外だけでなく、車の中や室内でも起こる可能性があります。

近年、日本の夏は異常な暑さですので、外で作業していてもいなくても関係なく、誰が熱中症になってもおかしくありません。

その中でも特に注意していただきたいのが高齢者の方々。

近年、高齢者の熱中症による緊急搬送が増えており、そのほとんどが室内で発症しています。

高齢者は、暑さを感じにくいだけでなく、体内調整機能が低下しているので、特に熱中症になりやすいのです。

一人暮らしの高齢者がいるご家族は、夏場は密に連絡を取り、水分補給や部屋の温度調整をするよう伝えましょう。

熱中症の対処法


炎天下で作業や運動をする時、室温が高い部屋にいる時に先ほど述べた熱中症の初期症状が1つでも当てはまったら、熱中症を疑いましょう。

早めに気づけば自分で対応することができ、すぐに回復できます。

また、熱中症の症状がみられる人を見つけた場合も対処法を知っていれば、落ち着いて対応できます。

ここでは、熱中症の初期症状が出た場合の対処法について、また救急車を呼ぶタイミングについてご紹介します。

初期症状の対処法


涼しい場所へ移動


画像名

体調が悪い中、炎天下にいると汗をかき、さらに脱水症状を加速させます。

まずは涼しい場所へ移動し、身体の外からの熱を避けましょう。

建物の近くであれば冷房がある部屋へ、なければ木陰に移動するだけでも日差しを遮ることができるので効果的。

衣服を緩める


衣服を着たままだと、服の中に熱がこもってしまい、体温を下げるのを妨げてしまいます。

衣服を緩めて、風通しを良くし、汗による身体の熱放出を促します。

身体を冷やす


熱中症で、体温40℃以上になると命に関わる可能性が高まります。

まずは、保冷剤や冷たいタオルで身体を冷やしましょう。

太い動脈が流れている、首の外側、脇の下足の付け根の前部分を冷やすと効果的です。

水分補給をする


意識がはっきりしており、吐き気などがない場合は水分補給を促します。

この時、水やお茶ばかり飲ませると、塩分濃度が低下してしまうので、スポーツドリンクや経口補水液を飲ませます。

また、これらの飲み物はできるだけ冷たいものを飲ませます。

冷たいものを飲むことによって、身体の内側から体温を下げることができます。

救急車を呼ぶタイミング


画像名

熱中症で以下の症状が見られた場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

【救急車を呼ぶタイミング】

・自分で水分補給ができない

・汗をかかない

・熱が40℃近くある

これらの症状が1つでも当てはまった場合は、素人では対処できないほど熱中症が重症化している可能性があります。

涼しい場所で身体を冷やしながら、救急車を待ちましょう。

また、上記の症状に当てはまらなくても、何度も嘔吐する、立ち上がれないほど衰弱しているなど気になる症状があれば、迷わずに救急車を呼びましょう。

まとめ


熱中症の初期症状と原因についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

食事や寝不足、不規則な生活も熱中症の発症と関係しているとは驚きですよね。

実は私も、学生の頃、炎天下の中水泳部の練習をしていた際に、軽度の熱中症になったことがあります。

プールの中で練習をしていたのですが、水分補給を怠っていたため、脱水症状を起こし、練習後に頭痛が酷くしばらく起き上がることができませんでした。

めまいもひどかったのですが、幸い、水分補給は自分でできたので、マネージャーが用意していたスポーツドリンクを涼しい部屋でたくさん飲んだら症状が落ち着きました。

プールの中で熱中症になるとは思っていなかったので、とても驚くとともに、どこにいても水分補給と休憩は大切だなと改めて感じました。

このように、自分ではこんな場所で熱中症なんて起こらないだろうと思っていても、条件が合えばどこでも誰でも熱中症を発症します。

いつどこで、誰が熱中症になっても冷静に対応できるよう、しっかりと対処法を学んでおきたいものです。


スポンサードリンク