画像名

少子化が進んでいる昨今は、生涯でお子さんを1人もしくは2人しか産まない方も増え、産みわけを強く希望する方もいらっしゃいます。

産婦人科で実際に産み分けに使用されている「産み分けゼリー」があることをご存知ですか。

いくら産婦人科で処方される物とはいっても、実際の効果や副作用などが気になりますよね。

私自身が女の子の産みわけを希望しているため、産婦人科で「産み分けゼリー」を処方や説明を受けたことがあります。

そこで、この記事では女の子を産み分けしたい場合に使われる、ピンクゼリーの効果や成功確率、副作用などのリスクを調査してまとめました。



スポンサードリンク


男の子・女の子が生まれる理由


画像名

赤ちゃんの性別はいつ、どんな風に決まるのか、皆さんご存じですか?

男性の精子と女性の卵子が受精することで赤ちゃんが生まれることは、皆さんご存じだと思いますが、男性の精子にはX精子とY精子があり、X精子が卵子と受精すると女の子が、Y精子が受精すると男の子が生まれます。

つまり受精の瞬間、X精子・Y精子どちらが卵子と受精したかによって、赤ちゃんの性別は決まるんですね。

女の子になるX精子に比べて、男の子になるY精子の方が数が若干多いため、産み分けなどの対策を何もしないで妊娠すると、僅かですが男の子の確率が高くなります。

X精子とY精子の違い


前述した女の子になるX精子と男の子になるY精子には、ある特徴があります。

X精子Y精子
酸性に強い酸性に弱い
動きが遅い動きが速い
寿命が長い
(平均2〜3日)
寿命が短い
(1日程度)


赤ちゃんになる前の段階から男女の違いがあるというのも、不思議な気がしますね。

女の子を産むための方法


女の子になるX精子と、男の子になるY精子の違いを利用する事で、女の子を産み分ける事が可能です。

女性の身体は妊娠出産出来るように上手く作られており、一般的に、排卵日が近くなると女性の膣内がアルカリ性になり、排卵日から遠くなると酸性に保たれるようになっています。

そのため排卵日の2日前頃に性交を行う事で、酸性に強いX精子に有利な環境を作ることが出来ます。

更にX精子とY精子の寿命を考慮して、排卵2日前に性交を行った後は、禁欲するとバッチリ!

寿命の長いX精子は排卵日2日前からでも生き残る事が可能ですが、Y精子は排卵日を待たずに死んでしまう確率が高まるので、より女の子の産み分けの成功確率がアップします。

この時、ピンクゼリーと呼ばれる産みわけゼリーを使用すると、膣内を酸性に保つ効果があるため、更に確率を高めることが出来るんです。

産み分けゼリーの使用方法と効果


画像名

ピンクゼリーは前述のように排卵日2日前に使用します。

【使用方法】

1.40度前後のお湯で、ゼリーを温めて溶かす

2.注射器で膣内に挿入する

3.なるべく腰を高くして液がこぼれないようにする

4.5分待って、なるべく浅めに性交を行う(この時あまり女性を刺激しないように淡白に行うと良い)

ピンクゼリーは膣内を酸性に保つ効果があり、X精子に有利でY精子に不利な状況を作り出す事が可能なので、ピンクゼリーを使用したほうが女の子が生まれる確率がアップします。

産み分けゼリー使用時の成功率


ピンクゼリーを使用した場合の成功確率は、排卵日2日前に性交を行う事が出来た場合「75%程度」です。

これは実際に私が産婦人科の先生に聞いた数値で、普通に妊娠した場合は約50%なので、25%アップすることになりますね。

産院から家に帰って主人にこの話をしたところ、サッカー好きの主人は「うーん確かに、サッカーの味方チームのボール所持率が50パーセントと聞くと、負けそうな気もするけれど、75パーセントって聞くと今夜は絶対に勝てるぞ!って気分になるもんなぁ、そうだなぁ、25パーセントは大きいな。なんだか上手くいきそうな気がするな。」と言っていました。

これを効果ありと思うか無しと思うかは、人それぞれですが、人生で何度も妊娠出来るわけではないので、そこそこ高い数値なのではないでしょうか。

産み分けゼリーの副作用


画像名

産み分けゼリーを使用した場合、産み分けの効果の代わりに副作用はあるのでしょうか。

産婦人科の担当医によると、産み分けゼリーを使用した場合に子供や母体への影響は全く無いそうです。

「精子と似た成分だから、精子を殺すような作用は無いよ。安心して使って下さい。」という助産師さんと、担当医の言葉にホッとしました。

ピンクゼリーを利用したことで、副作用として流産してしまったり、障害が残ったりということは無いので安心です。

ただしピンクゼリーの副作用ではありませんが、何事にもデメリットはあるもの。

【ピンクゼリーのデメリット】

・排卵2日前に性交を行った後は禁欲が必要なため、妊娠の確率が下がる

・膣内を精子の半分近くを占めるY精子の苦手な酸性に変えるため、その分妊娠の確率が下がる

女の子を産み分けるため、妊娠可能である排卵前日や排卵当日に禁欲しなければならないことや、本来なら受精可能な精子の数が約半分ほどになってしまうことから、妊娠の確率そのものが下がってしまう事は十分考えられます。

「妊娠確率が下がるくらいなら男の子でも良い」という方は、やめておいたほうが良いかもしれませんね。

私は産婦人科でこの解説を聞いて、「是非使いたい」と感じたため、ピンクゼリーを処方して頂きました。

まとめ


女の子を産み分けしたい場合に使用されるピンクゼリーの効果や成功する確率、副作用などのリスクについてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?

ピンクゼリーは効果がありますが、排卵日2日前に使用する事で効果を高めることが出来るので、通院するか排卵検査薬を使用するなどして、排卵日を断定することが必要です。

ゼリーが産まれてくる赤ちゃんやママの体に害をなすなどの副作用はありませんが、産み分け自体が妊娠確率を下げることになりますので、妊娠確率をアップさせるのが優先か、女の子を産み分ける事が優先かを考える必要がありますね。

ピンクゼリーは産婦人科や通販で手に入れる事が出来ますので、女の子を産み分けしたい決心が出来た方は、入手して使用してみて下さい。


スポンサードリンク