画像名

少子化が進んでいる昨今は、生涯でお子さんを1人もしくは2人しか産まない方も増え、産みわけを強く希望する方もいらっしゃいます。

産婦人科で実際に産み分けに使用されている「産み分けゼリー」があることをご存知ですか。

いくら産婦人科で処方される物とはいっても、実際の効果や副作用などが気になりますよね。

私自身が女の子の産みわけを希望しているため、産婦人科で「産み分けゼリー」を処方や説明を受けたことがあります。

そこで、この記事では女の子を産み分けしたい場合に使われる、Pink Jellyの効果や成功確率、副作用などのリスクを調査してまとめました。

スポンサードリンク


女の子の産み分けなら特許取得のジュンビ−「ピンクゼリー」がおすすめ





女の子の産み分けならジュンビ−のピンクゼリーが成分や安全面でお勧めです。

詳しくは後ほど紹介しますが、ネットで購入できる類似品の産み分けゼリーは雑貨扱いで本来体内に入れてはいけない物。

その点、ジュンビ−のピンクゼリーは産婦人科医と共同開発を行って特許も取得した「管理医療機器」の産み分けゼリーだから安心です。

もし、女の子の産み分けを真剣に考えている方は「ジュンビ−のピンクゼリー」を試してみてはいかがでしょうか?

【ジュンビ−の公式サイトはこちら】
産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー

男の子・女の子が生まれる理由


画像名

赤ちゃんの性別はいつ、どんな風に決まるのか、皆さんご存じですか?

男性の精子と女性の卵子が受精することで赤ちゃんが生まれることは、皆さんご存じだと思いますが、男性の精子にはX精子とY精子があり、X精子が卵子と受精すると女の子が、Y精子が受精すると男の子が生まれます。

つまり受精の瞬間、X精子・Y精子どちらが卵子と受精したかによって、赤ちゃんの性別は決まるんですね。

女の子になるX精子に比べて、男の子になるY精子の方が数が若干多いため、産み分けなどの対策を何もしないで妊娠すると、僅かですが男の子の確率が高くなります。

X精子とY精子の違い


前述した女の子になるX精子と男の子になるY精子には、ある特徴があります。

X精子Y精子
酸性に強い酸性に弱い
動きが遅い動きが速い
寿命が長い
(平均2〜3日)
寿命が短い
(1日程度)


赤ちゃんになる前の段階から男女の違いがあるというのも、不思議な気がしますね。

女の子を産むための方法


女の子になるX精子と、男の子になるY精子の違いを利用する事で、女の子を産み分ける事が可能です。

女性の身体は妊娠出産出来るように上手く作られており、一般的に、排卵日が近くなると女性の膣内がアルカリ性になり、排卵日から遠くなると酸性に保たれるようになっています。

そのため排卵日の2日前頃に性交を行う事で、酸性に強いX精子に有利な環境を作ることが出来ます。

更にX精子とY精子の寿命を考慮して、排卵2日前に性交を行った後は、禁欲するとバッチリ!

寿命の長いX精子は排卵日2日前からでも生き残る事が可能ですが、Y精子は排卵日を待たずに死んでしまう確率が高まるので、より女の子の産み分けの成功確率がアップします。

この時、Pink Jellyと呼ばれる産みわけゼリーを使用すると、膣内を酸性に保つ効果があるため、更に確率を高めることが出来るんです。

産み分けゼリーの使用方法と効果


画像名

Pink Jellyは前述のように排卵日2日前に使用します。

【使用方法】

1.40度前後のお湯で、ゼリーを温めて溶かす

2.注射器で膣内に挿入する

3.なるべく腰を高くして液がこぼれないようにする

4.5分待って、なるべく浅めに性交を行う(この時あまり女性を刺激しないように淡白に行うと良い)

Pink Jellyは膣内を酸性に保つ効果があり、X精子に有利でY精子に不利な状況を作り出す事が可能なので、Pink Jellyを使用したほうが女の子が生まれる確率がアップします。

産み分けゼリー使用時の成功率


Pink Jellyを使用した場合の成功確率は、排卵日2日前に性交を行う事が出来た場合「75%程度」です。

これは実際に私が産婦人科の先生に聞いた数値で、普通に妊娠した場合は約50%なので、25%アップすることになりますね。

産院から家に帰って主人にこの話をしたところ、サッカー好きの主人は「うーん確かに、サッカーの味方チームのボール所持率が50パーセントと聞くと、負けそうな気もするけれど、75パーセントって聞くと今夜は絶対に勝てるぞ!って気分になるもんなぁ、そうだなぁ、25パーセントは大きいな。なんだか上手くいきそうな気がするな。」と言っていました。

これを効果ありと思うか無しと思うかは、人それぞれですが、人生で何度も妊娠出来るわけではないので、そこそこ高い数値なのではないでしょうか。

産み分けゼリーの副作用


画像名

産み分けゼリーを使用した場合、産み分けの効果の代わりに副作用はあるのでしょうか?

産婦人科の担当医によると、産み分けゼリーを使用した場合に子供や母体への影響は全く無いそうです。

(この発言はあくまでも産婦人科で処方されるpinkjellyの場合です)


「精子と似た成分だから、精子を殺すような作用は無いよ。安心して使って下さい。」という助産師さんと、担当医の言葉にホッとしました。

Pink Jellyを利用したことで、副作用として流産してしまったり、障害が残ったりということは無いので安心です。

ただしPink Jellyの副作用ではありませんが、何事にもデメリットはあるもの。

【Pink Jellyのデメリット】

・排卵2日前に性交を行った後は禁欲が必要なため、妊娠の確率が下がる

・膣内を精子の半分近くを占めるY精子の苦手な酸性に変えるため、その分妊娠の確率が下がる

女の子を産み分けるため、妊娠可能である排卵前日や排卵当日に禁欲しなければならないことや、本来なら受精可能な精子の数が約半分ほどになってしまうことから、妊娠の確率そのものが下がってしまう事は十分考えられます。

「妊娠確率が下がるくらいなら男の子でも良い」という方は、やめておいたほうが良いかもしれませんね。

私は産婦人科でこの解説を聞いて、「是非使いたい」と感じたため、Pink Jellyを処方して頂きました。

産み分けゼリーを購入するなら


女の子の産み分けを考えていらっしゃる方に「産み分けゼリーと言えば?」と問いかけたら「Pink Jelly」と答える方が多いのではないでしょうか?

産婦人科での取り扱いもあるため広く知られている「Pink Jelly」ですが、前項でもご紹介したように、使用前に湯煎で溶かしたり、体内に注入するための注射器は使い回しだったりと、ちょっと使い辛さを感じることも…

そんな産み分けゼリーの使い辛さを解消した全く新しい「ピンクゼリー」が、2017年8月25日にジュンビー株式会社から発売開始されました。



産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー



「産婦人科で扱っているPink Jellyが新しくなったの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ジュンビー株式会社から発売された「ピンクゼリー」は、産婦人科で扱っている産み分けゼリーとは全くの別物です。

そこで、ジュンビーから発売された「ピンクゼリー」と産婦人科で扱っている「Pink Jelly」その他にも「産み分けゼリー」としてネット上で購入可能な商品がいくつかありますので、特徴や違いなどについてご紹介したいと思います。

産み分けゼリーの種類


 ジュンビーのピンクゼリー産婦人科で処方される
Pink Jelly
ベイビーサポートハローベビーガール
販売会社ジュンビー株式会社株式会社RRスギヤマ株式会社 Coussinet(CSN)シンゲンメディカル株式会社
生産国日本製日本製日本製日本製
成分全公開非公開全公開全公開
区分管理医療機器管理医療機器雑貨雑貨
内容量10本入5回分7本入7本入
価格14800円15000円13800円10000円
1本あたりのコスト1480円3000円約1971円約1428円
関連サイトピンクゼリー公式サイト
(http://pink-jelly.jp/)
生み分けネット
(https://www.umiwake.jp/index)
ベイビーネット公式サイト
(http://baby-support.jp/alp/)
ハローベビー潤滑ゼリーオンラインショップ
(http://www.hellobaby-shop.jp/index.html)


ジュンビーと他社製品との違い


現在インターネットで入手出来る「産み分けゼリー」はジュンビーのピンクゼリー・産科で扱うPink Jelly・ベイビーサポート・ハローベビーガールが主なものになりますが、ジュンビーのピンクゼリーとどのような違いがあるのでしょうか?

ジュンビーは産婦人科と共同開発


ジュンビーのピンクゼリーは、日本初の産婦人科医と共同開発した産み分けゼリーです。

「日本初」というところがちょっと驚きなのですが、何にせよ、妊娠と出産の専門である産婦人科医との共同開発ならば、産み分けを考えている女性にとって、ジュンビーのピンクゼリーはとても安心できる商品と言えるのではないでしょうか?

ジュンビーは使い切りでお手軽・清潔


これまで産み分けゼリーと言うと産婦人科で取り扱う「Pink Jelly」を思い浮かべる方も多いと思いますが、この産婦人科で取り扱うPink Jellyの欠点は↓

・使用前に湯煎で溶かす必要がある

・体内に注入する注射器は使い回しになるため衛生面で不安



上記の欠点をクリアしたのが、ジュンビーのピンクゼリー。

湯煎の必要がないので手軽に使えますし、使い切りタイプなので衛生面も安心です。

ジュンビーは管理医療機器


ジュンビーのピンクゼリーは「管理医療機器」の認証を受けた商品です。

管理医療機器って聞き慣れない言葉ですよね。

管理医療機器とは

高度管理医療機器以外の医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合において人の生命及び健康に影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聞いて指定するものをいう。

引用元:https://www.j-mdc.com/classificatonj.html


ちょっと難しいですが、要するに「体内で使用する機器は厚生労働省が指定した第三者機関の承認を受けなければならない」ということ。

身近なところで言うと、コンタクトレンズや生理用タンポンなども管理医療機器にあたります。

では管理医療機器ではない商品は何になるかと言うと「雑貨」

「雑貨を体内で使用する」と考えると、かなり不安ですよね・・・

本来、管理医療機機器でなければ体内へ入れる事はできないのですから、類似品の産み分けゼリーを購入検討している方は注意してくださいね。


使用してみた感想は?


2017年8月25日に発売開始となったジュンビーのピンクゼリー。

発売開始からまだ日が浅いのですが「使用した感想」が次々寄せられていますので、見てみましょう。

管理医療機器であったり特許取得だったりと、心配性な私の不安を全て解決してくれた商品で大満足です。

りっくんママ

妻も私も使う前は少し不安でしたが、皆さんの口コミ通りとても使い勝手がよく、雰囲気が壊れることなく使えて夫婦で満足しています。

K.T

使い心地が不安でしたが、思ってたより違和感なく使えました。こんなに簡単ならもっと早くから使えばよかったです。

無記名

産婦人科医との共同開発だし、ベビ待ちサポート専門会社の商品だったので選びました。何より安心感が購入の決め手になりました。

りおママ

引用元:http://pink-jelly.jp/


やはりジュンビーのオススメポイントである「産婦人科医との共同開発」「管理医療機器」などの安心感が、購入の決め手になっているようですね。

使用感も違和感がなく、皆さんに喜ばれているようです^^

ジュンビーの公式サイトはこちら。
産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー

今ならキャッシュバックでお買い得


ジュンビーのピンクゼリーなら「おめでたキャッシュバック」のキャンペーン中なので、2箱以上のまとめ買いがお得に購入できます。

確かに安い物ではないので「まとめ買い」は躊躇しちゃうかもしれませんが、2箱「まとめ買い」をすると、1箱14800円が、2箱で26600円と3000円もお安く購入することができます。

更にまとめ買いの特典として、

  • 葉酸サプリ(定価4980円)プレゼント
  • さらに送料・代引き手数料も無料

また1箱目で、めでたく妊娠された場合には「おめでたキャッシュバック」で未使用のピンクゼリー1箱を10000円で買い取って貰えるんです。

「それなら、思い切って3箱まとめ買いしちゃう?」思う方もいるかもしれませんが、買い取って貰えるのは1箱までになりますので、2箱セット購入がオススメです。

なお、キャンペーンの対象になるのは、下記の条件を満たした方。

・公式サイトから購入頂いた方

・2箱セットまたは3箱セットをご購入頂いた方

・日付入りエコー写真をメールでお送りいただける方


「おめでたキャッシュバック」について、詳しくはピンクゼリー公式サイトをご確認ください。
産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー

まとめ


女の子を産み分けしたい場合に産婦人科で処方されるPink Jellyの効果や成功する確率、副作用などのリスクについて、またジュンビーより発売が開始された産み分けゼリー「ピンクゼリー」の他社商品との違いなどについてもご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

妊娠は本来「コウノトリのご機嫌に任せて」なのかもしれませんが、産み分けが出来る事ならチャレンジしたいとお考えの方も多いでしょう。

もし産み分けゼリーを使って産み分けにチャレンジしたいとお考えなら、価格や使い勝手も当然ですが、是非安全である事を考えて商品を選んでくださいね。


ジュンビーの公式サイトはこちら。
産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー



スポンサードリンク