画像名

「そろそろ赤ちゃんが欲しいな」と思った時に、「男の子だったら良いな」「女の子だったら良いな」と赤ちゃんの性別についても希望がある方も多いはず。

私も1人目の妊娠の際から「女の子だったら良いなあ」と思い、産まれてきた1人目の男の子もとっても可愛いのですが「次こそ是非女の子を!」という密かな思いを抱いています。

実は排卵検査薬を使って男女の産み分けが可能だという話を聞いたことがありますか?

どうすれば排卵検査薬で男女の産み分けが出来るのか、気になりますよね?

そこで、今回は排卵検査薬を使ってのタイミングの取り方や、産み分けの方法、排卵検査薬の正しい使い方についてお伝えしたいと思います。


スポンサードリンク


産み分けに必要な基礎知識


もうご存知な方も多いかもしれませんが、まずはじめに簡単に男女の産み分けの方法について説明させて頂きたいと思います。

女の子が産まれるか男の子が産まれるかは精子の種類によって決まり、X精子が女の子、Y精子が男の子になります。

受精直後の小さな細胞の状態で、既に性別が決まってしまうなんて、なんだか神秘的ですよね。

X精子とY精子の特徴は下記の一覧表をご覧下さい。

X精子Y精子
酸性に強い酸性に弱い
動きが遅い動きが速い
寿命が長い
(平均2〜3日)
寿命が短い
(1日程度)


女の子になるX精子は長生きで、男の子になるY精子はあまり長く生きられないという特徴があります。

もちろんこれは産まれた後の話ではなく、あくまでも受精するまでの話なので、男の子が欲しいと思っている方も安心して下さいね。

男女の産み分け方法は?


ここで問題です!残念ながら景品は何もありませんが、お時間がある方は少し考えてみて下さい。

「精子の特徴を利用して、女の子、もしくは男の子をどのようにして産み分ければ良いでしょうか?」







それでは答え合わせです。

男の子の産み分け方法


長生き出来ずに、スピードが速いY精子は、排卵日に近ければ近いほど有利!

排卵日に近い時期、もしくは排卵日を狙ってチャレンジすることで男の子の産み分けの確率がアップしますよ。

女の子の産み分け方法


長生きで、スピードが速いX精子は、排卵日から遠い方が有利!

排卵日に近い時期だとY精子との競争に負けてしまうため、なるべく排卵日から遠い日にチャレンジする事で、女の子産み分けの確率を上げることが出来ます。

見事正解できましたか?

男の子を産み分ける場合も、女の子を産み分ける場合も、排卵日を知る事が必要です。

排卵日の確認方法


画像名

それでは、排卵日を知るにはどのような方法があるのでしょうか。

【排卵日を知る方法】

・産婦人科で、エコーなどを利用して卵子の育ち具合を確認して貰う

・おりものの質や、身体の状態などで予想する

・生理周期から予想する

・基礎体温を測る

・排卵検査薬を使用する

上記5つの方法が一般的ですが、この中で一番確実なのは「産婦人科で、エコーなどを利用して卵子の育ち具合を確認して貰う」方法です。

ただし排卵日4~6日ほど前から定期的に通う必要があるため、費用もかさみますし受診に時間も取られてしまいます。

そこで、今回は2番目に確実な排卵日を知る方法「排卵検査薬を使用する」についてお伝えします。

排卵検査薬について


画像名

排卵検査薬には、妊娠検査薬のようなスティック状の物と、リトマス紙のような小さな紙状のものがあります。

どちらも尿を数秒かけて、しばらく置いたあと、判定線が出るかどうかで判定を行います。

それでは具体的に排卵検査薬の使い方や、男女の産み分けのタイミングの取り方をお伝えします。

排卵検査薬の仕様と使い方


排卵検査薬の具体的な使い方についてお伝えします。

【排卵検査薬の使い方】

・生理が終わった1週間後くらいから、1日に1回尿をかけて検査を行う

・少しでも反応があった場合や、自分で予想した排卵日が近付いた場合は、なるべく日に2回以上検査を行う

・結果が出るまでに少し時間がかかるので、検査薬を水平に置き1分程待つ

【排卵検査薬の仕様】

・市販の排卵検査薬では、排卵日の1日前くらいから陽性反応となる

・排卵が終わると、判定線の色が少しずつ薄くなっていく

妊娠検査薬で陽性の反応が出てから半日~1日後が排卵日になりますので、排卵検査薬の結果を参考に、男女の産み分け方法に合わせてチャレンジしてみて下さい。

病院に行かなくても詳しく排卵の予定が分かれば、男女の産み分けだけでなく妊活にも利用出来ますよ!

毎日欠かさずチェックを行わないと薄い陽性線が出たときに「排卵前」なのか「排卵後」なのか判断できなくなってしまうので、注意してくださいね。

使い方さえ覚えてしまえば簡単に排卵日をチェックする事が出来るので、正しい使い方をして、正確な結果を得るようにしましょう。

産み分けのタイミングの取り方


実際に排卵検査薬を使用した男女のタイミングの取り方は、どのようにすれば良いのでしょうか。

男の子の場合


まずは男の子を希望する場合のタイミングの取り方です。

男の子を希望する場合は、男の子になるY精子が有利になるように、なるべく排卵日付近でチャレンジをする必要があります。

そのため排卵検査薬が、ほぼ完全に陽性になるまでは禁欲するなどしてチャレンジを控えてください。

排卵検査薬の判定線が濃く(陽性に)なったら産み分けタイミング到来!

万全の状態でこの日を待ちましょう。

女の子の場合


次に女の子を希望する場合のタイミングの取り方です。

女の子を希望する場合は、女の子になるX精子が有利になるように、なるべく排卵日付近でのチャレンジは控えましょう。

いくら寿命が長いX精子でも、あまりにも排卵日が遠くては力尽きてしまいますので、排卵日の2~3日前(排卵検査薬が反応する2日前くらい~排卵検査薬が反応するまでの間)がタイミングとなります。

市販の排卵検査薬では排卵日の2~3日前は知ることが難しいので、排卵検査薬が反応するまでの間、こまめにタイミングを取りましょう。

後述しますが、精度の高い排卵検査薬でタイミングを取る場合はこの限りではありません。

女の子を希望する場合の方が、細かいタイミングを確認しなければいけないので、タイミングの取り方はちょっと面倒ですよね。

私も女の子を希望しているので、ちょっと手間はかかっていますが、それでも女の子と一緒に買い物出来る日を楽しみに日々頑張っています!

スポンサードリンク


オススメの排卵検査薬


画像名

最後に私が使用しているオススメの高精度な排卵検査薬「A-CHECK」をご紹介したいと思います。

高精度ですので、女の子の産み分けに特にオススメですが、男の子を産み分ける場合でも高精度の方がより成功率がアップしますよ!

「A-CHECK」の特徴

・感度が良い(排卵日の3日半ほど前から陽性反応を確認出来る)

・大量購入できて、費用が安い

息子を妊娠した時もこの排卵検査薬にお世話になっており、うっすら陽性~完全に陽性になるまでの間チャレンジをするというタイミングの取り方を取り続けることで、たった2周期で妊娠が叶いました。

薬局で売られている排卵検査薬は少し精度が低かったため、この排卵検査薬を気に入って使っています。

実際に「A-CHECK」を使う場合のタイミングの取り方をご紹介しますね。

女の子の場合


女の子を産み分けたい場合は、うっすら陽性~完全陽性の一歩手前になるまのタイミングでチャレンジして下さい。

完全陽性になってしまうと男の子になる確率が高くなってしまいますので、注意が必要です。

うっすら陽性の判断は難しいので、排卵日が近付いたら1日に何回か(3時間~5時間置きくらい)チェックすると良いですよ。

男の子の場合


男の子を産み分けたい場合は、ほぼ陽性~完全陽性の1日後くらいまでがベストタイミングです。

A-CHECKは精度が良くかなり早い段階から陽性線が出てきますので、薄く色づき始めたら「そろそろ排卵日だな」と思ってください。

男の子の産み分けに使用する場合は、テスト線と判定線がほとんど同じくらいの濃さになるまで待ってくださいね。

注意点


生理の14日前が排卵日ですから、一度「A-CHECK」の完全陽性の日を確認した後、14日後に生理がくるかどうかを確認して次の周期から狙ったほうが確実ですよ。

私は、この「A-CHECK」の持ち手の部分に、「2017/9/5 10時」のように日にちと時間を書いて1周期分保存するようにしていました。

前の回の物と比較が出来たほうが「どれくらい濃くなったのか」「陽性なのか陰性なのか」判断しやすいです。

まとめ


排卵検査薬を使った男女別のタイミングの取り方や、排卵検査薬の正しい使い方、私が実際使用しているオススメの高感度の排卵検査薬についてお伝えしましたが、参考になりましたでしょうか。

中には「妊娠出来るだけでも有難いことなのに、男女を産み分けするなんて」と心無いことを言う方も居るかもしれません。

でも「出来れば男の子」「出来れば女の子」と望むのは全然悪いことではないと思っています。

男女の産み分けを成功できるよう排卵検査薬を使用して、ベストタイミングを取って下さいね!


スポンサードリンク