画像名

お友達や親戚に赤ちゃんが産まれると、出産祝いをして一緒に喜び合いたいものですが、出産祝いを渡すのにも産後のお母さんのことや、赤ちゃんのことを考えると「いつ渡したらいいんだろう?」と気遣うことも多いですよね。

親しき仲にも礼儀ありと言うように、せっかくのお祝いも失礼があっては気持ちが伝わらなくなってしまいます。

出産祝いを渡すからにはぜひ喜んでいただきたいですよね!

そこで、出産祝いを渡す時期はいつが良いのか?渡し方やタイミングについて調べました。

スポンサードリンク


出産祝いを渡す時期


まずは出産祝いを渡す時期って、いつ渡すのが正しいのか迷うところですよね。

一般的には生後7日お七夜から、生後1ヶ月のお宮参りの間に贈るのがベストなタイミングとされています。

ちなみにお七夜とは赤ちゃんの名前を神棚に飾ってお祝いすることで、お宮参りは神様へ赤ちゃんの誕生報告と、健康祈願のため神社に参ることを言い、お祝いが目白押しの時期なんですね^_^

1ヶ月をすぎた頃からお母さんも少しずつ普段の生活に戻る時期にあり内祝いの準備を始める方も多いようなので相手に二度手間をさせない為にも、それまでには渡すようにしたいですね。

また、渡す時期としてお七夜からと書きましたが、出産の状況によっては退院していない場合もあったりしますのでお母さんとお子さんの健康状態についても確認するようにしてください!

なかなか出会うタイミングがうまく合わず渡せなかったという理由で1年近く経ってしまった場合はお誕生日祝いという形で渡すようにしましょう。

病院へ行って渡す際のマナー


画像名

出産の報告を聞いたら「早く赤ちゃんにあいたい!」と思いますよね。

出産祝いもできれば直接渡したいと思うのもわかるのですが、基本的に入院中はタイミングとしてはお勧めしません。

お母さんは出産後とても疲れていますので、相手のことを第一に考えて配慮をしてあげましょう。

もし相手から誘われたりするようであれば伺うのも良いと思います。

注意するポイント


・必ず事前に連絡を取る

・当日の体調について確認をとる

・贈る側が風邪気味の場合は行かない

・短時間で帰るようにする

・入室前には手洗いをする


もし、タイミングが入院中しかあわないなどの理由がある場合は出産祝いの品物だけを先に郵送をするのも1つの方法です。

育児なども落ち着いてきた時期を見計らい、いつだったらいいのか確認をしてから赤ちゃんの顔を見せてもらいに伺うようにしてもいいですね。

お祝いは一般的に直接渡す事が礼儀とされているようですが、出産祝いに関しては郵送であっても失礼に当たらないとされているようですよ!

自宅に行って渡す際のマナー


画像名

出産祝いを渡すのに最も多いのは相手の自宅になるかと思いますが、ここでもいくつか気をつけるべきポイントがあります。

病院へ伺う際の渡し方で書いた、事前の連絡や自分の体調が悪い時は行くのを控えるといったことは自宅へ伺う時にももちろん同じです。

注意するポイント


・男の人は一緒に行かない

・自分の子どもを連れて行く際には通っている保育園や幼稚園で感染症が流行っている場合は連れて行かないか、行くのを控える

・新生児は抱っこしない


親しい仲にも相手への思いやりや配慮を忘れないようにしてほしいと思います。

実際、私も3人の子どもがいますが、友達や親族に子どもの誕生を共に喜んでもらえることは本当に嬉しいものです。

ですが、産後1ヶ月前後は体力的にも寝不足が続いたり疲れやすかったりする上に情緒も不安定な時期になります。

体調や子育てについて気遣いの言葉や、楽しい会話で気分転換ができるよう話題を選ぶようにしてあげるのも心遣いかなと思いますよ!

スポンサードリンク


出産祝いの渡し方


次に出産祝いの知っているようで知らない渡し方について見ていこうと思います。

形式にこだわりすぎて堅苦しくなるのは相手にも気を使わせすぎる可能性もあるのですが、最低限のマナーとしての渡し方を知っておくに越したことはないですよね。

のしの書き方

画像名
まず最初に《のし》ですが、色は白赤の蝶結びのものを使います。

表書きは上段には「御祝」「御出産祝」など書き、下段は苗字のみを書き、グループの場合は連名にするか、「○○一同」といった書き方にします。

仲が良い友達だったりするとわざわざのしまで…と省く方もいるようですが、やはりのしという一手間があるとちゃんとしたお祝いという印象を与えますよね ^_^

事前に渡すのはNG

いつ出産するかは大体わかるし「生まれてから渡す時期を悩むくらいなら先に渡してしまってもいいかな!」と考える人も多いのではないかと思います。

ですが、出産は何が起こるか分からずもしものことが無いとも言い切れないので事前に渡すのは控えるようにしましょう。

あらかじめほしいものをリサーチ

出産祝いを物にする場合は、欲しいものを事前に聞いておくとすでに用意しているものと重複したりせず、より喜んでもらえるものが贈れると思います。

授乳のことなども考えた贈り物を選ぶ

コーヒーギフトやお酒といったお祝いは選ばないようにしましょう。

カフェインやアルコールは授乳中の赤ちゃんに影響してしまう為、控えているお母さんも多いので、もし送るならノンカフェインのものを選ぶようにしたり、果汁100%のジュースなどを選ぶようにしてみてください。

雑貨屋さんなどに行くと意外にノンカフェインの紅茶やコーヒー、日本茶なんかも売れていて、中にはメッセージ付きの可愛いパッケージのものもあります。

以前コーヒー好きのお友達に「おめでとう!」のメッセージを添えてノンカフェインのコーヒーを出産祝いで贈ったら、ものすごく喜ばれました。

些細なことでも渡し方に気を配ることで、よりお祝いの気持ちが伝わると思います。

まとめ


出産祝いを渡す時期、渡し方やタイミングについて調べてきましたがいかがだったでしょうか?

いつ渡すのがいいのかという点だけでも気遣うポイントが多く感じてしまいましたが、何より大切なのは相手をお祝いしたいと思う気持ちですよね。

赤ちゃんが無事に生まれてきてくれたことを何よりも一緒に喜びながらお祝いしてあげてください ^^

スポンサードリンク