画像名

風疹(ふうしん)と麻疹(はしか)。

この二つの感染症の違いを知っていますか?

「麻疹の症状が軽くなったものが風疹」そんな風に考えている人も案外多いのではないでしょうか?

風疹と麻疹の症状は似ているところもあり、また風疹を「三日ばしか」と呼ぶこともあるので風疹と麻疹は同じようなものと勘違いしてしまう人もいるのかもしれませんが、実は風疹と麻疹は原因となるウィルスが異なる全く違う感染症なのです。

原因となるウィルスが異なれば当然ですが対処も違いますし、間違った対処をすればトラブルの原因になる可能性もあります。

そこで今回は風疹と麻疹の症状・抗体検査・予防接種などの違いや共通点などについてまとめてみました。



スポンサードリンク




風疹と麻疹について


まずは風疹と麻疹の原因ウィルス・症状・感染経路などについて違いをみてみましょう。


風疹について



画像名

風疹の原因となるウィルスは、トガウイルス科ルビウイルス属に属する風疹ウィルスです。

感染から14〜21日の潜伏期間の後、38℃程度の発熱と同時に発疹・リンパ節の腫れ・咳・ノドの痛み・目の充血などの症状が現れます。

症状は3〜4日程続き、4日目を過ぎると次第に症状が治まっていきます。

主な感染経路は飛沫感染です。

風疹ウィルスは感染力の強いウィルスですが、感染したから必ず発症するとは限らず、感染しても3割程度の人は発症することがないようです。


麻疹について


麻疹の原因となるウィルスは、パラミクソウイルス科モルビリウイルス属に麻疹ウィルスです。

感染から10日程の潜伏期間の後、3〜4日38℃程度の発熱が続き、一旦解熱、再度40℃近い発熱と共に発疹の症状が現れます。

麻疹の症状は1週間から10日程で治まります。

麻疹の感染力は非常に強力で、接触感染・飛沫感染・空気感染が主な感染経路で、感染するとほぼ100%麻疹を発症してしまいます。


麻疹の詳しい症状については、こちらをご覧下さい
麻疹(はしか)の症状と予防対策まとめ!感染経路や潜伏期間も調査


風疹と麻疹の違い



画像名


発熱や発疹など風疹と麻疹には共通の症状もみられますが、原因となるウィルスは異なり感染経路や回復までに罹る期間などの点で違いもみられます。

症状についても、風疹は発熱と同時に発疹の症状が現れることがほとんどですが、麻疹は3〜4日の発熱後一旦解熱した後再度の発熱と発疹が現れるなど、細かな点を比べるとその違いが分かります。

目に見える症状を比べると、風疹は麻疹に比べ発熱や発疹などの症状が比較的軽く回復までの時間も短いため「風疹なら症状が軽いから心配はいらない」と安易に考えてしまいがちですが、それは大きな間違いです。

風疹の最大の脅威は「妊婦が風疹に罹ると胎児への影響が発生する」可能性があることです。

もちろん「麻疹ならば妊娠中に罹っても大丈夫」という訳ではありません。

妊娠中に麻疹に罹ると、流産や早産のリスクが高まります。

しかし妊娠中(特に妊娠初期)に風疹に罹ると、胎児に難聴・白内障・心臓構造異常などの先天性風疹症候群 (CRS)と呼ばれる先天性の障害を引き起こす可能性があるとされています。

先天性の障害を引き起こす可能性の有無が、風疹と麻疹の一番大きな違いだと言えるでしょう。



スポンサードリンク




抗体検査と予防接種


先天性風疹症候群には、現在治療法がありません。

先天性風疹症候群を引き起こさないために重要なことは、妊娠中に風疹に罹らないことです。

風疹に罹らないようにするための最も有効な予防方法は、風疹に対する免疫を獲得しておくことです。

風疹の免疫は一生続くと言われています。

つまり風疹に一度罹ったことがある、または風疹の予防接種を受けたことがある人は、再び風疹に罹ることは(ほとんど)ありません。

しかしここでひとつ問題が。。。

風疹と麻疹を同じようなものだと勘違いしている人が結構多いのです。

先にも書きましたが、風疹と麻疹は全く違うものです。

麻疹の経験があっても風疹に罹ることはありますし、麻疹の予防接種では風疹を防ぐことは出来ません。



風疹の抗体検査


子供の頃風疹に罹ったことがあるか、これまでに風疹の予防接種を受けたことがあるか、分からない場合はどうしたら良いでしょうか?

風疹に対して免疫があるかどうかは、抗体検査で調べることが出来ます。

抗体検査の費用は5000円前後掛かるようですが、自治体によっては全額補助または一部補助が受けられるようです。

自治体によって抗体検査の補助を受けられる条件が異なりますので、各自治体のホームページや掛かり付けのクリニック等で確認されると良いでしょう。

抗体検査の結果、風疹に対する免疫が確認できれば一安心ですが、免疫が無かったり、不十分だった場合は予防接種を受けて免疫を獲得するようにしましょう。



風疹の予防接種


画像名


抗体検査の結果、風疹の免疫が無かったり不十分だった場合には、風疹の予防接種を受け、免疫を獲得するようにしましょう。

ただし妊娠中は風疹の予防接種を受けることが出来ません。

妊娠・出産を考えているのならば、早めに風疹の予防接種を受けることをお勧めします。

風疹の予防接種には、風疹単独ワクチンと風疹と麻疹の混合ワクチンがあります。

費用は風疹単独ワクチンで4000〜8000円程度、風疹と麻疹の混合ワクチンで8000〜12000円程度となり、混合ワクチンの方が高額になりますが、妊娠中に麻疹に罹ると早産や流産の危険があることを考えると、混合ワクチンの予防接種で風疹と麻疹の両方の免疫を獲得することが得策だと思えます。

風疹の予防接種についても抗体検査同様、費用の補助を受けられる場合があります。

補助を受けられる条件や金額については自治体によって異なりますので、お住まいになっている自治体のホームページ等でご確認下さい。

また近年では成人男性が風疹に罹るケースが非常に増えているので、是非パートナーにも抗体検査や予防接種を受けて貰いましょう。



風疹と麻疹の共通点


風疹と麻疹は違うものと何度も書いてきましたが、実はそこそこ共通点もあるのです。

発熱や発疹などは風疹にも麻疹にも見られる共通の症状ですが、大人になって発症すると重症化することが多いというのも共通点のひとつですね。

そんな有り難くない共通点の他に、嬉しい共通点もあるんです。

それは一度免疫を獲得すれば、その免疫は一生続くことです。

風疹も麻疹も感染力の強い感染症ですが、免疫を獲得すれば後は安心して過ごせるのです。

毎年毎年少しずつ形を変えて襲撃してくるため毎年予防接種を受けなければ防ぐことが出来ないインフルエンザを思うと、なんとも有り難い共通点だと思いませんか?



まとめ


症状の共通点もあり、混合ワクチンで一緒に予防が可能なためか何かと混同されがちな風疹と麻疹について、違いや共通点をまとめてみましたがいかがでしたか?

子供の頃、熱と発疹で寝込んだ経験はあるけど風疹だったか麻疹だったか・・・

遠い遠い記憶、その上高熱を出して朦朧としていたのですから、風疹だったか麻疹だったか覚えていなくても不思議じゃありません。

そんな記憶が曖昧な人は抗体検査を受けて免疫の有無を確認しましょう。

もし免疫がなかったら風疹と麻疹の混合ワクチンの接種をお勧めします。

混合ワクチンならば風疹と麻疹両方の免疫を獲得することが出来ますし、それに予防接種の痛い思いは一度で済む方が嬉しいですよね?



スポンサードリンク