スマスマ

8月14日、前日夜から漏れ聞こえていた『今年末でSMAP解散』の正式発表が、一瞬で日本を駆け巡りました。

今年始めの解散騒動から、ついにグループの修復を見ることはなく、選択されてしまった解散。

それぞれがソロでも活躍してきた日本を代表するアイドルユニットの度台にあったのは、メンバー全員があくまでもSMAPの一員として20年間続けていたレギュラー番組『SMAP×SMAP』だったのは間違いないでしょう。

今回の解散発表を受けて、SMAPメンバーを繋ぐ番組スマスマの打ち切りはいつで今後どうなるのか?

後番組にはジャニーズの後輩ユニット、キンキ・嵐・キスマイのいずれかが引き継ぐのか?

その噂に最大接近してみましょう!!

スポンサードリンク


スマスマの歴史


スマスマのテロップ

ジャニーズ所属のアイドルグループSMAPが結成されたのは1988年。

その後1991年にCDデビューを果たし、フジテレビ・関西テレビ共同制作のSMAP冠番組『SMAP×SPAP』(通称スマスマ)の放送開始が1996年。

現役でトップクラスのジャニーズアイドルが、音楽だけでなく、トークやコントやさまざまなことにマジもんで身体を張ってチャレンジする流れは、このスマスマというバラエティ番組でSMAPが作り出した形です。

今ではその形も珍しくは無く、キンキ・嵐・キスマイと、それに追随する後輩も次々と現れていますが、スマスマ番組スタート時は本当に異例なことでした。

系列局番組やドラマ・舞台など出演者を迎えての宣伝をかねた料理対決あり、コントあり、国内ゲストアーティストや時には海外アーティストとのコラボパフォーマンスありと、毎回盛りだくさんの番組構成は、1時間に余る豊富な内容で、メンバー5人が視聴者を飽きさせることなく全力投球し、長年高視聴率を維持してきました。

解散騒動後、歌番組出演がない現在、SMAPのメンバー5人が揃って出演する番組は、実質スマスマの1本だけです。

ところが、20年続いた長寿番組ともいえるスマスマも、今回の12月31日解散の発表を受けて、17日にフジテレビ・関西テレビから、ついに年内打ち切りと正式に発表されてしまいました。

打ち切りはいつ?


スマスマの打ち切りは年内と発表されましたが、いつという日付は発表されていません。

打ち切りはいったいいつになるのでしょう。

8月20日の収録は中止に


ジャニーズ公式サイトでは、ジャニーズ事務所所属タレントの出演番組・イベントへの協力情報を見ることができますが、このご案内の中で、解散発表の流れを受けたものか、それともその前に決定されていたことなのか、スマスマの通常の収録予定が突如中止になったかのような経緯が見られます。



この収録中止が騒動渦中での一時的なものなのか、それともこのまま、SMAP解散発表を受けての、番組打ち切りに向かう道筋なのかが重要な問題ですね。

収録済みは何回分くらいあるのか?


スマスマは各コーナーの収録を、一度に2本撮りすることもあるそうなので、収録が中止になっても、撮りだめがあれば、通常通りの放送は可能でしょう。

また、20年続いた番組ですので、過去放送からテーマを決めて再編集などを施せば、年末まで放送を持続させられるぐらいのネタは存分にあるのではないかと予想はできます。

が、量的にネタはあっても、過去放送分をそのまま、または再編集して放送というのは、解散騒動以来すでに何度か取られた策であり、同じようなことを何度も続けるのは、やはり視聴者離れを避けられないでしょう。

新たな収録をせずに無理して続けるのも、やっぱり限界があるように感じますね。

 

元々あった9月までとの噂


今年春の番組改編でスマスマの継続が確認された頃から、今年秋の番組改編時でスマスマが終了するのではないかとの噂が流れました。

この噂は春の改変時に、すぐにフジテレビ側が全否定をしました。

しかし、その後から現在まで、番組収録時のメンバー間のぎくしゃくした状況が改善されることはなく、収録自体もスムーズに進めるのは困難という話があちこちから漏れ聞こえます。

今後の収録が困難なら、やはり9月の秋の番組改編で終了というのは可能性としては高いような気もします。

SMAPがファンに感謝の言葉を述べる企画が!


事務所側としては、メンバー一人一人が、自分の言葉でファンに感謝の言葉を述べる機会を作りたいと画策していると言う情報があります。

すると、やはり謝罪放送の時のように、事務所としてはスマスマをその場にしたいところでしょう。

謝罪生放送の視聴率はなんと37.2%

SMAP最後の『感謝の言葉』放送は、それを上回る可能性もあります

テレビ局がそれを狙うなら、なんとか視聴率を保ちながら、スマスマの打ち切りを年末解散間近までには引き延ばしたいところでしょう。

そのためにできるのは、5人一緒では無く、それぞれを別の収録することぐらいではないでしょうか。

その方法で、番組を年末まで持たせることができるのか少々疑問が残るところではありますが。

解散発表後の現在、5人全員が揃っても揃わなくても、視聴者の多くは番組を少し白けた気持ちで観ているのは当然でしょうし、番組を継続すれば内容は微妙なものになりそうです。

それを考えると、打ち切りがいつかは、早ければ秋の番組改編時である9月26日

しかし、解散直前まで話題を引っ張りたいのは事務所もテレビ局も共通でしょうから、過去放送や個別収録を取り混ぜつつ、なんとかむりやり5人の解散直前『感謝の言葉』まで引っ張れば、12月最後の月曜日12月26日がその時となるでしょう。

スポンサードリンク


後番組はどうなる?


スマスマ終了後の後番組、いったいどうなるのかはジャニーズファンでなくても興味をそそるところです。

スマスマは月曜22時からの放送で、この時間は長年ジャニーズファンに固定しています。

当然、事務所も制作局も、当然ジャニーズ枠として認識しているでしょう。

ジャニーズ枠の約1時間の後番組を任せられるユニット、可能性として世間で上げられているのは、『嵐』『キスマイ』『キンキ』の3つのグループです。

なぜこの3つなのか、その理由を一つずつ書いていきましょう。

ジャニーズ事務所の派閥


画像名

今回の解散劇の大元は、言わずと知れた事務所の派閥争いです。

長年SMAPのマネージャーを勤めた飯島氏は、ジャニーズ社長の姪であるジュリー藤島氏と、かつて次期社長争いで対抗関係にあったと言われています。

この飯島元マネージャー派

・SMAP
・キスマイ
・山下智久
・sexyzone
・ABC-Z

対し、ジュリー藤島派

・嵐
・TOKIO
・KAT-TUN
・NEWS
・関ジャニ∞
・Hey! Say! JUMP
・ジャニーズWEST


どちらにも所属しない、いわゆるジャニー喜多川社長派

・キンキ
・タッキー&翼
・V6


と、ジャニーズ事務所所属タレントは、およそこのように分かれています。

(なお、近藤真彦東山紀之は派閥別枠の幹部扱いです)

後釜は『嵐』『キスマイ』『キンキ』?


この派閥図式を踏まえると、SMAPの後釜として同じ派閥のキスマイに後番組を引き継いで貰いたいところですが、既に飯島氏は退職し、派閥自体のバランスが崩れている以上、キスマイが後番組を引き継ぐ可能性は極めて低いでしょう。

とすると、事務所側が最も進めたい方向はジュリー派閥のグループ。

スマスマを払拭したいなら、ここはやはり一番人気の嵐で後番組のイメージを完全に塗り替えたいところでしょう。

しかし、内紛発覚以来、現在ネットを中心にメリー氏・ジュリー氏(キムタク含む)は世間の激しい批判を受けており、ここでジュリー派閥の顔である嵐を前面に押すことは、ジャニーズ事務所のイメージをさらに下げることに繋がるので、やはり嵐の線も無いのではないかと考えられます。

最も問題の少ない方法は、中立とも言われるジャニー喜多川社長派を、SMAPの後釜に据えること。

キンキであれば、経験もノリの良さもジャニーズ以外の芸能人との関わりも、SMAPの後を引き継ぎ、後番組の顔を勤めれば、四方八方おさまりがイイですよね。

やはり、後番組には『嵐』『キスマイ』『キンキ』の3つの中では、キンキが最も有力候補と思われますね。

まとめ


スマスマの画像2

SMAP解散発表から今後が気になるスマスマの打ち切りですが、打ち切りがいつになろうと後番組が『嵐』『キスマイ』『キンキ』どれの冠番組になろうと、仲間内での共演が難しくなるような、SMAPと同じ轍を踏まないようにと願ってやみません。

今年の初めから世間を騒がせているSMAP解散問題にまつわるジャニーズお家騒動。

長年芸能界に君臨し、TV・新聞・週刊誌とマスコミにも深く関わる事務所の醜聞だけに、流れる情報もあちら側・こちら側へと交錯し、もはや何が真実かは想像するしかない状況にあります。

SMAP解散で収束に向かうのか、それともさらに混乱へと向かうのか。

歳若く魅力のある多くのタレント達を抱えたまま、静かにさらに闇の深みへと向かうのだけは、周囲の大人の責任として避けて欲しいなと思うこの頃です。

スポンサードリンク