画像名

皆さんは、外傷が見当たらないのに「膝・かかと・足首・ふくらはぎ・太ももなどが痛い」と子供から言われたことはありませんか?

すぐにおさまったから「きっと成長痛かな?」と思ったものの同じ症状を繰り返し訴えるので不安になったり、そのまま放っておいて良いのか心配になったりしたこともあるのではないかと思います。

子供の成長期に「成長痛」があることは何となく知っているけど「成長痛とは何か?」と聞かれた時にズバリ答えることができますか?

では一体「成長痛」とは何なのでしょうか?

今回は、膝・かかと・足が痛い場合の症状や原因や対処法についても調べてみました。

スポンサードリンク


成長痛とは?


画像名

医学的な決まりはないようですが「成長期の子供に起こる膝や足首などの関節・かかと・ふくらはぎ・太ももの足の痛み」のことを言い、病院で検査をしても「異常なし」と診断されます。

幼稚園の年中から中学生頃の体型が著しく変わる成長期に起きやすく、夕方から寝る前の時間帯に痛いと訴えることが多いようです。

個人差が大きく痛む期間や頻度、痛みの有無もその子によって全然違い、成長期の子供全員が成長痛を経験するわけではありません。

「うちの子は成長痛がないから背があんまり伸びないのね…」と思ってしまいがちですが、成長痛の有無と背の高さは関係がないので安心してください。

思い返すと私の兄はよく膝が痛いと言っていたけれど私自身は全く成長痛の痛みを感じたことがありませんでした。

だけど兄の背がすごく高いわけでも私の背が低いわけでもないので「なるほど…」と妙に納得してしまいました。

成長痛の原因


成長痛の原因は「骨が急激に伸びるから痛い」と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は私もそう思っていた一人で、誰から聞いた話なのかも分からずそう信じていたのですが、今回調べてそれは間違った知識だということが分かりました。

成長痛で足が痛むのは、骨の成長に合わせて筋肉や靭帯が引っ張られることが原因で、特に筋肉や靭帯が疲れていて回復が間に合わないと「膝・足首・かかと・ふくらはぎ・太ももが痛い」という状態を引き起こしやすくなります。

子供の体はまだ完成されていない状態なので大人程の力ありませんが、大人が思っている以上に活発に動きます。

そのため成長途中の筋肉や骨には想像以上の負担がかかり、筋肉の疲労回復が追い付かなくなることが原因で「足が痛い」状態へとつながるのです。

特に習い事や部活でスポーツをしていると激しく筋肉を使うことが多く、疲労回復が追いつかない状態になりやすいので成長痛を引き起こしやすくなります。

それから、体が硬いということも成長痛の原因の一つになるそうです。

子供で体が硬いということにピンと来なかったのですが、最近は体の硬い子供が増えているようなので自分の子供の柔軟性も注意してみててあげると良いかもしれません。

体が硬いということは筋肉の伸びが悪いとうことです。

そのため成長して体が大きくなっても筋肉が伸びず痛みが出やすくなり、そのまま放っておくとさらに体が硬くなり怪我をしやすい体になる恐れもあます。

普段使わない筋肉を使ったりいつもより激しい運動をして筋肉を使った場合に起こる「筋肉痛」と違い「成長痛」は、特に運動した日ではなかったりリラックスしている状態でも起こり、著しく成長している期間には長期間にわたって足が痛い状態が続く場合もあるようです。

精神的な問題が成長痛につながる!?


精神的な問題が成長痛につながるといってももちろん直接の原因になるわけではありません。

しかし心と体は切っても切れない関係だということは皆さんもご存知だと思います。

大人と比べ心も体も成長途中の子供達は特に不安定な状態になりやすく心が弱っていれば体に、体が弱っていれば心に影響を受けやすくなります。

さらに成長期の子供は、自分でも原因の分からない不安を抱えていることも少なくないのです。

成長痛の対処法


成長期の一時的なもので病気ではないため治療法はありませんが、「足が痛い」と子供が訴えていれば出来るだけ軽減してあげたいと思うのが親ごころですよね?

すぐにおさまってしまう子はまだ良いのですが、長期的に痛みが続く場合は何とかしてあげたくなります。

では、成長痛を軽減させるための対処法はあるのでしょうか?

対処法1


〈安静にする〉

病気や怪我をしている訳ではないので、絶対に安静にしなけらばならないということではありません。

しかし、大人でも家事や仕事をするにあたってちょっとした体の痛みを抱えている場合、その痛みを気にしながら行うのはいつもより疲れてしまいます。

下手をすると、痛い場所をかばっていたために他の場所を傷めてしまった…なんてこともあります。

足が痛い状態を気にしてかばいながらの状態で習い事や部活をするのは子供にとっても大変なことです。

子供と話してみて本人が辛そうであれば、まずは安静にして様子をみて下さい。

対処法2


〈痛いところを温める〉

痛いところをあたためることでリラックス効果や不安軽減効果が得られるため、痛みも軽減される可能性があります。

対処法3


〈アイシング〉

本来なら成長痛は炎症が起きていて痛い訳ではないので、アイシングの必要はありません。

しかし、冷やすことで感覚が麻痺して一時的に痛みが治まり安心したり、処置をしてもらったという安心感から痛みが軽減する場合もあります。

対処法4


画像名

〈ストレッチ〉

成長痛の症状がある場合に重要なことは、筋肉を伸ばしてあげることです。

筋肉は自然と伸びるわけではないので痛い場所に合わせてストレッチをすることが大切で、特に体の堅い子供は将来の体づくりのためにもしっかりと行いましょう。

習い事や部活でストレッチを行っている場合でもより念入りに丁寧に行ってみて下さい。

対処法5


画像名

〈子供の言葉と気持ちをしっかりと受け止める〉

子供が「足が痛いから今日は習い事を休みたい」と言ってきた時、皆さんはどう答えますか?

躾をしっかりしたいと思っている真面目な親であるほど「我慢できるでしょ?」「それくらいなら休まずに行きなさい。」と一方的に言ってしまったり「サボり癖がついては困る!」と思ってしまうものです。

しかし、まずは子供が「足が痛い」と言っていることを受け止め「どうしたの?ぶつけたりしたの?」と親身になって聞いてあげて下さい。

そして「良くなるようにマッサージをしてあげるね。」といってマッサージをしてあげることで子供は安心します。

もし元気がないようだったら、学校で何かあったのか聞いてあげるのも良いかもしれません。

うちの長女も現在成長痛に悩まされているのですが、寝る前に「足が痛い」「寝られない」と訴えることが多く毎回話をしながらマッサージをしています。

素人の私がマッサージをするだけでも娘は「痛くなくなってきた!」と言って眠りに付くことが出来るので、マッサージの効果というよりも親の言葉が持つ影響力や子供の目線で接してあげることの大切さを改めて感じました。

大きくなってくると幼児期に比べスキンシップが減ってきますので、こんな時こそ子供とのスキンシップのチャンスかもしれません。

スポンサードリンク


成長痛以外の病気の可能性


大げさにする必要ありませんが「きっと成長痛だからそのうち治るだろう」と決めつけてしまうと、成長期に起こりやすい骨の障害や別の病気を見逃してしまうかもしれません。

成長痛と間違えやすい病気をご紹介しますので、知識の一つとして頭の片隅に入れておくことをおすすめします。

膝が痛い場合


【オスグッド・シュラッター病】

10歳頃から15歳頃の時期に膝に起こる成長痛のほとんどが、オスグッド・シュラッター病だと言われています。

高校生頃になると自然と治る膝の周りの骨の障害ですが、放っておくと歩けないほどの痛みが出る場合もあるようです。

大腿四頭筋の使い過ぎで脛骨に負担がかかるために起こる障害で、脛骨が膨らむので膝の下辺りが出っ張るのが分かります。

運動の活発な子に起こりやすいので、成長期にスポーツをしている子が膝の痛みを訴えたらオスグッドを疑ってください。

対処法


痛みが強いようでしたら病院で一時的に鎮痛処置を行ってもらうと良いですが、基本的には安静にすることと予防をしっかり行うことが重要です。

痛んでいる間は運動量を抑えることと、運動前のストレッチとアップ運動後のクールダウンとストレッチをしっかりとまめに行うことが改善と予防に必要です。

足首やかかとが痛い場合


【脛骨骨端症(けいこつこったんしょう)…足首】

【踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)…かかと】

成長期には骨が大きくなるため、骨の端に成長軟骨という柔らかい部分が必ずあります。

成長期が終わると成長軟骨も他の骨と同じように硬くなるのですが、この柔らかい時期に繰り返し衝撃などの負担がかかるとひびや骨折や炎症を起こしてしまいます。

脛骨骨端症は足首に当たる部分の成長軟骨、踵骨骨端症はかかとに当たる部分の成長軟骨に影響が出て足首やかかとが痛む症状を言います。

対処法


・歩くだけで痛い場合は運動を中止する

・運動時に痛い場合は運動量を減らす

・運動後はアイシングとマッサージを行う

・入浴によって足首やかかとをよくあたためる

・湿布を張る

・なるべく靴底の柔らかい靴を使用する

・偏平足の場合は土踏まずを持ち上げる形の中敷きを使用する

・整形外科で診察を受ける

骨肉腫


骨肉腫は骨の癌で10歳頃から発症すると言われてる病気です。

発生確率は非常に少なく、初期症状は成長痛と同じく筋肉痛のような痛みから始まり、進行すると発熱します。

万が一骨肉腫だった場合は、転移の恐れもあるため早期発見が重要になります。

痛みが続くようでしたら病院で診察を受けて下さい。

ぺルテス病


原因ははっきりしていませんが、ぺルテス病は3歳頃から10歳頃の子供に多くみられる大腿骨の先端が壊死してしまう病気です。

初期症状は股関節の痛みで、やはり成長痛に似た痛みなので間違えやすいようです。

成長痛との違いは継続して痛むので、子供が股関節の痛みを訴えたら痛みが継続している様子はないかよく見ててあげて下さい。

早期発見早期治療が出来れば、壊死してしまった骨も代謝により健康な骨に入れ替わりますので股関節の痛みが続くようでしたら大きな病院を受診してください。

むずむず病


画像名

大人の女性に発生しやすい病気で、鉄分の不足によりドーパミンの働きが悪くなりむずむず病が発生します。

しかし子供にも発生することがあり、子供の場合は鉄分が足りていても何らかの原因で脳内鉄分が不足して発生すると言われているようです。

症状は「足がかゆい」「虫が這っているような感じ」「むずむずする」など人によって症状の差が大きく、放っておくと治る場合もあります。

むずむず病の注意するべき点は、不快な症状により夜寝られなくなることで精神的に追い込まれ「うつ病」につながってしまうことです。

対処法として生活習慣を見直しバランスの良い食事と適度な運動を心がけて、改善されない場合は専門医を受診してください。

まとめ


成長痛とはどういったものなのか、成長痛に似た足首・かかと・膝の障害やそのほかの病気などについて調べてきましたが、いかがでしたか?

成長期ならではの体の特徴により、活発に動く子供たちに起こる成長痛…。

調べるまでは私自身も成長痛の認識があいまいな上に、まさか成長痛の症状に隠された病気がこんなに沢山あるとは思いもしませんでした。

子供同士で遊んだり習い事をしている姿を見ていると、待ち時間やただ話をしている場面でも全力で体を動かしているのがよく分かります。

そんな子供達の成長を見守りながら、正しい知識を付けて大人になっていくためのサポートをしてあげたいですね。

スポンサードリンク