手首

いつの間にか手首や手のひらなどにしこりが出来て心配されている方はいませんか?

「しこり」で真っ先に思い浮かべるのは「悪性の腫瘍」である癌ではないでしょうか?

痛みが無くても万が一のことを考えると不安になってしまいますよね。

でも、もしかしたらそれは「ガングリオン」かもしれません。

名前のイメージだけでいうと、堅くて頑固で治りにくそうな病気ではないか?と思ってしまうのは私だけでしょうか?

では一体「ガングリオン」とは何なのでしょうか?

そこで今回はガングリオンの原因や治療、手首や手のひらのしこりの痛みについてまとめてみました。

スポンサードリンク


ガングリオンの正体


手首や手のひらの周りにゼリー状の粘液が溜まって出来たしこりのことを「ガングリオン」といいます。

膝の半月板や脊椎の軟骨組織に発症することもあり、柔らかいのもから堅いものまであるので、堅い物の場合「骨が出てきた」「骨が変形した」と勘違いしてしまう人も多いようです。

20歳~50歳くらいに出来やすいと言われていて、特に若い女性だと中年の男性と比べると3倍の発症率のようです。

ガングリオン自体は良性のしこりで悪性の腫瘍ではありませんが、年頃の女性に多く発症することもあり見た目を気にして取り除きたいと思う方が多くいます。

確かに若い頃に手首や手のひらや膝などの目立つ場所に大きなしこりが出来てしまったら、きっと私も「出来るだけ早く取り除きたい」と悩むだろうなぁと思いました。

痛みなどの症状は?


ほとんどの場合は痛みなどの症状は出ないことが多いようですが、神経の近くに出来た場合や大きいものは神経を圧迫してしまい痛みや麻痺などの症状が出ることもあるようです。

もちろん痛みや麻痺が出た場合は気になるどころの話ではないですが、手首や手のひらは普段生活していて使わない日はない場所なので、たとえ痛い症状が出ていなくても気になってしまうことも多いのではないかと思います。

ガングリオンの原因は?


では、ゼリー状の粘液が溜まってしこりになってしまう原因は何なのでしょうか?

もし原因があって予防出来たり大きくならなように出来るならその方が良いのですが、残念ながらガングリオンがなぜ発症するのか原因はハッキリとしていません。

関節を過剰に動かすことにより負担がかかって出来ると言われていたり、関節の動きをよくするための潤滑油を作り出す細胞に異常が発生し発症するなどと言われているようです。

ガングリオンがすでに出来ている場合はその部位をよく動かすと悪化するとも言われています。

パソコンを四六時中いじっている人が、指の関節にガングリオンが出来たため病院で診てもらった所「パソコンの使い過ぎが原因かもね」と医師に言われた症例もあるようです。

診断方法は注射器で中身を吸い取りゼリー状のものが出ると「ガングリオン」と診断されるようですが、しこりの小さい場合など注射器で触れないものなどもあり、その場合は超音波検査やMRI検査が必要となります。

ちなみに注射器で内容物を吸い取って診断する場合は、MRIや超音波検査と違い少し痛みを伴うようです。

私はまだ人生で一度もMRIを撮ったことが無いのですが、調べたところどうやら手首や手のひらだけのMRI撮影でもショーツ以外の衣服を脱いで撮影するようです。(もちろん病院で用意されたものを着ます。)

MRIだと手首や手のひらに出来た小さなしこりでも、手首や手のひらだけを撮影する訳にもいかないんですね…。

スポンサードリンク


ガングリオンの治療法


病院

症状がでていなくて本人が気にならなければ、良性の腫瘍なので治療の必要はありません。

しかし痛みや麻痺の症状が出ていたり、見た目などが気になって取り除きたい場合などは病院で医師と相談の上、治療が必要になります。

治療法は以下の通りです。

ガングリオンを潰す方法


現在ではあまり行われていないようですが、ガングリオンを潰して内容物を出す治療法です。

イメージ的には、白にきびや黒にきびを潰して押し出すような感じです。

ただガングリオンを潰す場合痛みを伴う場合もありますし、内容物を出してしまっても内容物を包んでいた袋が中に残ってしまうため再発の可能性があります。

自分で潰しても良いものか?


病院へ行くのが怖いからか、自分で潰したり針を刺して内容物を抜いたりする人もいるようですが、あまりお勧めできません。

良性とはいえガングリオン自体が場所や大きさによっては神経を圧迫して痛みや麻痺の症状が出る恐れのある腫瘍です。

やはり何の知識もなく自分で潰してしまうと神経を傷めてしまうこともあります。

病院に行くのが面倒だから自分で潰してしまい、そのせいで神経を傷めてしまったなんて事態は避けたいですよね?

潰して様子を見る方法を選択した人でも、病院を受診して治療を受けて下さい。

注射器で吸引する方法


注射器

先ほどお話しした「診断方法」と同じように、注射器を使ってガングリオンの内容物を吸い出す治療法です。

何度か繰り返し吸い出すことでなくなる場合もありますが、やはり内容物を包んでいた袋が残っているため再発の可能性もあります。

場合によっては、吸い出した後にステロイド薬を注入することもあるようです。

ステロイドを注入した場合の再発率は20%ほどになるようですが「潰す方法」「注射器で吸い出す方法」の再発率は20~64%ほどになります。

治療費は1回約1000円程度のことがほとんどですが、何回かに分けて行うことが多いようですので通院回数分かかります。

袋を残した場合は、幅はありますが結構な高確率で再発してしまうんですね。

レーザーで取り除く方法


レーザーを当てて取り除く治療法で3~4回ほど回数がかかり、1~2ヶ月ほど通院が必要なようですが「潰す方法」「注射器で吸い出す方法」と比べると再発率は低くなるようです。

治療費は1回約500円で、やはりこちらも何回か通院にかかるのでその分費用もかかります。

手術で取り除く方法

痛みが強い場合や麻痺の症状がある場合は手術で取り除くことが多くなります。

また「潰す方法」や「吸い出す方法」で何度か治療してもやはり再発してしまう場合などにも手術での治療法が選択されるようです。

再発の恐れがあるなら初めから手術をしたいという方もいると思いますので、やはり医師とよく相談をして決めて下さい。

治療費はガングリオンのできる場所やしこりの大きさにもよるので、1万円~10万円程度となります。

中には入院が必要なケースもあるようで、そうなると入院費もかかってしまいます。

しかし、手術で取り除いた場合も再発の可能性はゼロではないようなので、手術でも再発の可能性があるということは、ガングリオンは再発しやすいのかもしれませんね。

まとめ


若い女性の手首や手のひらに良く出来ると言われるガングリオン。

はじめは「ガングリオン」という名前のイメージでなんだか怖そうな病気だな…と思っていましたが、意外にも良性の腫瘍でした。

原因はハッキリしていませんが、良性の腫瘍ということで安心した方も多いのではないかと思います。

治療法も選ぶことが可能なようですし、費用もそれ程高額なわけではないので病院へも受診しやすそうです。

様子を見ながら吸い出すもよし、一気に手術で取り除くもよし、医師とよく相談して自分に合った治療法を選択して快適な日々を過ごしてください。

スポンサードリンク