画像名
昨今ではNHKの受信料について何かと話題になっていますね。

そんなNHKの受信料は、放送によって金額が違うのはご存知だったでしょうか?

また、支払い方法にも種類があり、金額もそれぞれで異なることもご存知でしょうか?

今回はNHKの受信料について地上放送BS放送での金額や支払い方法の違い契約の変更方法などを説明していきます。



スポンサードリンク


NHKの放送形態について


まず簡単に、NHKの放送形態について説明していきます。

NHKの放送には、地上放送衛星放送があります。衛星放送はBS放送と呼ばれることが多いですね。

BS放送は専用のアンテナとチューナーがないと見られない放送です。

地上とBSの受信料の金額、支払い方法の違い


では、地上放送とBS放送の金額はどれほど違うのかを支払い方法による違いも含めて見ていきます。

・地上放送の場合

地上放送の場合ですと、まず口座振り込みやクレジットカード支払いの場合2ヶ月ごとの支払いだと2520円、6ヶ月だと7190円、12ヶ月だと13990円です。

振込用紙を用いた支払い方法だとそれぞれ2620円、7475円、14545円になります。クレジットカード等の支払い方法より若干値上がりするようですね。

・BS放送の場合

BS放送の場合ですと、まず口座振り込みやクレジットカード支払いの場合2ヶ月払いで4460円、6ヶ月払いで12730円、12ヶ月払いで24770円です。

振込用紙を用いた支払い方法だとそれぞれ4560円、13015円、25320円です。

地上放送よりもBS放送の方がかなり金額が高くなるようですね。支払い方法によってもそれぞれで微妙に金額が違うようです。

少しでも安くしたいのであれば、支払い方法はクレジットカードや口座からの引き落としにするのがいいでしょう。

ちなみに、BS放送と地上放送をそれぞれ契約している場合、BSの方が地上放送分を含んでいるので、それぞれ支払わなくてはいけないという事ではないですよ。

新しく地上放送の契約をする方法


では、新しく地上放送の契約をする方法を説明していきます。

地上放送の契約をするためには、公式ホームページで手続きをするか、郵送での手続きが出来ます。契約する時に、受信料を2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のいずれかで支払うかや支払い方法を選択できます。

ただ、郵送は用紙を郵送してもらってから記入して送り返すので時間がかかります。早く契約したい場合はホームページからの方がいいでしょう。

BS放送への変更手順について


地上波からBS放送に変更するための方法を説明していきます。

手順としては
①BS放送が見れる環境であるかの確認
②公式ホームページからの変更手続き
をすることになります。特に①はBSを見たいのであれば重要な事項です。必ず確認しておいてください。

BS放送を見るにあたっては、BS対応のテレビかチューナーをもっており、アンテナがついていることが前提です。テレビでBS放送の契約に関するメッセージが出ているなら、そのテレビはBS放送が見られるテレビです。

前提条件がそろっているならば、衛星放送への契約手続きをしてください。NHKの公式ホームページから手続きが可能です。住所と名前、アンテナの種類などを入力します。支払い月の申請などは地上放送の手続きとほぼ同じです。

また、地上放送からBSに変更する際、その時の地上放送の受信料との差額が発生することがあります。その場合、差額とBS放送分の金額を支払い、その次の支払い月から衛星放送のみでの金額になるので気をつけてください。

差額についてもホームページに載っているので、参考にしてみてくださいね。

NHK受信料の窓口―衛星契約への変更のお手続き



スポンサードリンク


BS放送の契約トラブル


画像名
BS放送の金額は、地上放送の金額よりも2倍近くなのは説明したとおりです。

この2倍近い受信料を、BSが見れない状況であるにもかかわらず支払わされていたために契約の変更や返金を求めるというトラブルが相次いでいます。

先程お伝えした通りBS放送を見るためにはアンテナと、チューナーを備えたテレビが必要なのですが、片方しかない状態か、両方ない状態にもかかわらずBS契約をさせられることが多いようです。

このため必要以上の受信料を支払っていたことに気づかず、ある日BS契約をしていた事に気づき契約変更や返金を訴えることが多いです。

テレビが映らないのにBS料金を支払わされ、挙句に返金にも応じてもらえない」という人の怒りの声がSNSにも投稿されています。







どうやら、最初から建物や部屋がBS対応であると決めつけて勝手にBS料金の契約にしてしまうようですね。

高い金額を支払う訳ですから、その人がBSを見れる状態なのかをちゃんと確認してもらいたいものですね。

このような事例があるため、現在のNHKの料金が地上放送のものかBS放送のものか確認する必要があります。もしBSが見れないにもかかわらずBSの契約になっているなら変更手続きを近くのNHKに申し立てるといいでしょう。

まとめ


NHKの受信料契約には地上とBS二つの形態があること、支払い方法や金額の違いなどがわかりましたでしょうか?

ただ、契約の仕方によってこの二つが存在する事がわからず、過払いしていたという人が増えています。新しい契約の際は確認する事が必要でしょう。

もし過払いしていた場合は早急に変更手続きを申し立てるべきなのですが、中には返金に応じてもらえないという人がいます。それでも今後の為にも変更手続きだけでも済ませた方がいいです。

このような事がなくなるように、NHKの集金人さんには気をつけてもらいたいものですね。



スポンサードリンク