ものもらい1

ある日突然、目が「腫れる」「痛い」「かゆい」といった症状に悩まされる「ものもらい」、これからどのような症状になっていくのか気になりますよね。

また、名前が「ものもらい」だけあって、誰かにうつるのではないかと心配な方も多いはず。

実は私も、ものもらいにかかったことがあるのですが、主人に「うつるから近寄らないで」と言われてしまいました。

でも「ものもらい」って、本当にうつったりするのでしょうか?

そこで、今回はものもらいの原因や、症状、うつるのかどうかをまとめてみました。

スポンサードリンク


ものもらいの種類と原因と症状


ものもらいには「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」という2つの種類があり、それぞれ症状や原因が異なります。

そこで、ものもらいを2種類に分けて症状と原因をお伝えします。

霰粒腫の原因


ものもらい2

霰粒腫によるものもらいは、マイボーム腺というまつげの生え際にある小さな穴に脂肪が溜まる事が原因です。

マイボーム腺は、ドライアイになるのを防いでくれる、目にとって必要な器官なのですが、疲労やホルモンバランスの乱れによって脂肪が溜まるとものもらいになってしまいます。

また、女性の方だとメイクの残りがマイボーム腺に詰まることも原因のひとつですので、思い当たる方は今後再発しないように、アイメイクを綺麗に落とすように心掛けましょう。

霰粒腫の症状


霰粒腫の主な症状は以下の通りです。

  • まぶたが腫れる

  • しこりが出来る

  • 数日治療せずに放置すると、痛い場合もある

初期はまぶたが腫れ、触るとなんだか何かあるような感触があるのが霰粒腫の特徴で、眼科に通院したり市販の目薬を使用するなどといった対策をしないと痛みを感じる場合もあります。

麦粒腫の原因


麦粒腫の原因は、目の周りの毛穴や分泌腺に入ってしまった細菌です。

私がかかってしまったのがこの「麦粒腫」で、眼科で聞いたお話では、風邪などの細菌と異なり、普段から目の周りについている細菌にたまたま感染してしまうと、この「麦粒腫」というものもらいになってしまうとのこと。

普段は感染しない細菌でも、疲れが溜まったりストレスが溜まっていることが原因で、麦粒腫になってしまうのだそうです。

麦粒腫の症状


麦粒腫の主な症状は以下の通りです。

  • まぶたが腫れる

  • まぶたがかゆい

  • まぶたが痛い

  • 目が充血する

  • 目がかゆい

  • 目が痛い

  • 数日治療せずに放置すると、腫れが悪化する場合もある

麦粒腫も、霰粒腫と同じでまぶたが急に腫れてしまうという症状ですが、麦粒腫の場合はかゆいという症状がある方も多くいます。

また、霰粒腫に比べて目やまぶたが痛くなりやすく、痛いという症状がある場合はこの麦粒腫かもしれませんね。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)と麦粒腫(ばくりゅうしゅ)のどちらのものもらいかが知りたい場合は、症状から自分で判断するのではなく、眼科にかかることをオススメします。

「目がかゆい」「まぶたがかゆい」といった症状もありますが、下手に目を触ると細菌による炎症が酷くなってしまうので、かゆい場合も我慢して目を清潔に保つようにして下さいね。

スポンサードリンク


ものもらいはうつる?


ものもらい3

もの「もらい」という名前から、うつるのか心配な方もいらっしゃると思いますが、結論から言ってしまうと、霰粒腫も麦粒腫も人にうつることはありません。

霰粒腫は脂肪が溜まることが原因で起きるので、ウイルスが原因ではないためうつることはありませんし、麦粒腫は細菌が原因ですが、常在菌という誰の周りにも存在する細菌によるものです。

名前はいかにもうつる気がする名前で、私も主人も「うつるはず」と思ってしまいましたが、ものもらいに自分や家族、友人が感染しても、うつるかどうかの心配は不要ですよ。

たまに「うつるといけないから」と眼帯をする方がいらっしゃるそうなのですが、眼帯をすると目の周りの湿度が上がり、細菌が増える可能性があるため付けない方が良いと眼科の先生に教えて頂きました。

ものもらいは感染の心配はありませんので、眼帯などの対策は行わなくても大丈夫です。

ただし「目が痛い」「まぶたが腫れる」「充血する」など、ものもらいによく似た症状の「流行性角結膜炎」は大変うつりやすい病気で、別名「はやりめ」とも呼ばれています。

「流行性角結膜炎」は、まぶたの腫れなどものもらいに似た症状の他に、「目やにが出る」「光がまぶしく感じる」「視力の低下」などの特徴があるので、思い当たる方は早めに眼科を受診して下さいね。

ものもらいはくせになる?


ものもらいは、実は1度かかると何度もかかることがあると眼科を受診した際に教えて頂きました。

特に、私がなってしまった麦粒腫は、常在細菌が原因で、疲れやストレスから細菌にかかりやすい身体の状態になってしまったことがものもらいの原因のため、生活を変えない限り再発のリスクが高いとのことです。

ものもらいになると、「目が痛い」「まぶたが腫れて開けにくい」「かゆい」などといった目の不快な症状が1週間近く続くことになるので、1度ものもらいになったら生活を見直した方が良いかもしれませんね。

霰粒腫によるものもらいも、メイクなどの汚れが落ち切れていなかった場合を除いて、疲れなどの生活習慣が原因なので、こちらもくせになりやすいので注意しましょう。

私は今回がはじめてのものもらいでしたが、「痛い」「かゆい」といった症状が辛く、またコンタクトがつけられずに久しぶりに眼鏡で外に出かけるのが恥ずかしかったので、くせにならないように気をつけたいと思っています。

まとめ


ものもらいの種類と原因、痛い、かゆいなどの症状、うつったりくせになったりするのかについてまとめてみました。

ものもらいは、朝起きて急に出来ているということが多いので、「いったいどうなったの?」とびっくりしてしまいますが、慌てて触ると悪化させてしまうので、自宅で目薬などで治療する場合も、眼科を受診する場合もあまり触れないようにしましょう。

「痛い」「かゆい」「腫れが酷い」など、症状が気になる場合は、早めに眼科を受診してみて下さいね。

うつることはないので、眼帯をつけるなどといった対策は不要です、治るまで1週間くらい不快な症状が続いてしまいますが、どうぞお大事にして下さい。


スポンサードリンク