ヘルパンギーナ1

ヘルパンギーナって知っていますか?

「何それ?」と思う方もいるかもしれませんが、特に小さい子供のいるママにとってはとおなじみな病名で、小さい子供は必ず一度や二度感染する病気なのです。

今日は、この病気の特徴や対処法、ヘルパンギーナに関する様々な事をまとめてみました。

子供が「あれ、熱があるし、夏風邪かな?」と感じたら、もしかしたらそれはヘルパンギーナかも・・・そんなときの治療法や対処方法、保育園の出席停止期間についても併せてご覧ください。

スポンサードリンク


ヘルパンギーナはこんな病気


ヘルパンギーナの特徴


ヘルパンギーナ2

ヘルパンギーナは6月から夏にかけてかかる夏風邪の一種で、「コサッキーウイルスA型」というウイルスが原因でかかってしまう感染症です。

ウイルス性の感染症、と聞くとインフルエンザのように予防注射をしたり、潜伏期間を経て発病したり、かかってしまったら特効薬を飲んで他の人に移さないように部屋で安静にして回復を待つ・・といった事を連想しますね。

確かに潜伏期間を経て発病するという点と、感染力が強いという点はインフルエンザと同じですが、インフルエンザのような予防注射やかかったときの特効薬も治療方法はなく、感染したら安静にして回復を待つしか治療方法がありません。

予防注射も治療方法もない、と聞くととても怖い病気と思われがちですが、安静にしていれば必ず治る病気ですので、焦らずに対処しましょうね。

ヘルパンギーナの症状


ヘルパンギーナに感染すると、症状が出る前に3~6日、症状が出ない潜伏期間があり、その後にヘルパンギーナの症状が発病します。

潜伏期間の後に39℃~40℃の高熱と同時に喉が赤く腫れ、喉に水疱がたくさん発生し、症状がひどくなると食べ物が喉を通らなくなったり、脱水症状や熱痙攣を起こすこともよくあるそうです。

それらの症状は、1週間から10日かけてゆっくりと回復してゆきますが、症状が収まった後も2週間~4週間、身体にウイルスが残っている状態が続くため、この期間、他の人にヘルパンギーナが感染する可能性があります。

類似病にご注意


このヘルパンギーナとよく似た病気に、手足口病プール熱があります。

この3つは、別名「三大夏風邪」と呼ばれていて、小学校に入学する前の子供はよく感染し、また流行しやすい病気と言われています。

しかもこの3つは、ワクチンも特効薬もないウイルスによる感染症で、症状も似ていることから素人にはなかなか区別がつきにくいもの、様子がおかしいと思ったら自己判断せずに病院で診て貰いましょう。

手足口病


手足口病は、「エンテロウイルス」、「コクサッキーウイルス」というウイルスが原因でかかる感染症で、ヘルパンギーナ同様、特効薬と治療法のない病気です。

感染すると、ヘルパンギーナと同じように3~6日の潜伏期間があり、その後37~38℃の微熱と、喉、手足、口に水疱が現れる症状が出てきます。

大人の目から見るとその水疱の状態はとても痛々しく、病状が重症に見えがちですが、実際は熱が微熱程度で収まるので、ヘルパンギーナよりも手足口病の方が身体は楽かもしれませんね。

ヘルパンギーナと手足口病は、こんな方法で見分けをつけます。

  • 微熱状態で水疱が手足と口に現れたら手足口病
  • 高熱が出て、のどの痛みと喉の水疱の症状が出たらヘルパンギーナ。

こうした見分け方はできますが、最近は手足口病なのに水疱が手足や口に出てこないこともありますので、病院で判断してもらいましょう。

プール熱


プールに入って熱を出したらプール熱・・・というイメージがありますが、これも「アデノウイルス」というウイルスから感染する病気で、正式には「咽頭結膜炎」といいます。

このウイルスは感染力がとても強く、感染している子供がプールに入ると同じプールに入っている子供もみんな感染してしまうほどの感染力があり、それ故に「プール病」と呼ばれています。

そんなプール熱、感染すると潜伏期間が5~7日、長い時は2週間潜伏することもあり、潜伏期間が他の2つの病気よりも若干長いのが特徴です。

症状は、39℃前後の高熱、食欲不振、のどの痛み、鼻水、目の充血、目やに等、一般的な風邪と同じで、ヘルパンギーナや手足口病のような水疱の症状は現れません。

ヘルパンギーナとの区別は、

  • 高熱と一緒に喉に水疱が現れたらヘルパンギーナ
  • 高熱は出ても水疱はなく、のどの痛みや鼻水の症状が出ていたらプール熱

このように判断できますが、最終判断は医者に任せましょう。

このプール熱も特効薬はなく治療法もない上、さらに熱が収まった後も、潜伏期間同様に感染力は他の病気よりも強く、水ぼうそうやインフルエンザと同じように熱が下がった後、2日間は幼稚園や保育園等が登園禁止になる病気です。

ヘルパンギーナの治療方法


ヘルパンギーナ3

さて、ヘルパンギーナにはインフルエンザのような特効薬も予防するためのワクチンもないので、もしも感染したら自力で治療するしかありません。

病院でヘルパンギーナの診断を受けると、解熱剤、喉の腫れの薬や水疱の薬を処方してくれますので、それを飲んで安静にしていましょう。

喉の腫れといった症状が酷くなると、食べ物や飲み物が喉を通らない程痛むこともありますので、のどごしの良いゼリーやプリン、冷たい飲み物などで少しずつ水分補給をこころがけ、また、おかゆやおじやも熱いと喉への刺激になりますので、冷ましたものが良いですね。

また、ヘルパンギーナの症状はとても感染力の強く、家族や看病しているパパやママ、お年寄りに感染する可能性も高いですので、感染を防ぐためにもこまめな手洗い体調管理を心掛けてください。

特に同居しているお年寄りや兄妹は要注意、感染して寝込んでいる孫や兄妹が心配で側についていたがることも・・・感染する病気だという事をちゃんと家族に理解してもらってくださいね。

潜伏期間


ヘルパンギーナの潜伏期間は3日~6日と言われていますが、実はヘルパンギーナの一番怖いところは、この潜伏期間の感染力の強さなのです。

ヘルパンギーナの感染力は潜伏期間も発病中もとても強く、幼稚園や保育園では潜伏期間の子供が1人いると、その子と遊んだ子供が集団感染、地域や学区単位でヘルパンギーナが大流行・・・なんてゆう事もよくあります。

地域でヘルパンギーナが流行しているかどうか気になるのでしたら、小児科に問い合わせてみると、どこの地域や学区でヘルパンギーナが流行しているかという情報を教えてくれることもありますし、また、保育園や幼稚園によっては園内で感染した子供がいると、親にその事を知らせて注意を呼び掛けてくれるところもあります。

スポンサードリンク


保育園の出席停止期間はどのくらい?


ヘルパンギーナ4

潜伏期間中でさえ感染力の強いヘルパンギーナ、例えばインフルエンザや水ぼうそうのように保育園や幼稚園への出席停止になる規定はありません。

しかし、ヘルパンギーナに対する出席停止に関する対応は、幼稚園や保育園によって違います。

保育園や幼稚園によって異なる対応


  • 熱が下がって治療完了した後、さらに数日出席停止とする
  • 治療が終わった後に医者の治癒証明がもらえるまで出席停止とする
  • 熱が下がって治療完了すれば出席停止は解除

このように、保育園や幼稚園では子供への感染を第一に考えて出席停止に関する様々な対応を行っていますので、ヘルパンギーナに感染した時には、通っている保育園や幼稚園で出席停止期間について相談してみましょう。

一般的には、喉の水疱が残っているうちは飛沫感染(くしゃみや咳でよだれや唾液が飛び散り、それが原因で感染すること)する恐れがあるので出席停止、熱が下がれば治療完了で保育園や幼稚園に登園できると言われています。

しかし、治療後もウイルスは体の中に2週間~4週間ほど生きているので、治療が完了し出席停止期間が終わった後も感染する可能性がゼロではありません。

治療完了し出席停止期間が終わって保育園に出席したら、感染を防ぐためのマスク着用やこまめな手洗いをするように、お子様にちゃんと理解してもらいましょう。

ヘルパンギーナに感染しないようにするには?


ヘルパンギーナ5

ヘルパンギーナはとても感染力が強く、集団感染の可能性もある感染症ですが、感染しないためのワクチンや予防接種もありませんので、日頃から気をつけて予防するしかありません。

ヘルパンギーナは、飛沫感染や接触感染(ウイルスのついた手で他の人に触ることに寄っての感染)、糞口感染(おむつについたウイルスが手につき、手洗い不足により口に入り、感染する)などが原因でどんどん感染してゆきます。

感染しないようにするには、次の事に気をつけるのが効果的と言われています。

うがい、手洗いをしっかりする


これは、ヘルパンギーナに限らず、風邪をはじめとしたさまざまな病気に対しても効果があります。

特にヘルパンギーナは完治後も1か月近く、感染の可能性が残っています。

外から帰ってきたときはもちろん、特に便にはヘルパンギーナのウイルスが含まれているので、おむつ替えの後には念入りに手洗いをしましょう。

  • タオルを共同で使うのを避ける

患者さんのよだれからウイルスが感染することがあるので、患者さんのタオルを共同で使わないようにし、また、患者さんのよだれを拭いたタオルは、他の洗濯物とは分けて洗濯するとさらなる感染防止につながります。

マスク着用する


飛沫感染するので、看病中は必ずマスクをしましょう。

また、看病するパパやママだけではなく、ヘルパンギーナに感染している患者さんも、完治後しばらくはマスクをしておいた方が、他の人への感染を防ぐことが出来ます。

また、マスクが出来ない赤ちゃんの場合は、こまめに口のよだれをティッシュでふき取ってあげてください。

しっかりと睡眠をとる


病気に対する免疫力が下がると、ヘルパンギーナに限らず様々な病気になる恐れがありますので、睡眠をしっかりとり、体調管理を心掛けてくださいね。


まとめ


子供がよくかかる夏風邪として有名なヘルパンギーナ、感染するととても辛い病気のようですね。

特効薬はないのですが、安静にしていれば必ず治る病気ですので、感染したら喉に優しい食べ物や飲み物で栄養補給をして、ゆっくり体を休めてくださいね。

また、感染力の強い病気ですので、ヘルパンギーナにかかった人はもちろん、周囲の人も感染しないように気をつけましょう。

スポンサードリンク