Pocket

しもやけ

冬になると悩まされることが多くなるしもやけ

私自身しもやけになったことはないのですが、身近にしもやけになった人を見ていると、とても痒そうで苦しそうだったことを覚えています…。

ほとんどの場合、しもやけになってしまうと患部がとても痒くなりますよね。

特に手足がしもやけになることが多いので、今回はしもやけの原因と手足が痒い時の対処法や治し方など、しもやけについてのあれこれをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク


しもやけとは?

画像名

しもやけとは、「寒さにより血行が悪くなることによって起こる炎症」のことで、特に血管が細い手足や、露出している肌の部分、つまり鼻や頬などがしもやけになりやすいと言われています。

しもやけになると痒さだけでなく、ジンジンとした痛みや熱を感じることも。

誰もがなるかもしれないしもやけですが、重症になると大変なことになるので、注意してくださいね。

しもやけの原因


それでは、しもやけの原因について見ていきましょう。

しもやけの原因が分かれば予防できることもあるかもしれないので、しもやけに悩まされている方は要チェックです。

私たちの体は寒さを感じると血管を縮めて血液をあまり流さないようにし、反対に暑さを感じると血管を広げて血液を多く送ったり、皮膚の表面温度を上げたりして熱を放出する体温調節機能が備わっています。

「寒さ」と「暖かさ」の刺激が繰り返されることにより、血管の収縮や拡張も繰り返され、血液の循環に障害が生じ、しもやけになってしまいます。

特に手足などの末梢部分の血管では血行のコントロールがしにくい為、赤く腫れたりしてしもやけになりやすいという訳です。

簡単にいうと、「冬の寒さで血管が縮み血流が悪くなること」、その寒さに加え、「暖房と外の温度差が生じること」がしもやけになる原因です。

なので、寒さと温度差がひどい冬や春先にしもやけが起こるんですね。

例えば、汗をかいた後に着替えもせずに皮膚を濡れたままにしておくと水分が蒸発するときに急激に皮膚の温度が下がるので、しもやけになってしまいます。


手足が痒い時の対処法や治し方

画像名

しもやけの原因は分かっていただけたでしょうか?

では、次に手足が痒い時の対処法や治し方について詳しく見ていきましょう。

手足が痒い時の対処法


しもやけが原因で手足が痒い時にはビタミンEやヘパリン類似物質が配合されているクリームを塗るという対処法がオススメです。

クリームを塗ることでしもやけの原因である血行不良が改善されるので、最適な対処法と言えるでしょう。

手足が痒い時は我慢せずにこの対処法を試してみてくださいね。

オススメのクリームは、「メンソレータムヒビプロKTa」「ユースキンa」などです。




しもやけだけでなく、あかぎれなどの皮膚の治療にも効果があるので、1つ持っておくと便利ですよ。


手足が痒いだけでなく、皮膚が赤みを帯びている場合にオススメの薬は、「ダイアフラジンHB軟膏」、「紫雲膏(しうんこう)」です。

ダイアフラジンHB軟膏には、グリチルリチン酸ジカリウムが入っていて、皮膚の炎症と赤みを抑えてくれます。



紫雲膏(しうんこう)は、漢方が入っている薬で、紫根に含まれるシコニンがしもやけには有効成分であると考えられ、抗炎症作用や抗菌作用などがあります。



どの市販薬を使えばいいか迷う方も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

これらの市販薬を目安として1週間ほど使用しても症状が改善されない場合は、病院に行くことをオススメします。


手足が痒い時の治し方


続いて手足が痒い時の治し方についてです。

血行を良くすることが大事になるので、どうしたら血行が良くなるのかをご紹介していきますね。

熱いお湯と冷たい水に交互につける


「しもやけの原因は温度差で起こるのに・・・」と矛盾を感じた人もいるでしょう。

確かにその通りなのですが、やり方にはコツがあります。

  1. しもやけの出来やすい手や足を1〜2分ごとに約40℃のお湯と冷水に交互につけます。

  2. 終わったら必ず手足の水分は拭き取りましょう。

1〜2分という短い時間温めることと冷やすことを繰り返すことで血行が良くなるようです。

あまり長時間お湯や冷水につけると逆効果になるので、時間に気をつけて実践してみてくださいね。

患部を温めながらマッサージをする


患部を温めながらマッサージすることで血行が良くなるのですが、あまり強い力でマッサージをすると症状がひどくなることもあるので、優しくマッサージしてくださいね。

簡単な治し方ですね。

ビタミンEを多く含む食べ物を食べる


ビタミンEには「抗酸化作用」「美白効果」などの他に、「毛細血管を広げ血流を改善する」効果や「肌トラブルを防ぐ」効果があります。

しもやけが痒くて辛い時、積極的にビタミンEを取り入れるようにしてみてください。

ビタミンEを多く含む食べ物は落花生アーモンド、またマヨネーズなどの植物油にも多く含まれています。

しもやけの痒みの治し方に食べ物を使った治し方があるとは、ちょっと驚きでした。

これらの治し方を覚えておくといざという時に便利なので、覚えておきましょう。

スポンサードリンク


しもやけの予防策

画像名

最後に、しもやけの予防策についてご紹介します。

しもやけにならない為にも、日常的にできる対策がたくさんありますのでオススメですよ。

防寒対策


寒さがしもやけの原因の1つでもあるので当たり前ではありますが、防寒対策をしっかりとしましょう。

出かける時には必ずマフラーや手袋をつけ、血行不順を起こすきつめの靴下は避けるなど工夫することが大事です。

植物油を摂る


血流を改善する効果があるビタミンEが多く含まれている植物油は、しもやけ予防にも効果があります。

ダイエットなどで油分を控えている方もいますが、適度に摂取することが大事なので、ぜひやってみてください。

汗をかいたり濡れた衣服はすぐに着替える


先ほども言いましたが、汗をかいた後にそのままにしておいたり、雨や雪などで濡れた手袋などをそのまま使い続けると、水分が蒸発する時に急激に皮膚の温度が下がるので、すぐ取り替えるようにしましょう。

また、冬の時期には足元が冷えるので靴下を履いて寝る方もいると思いますが、実はそれもしもやけの原因の1つ。

なぜなら、眠っている間に汗をかき、かえって足を冷やしてしまっているからです。

なので、靴下を履いて寝るのは極力避けましょう。

以上が日常的にできるしもやけの予防策になります。

どれも簡単ですぐに実践できる方法なので、じゃんじゃん取り入れてくださいね。

まとめ


しもやけの原因や手足が痒い時の対処法、治し方などについて詳しくご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

ここ数年、冬の寒さが一段と厳しくなっているように感じますが、その分しもやけになりやすいと言う事かも知れません。

ですが、ちょっとした方法で対策や予防は出来るので「足先が痒い」と、しもやけで悩んでいるいる人は是非この記事を参考にしてみてください。



スポンサードリンク

Pocket