健康・病気

【花粉症】のどの痛みや咳、頭痛や鼻水などの症状まとめ

Pocket

画像名

スギやヒノキの季節、あるいは秋のブタクサやイネの季節、アレルギーを持っている方にとっては憂鬱な季節になりますね。

中には、

「風邪なのか花粉症なのかわからない」

「この症状、風邪だと思ったけど、花粉症だった」

と仰っている方も見かけます。

確かに花粉症と風邪の症状、似ていている所がありますよね。

そこで今回は、花粉症の症状、のどの痛みや咳、頭痛、鼻水の特徴、また風邪の症状との見分け方もまとめてみました。

風邪?花粉症? どちらの症状か迷ってしまった時の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

花粉症によるのどの痛み

のどの痛みの原因

画像名

花粉症ののどの痛みには、こんな特徴があります。

のどがイガイガする、かゆい

花粉を含んだ空気がのどを通り、のどに花粉が付着して刺激され炎症を起こすことが原因で出る症状です。

のどが腫れる

のどが腫れる症状は、花粉アレルギーによって鼻が詰まって鼻呼吸が出来なくなり口呼吸が多くなることで、雑菌やウイルスが口から入りのどを刺激することが原因。

よく「花粉症になるとどうものどが渇くのよねー」と仰ってる人がいますが、あののどの渇きの原因の一つは、花粉症によって鼻が詰まってしまい、口呼吸をすることによって口の中が乾燥して、のどが渇いてしまうのです。(また、花粉症の薬によってのどの渇きが出る場合もあります)

風邪との違い

風邪によるのどの痛みとの見分け方、一番簡単に見分ける方法をご紹介します。

それは、

  • のどの痛みの他にも風邪の症状が出ているか。
  • つばを飲み込んだ時にのどが痛むかどうか。

この二つです。

風邪をひくと「高熱、怠さ、関節の痛み」といった症状が出てきますが、のどが痛む時こういった他の風邪の症状が出ていれば、風邪の疑いがあります。

熱もなく、他に風邪の症状がないのに喉が痛くていがらっぽいのであれば、花粉症の可能性が高いです。

また、花粉症が原因でのどが痛むときは、つばを飲み込んでものどは痛みません。

このように、特徴に差がありますが、心配な方は内科でしっかりと受診してもらうことをおすすめします。

花粉症による咳

咳の症状の原因

画像名

「花粉症で咳が出るの?」

ちょっと意外な気がしませんか?

花粉症の症状と言えば、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみと言ったところです。

けれど実は、花粉症によって「咳」が出るときもあるのです。

一般的に花粉症による「咳」の症状が出るのは、ブタクサやイネといった、「秋の花粉症」の症状ですが、春先の花粉症でも咳が出る事はあります。

これは、口からのど、気管支へと入っていった花粉が、体の中で「異物」の扱いになり、その「異物」を外に出すために「咳」が出て、咳と一緒に花粉を体の外に出そうとする働きが起こるからなのです。

風邪の咳との違い

花粉による咳も、風邪による咳とは違います。

一般的に、風邪による咳は「痰」が絡んだような咳が出て、痰がでるのと同時に咳が止まることが多いのですが、花粉症の咳はもう少し軽く、「コンコン」といった感じの咳です。

また、その咳がなかなか止まらないのも花粉症の特徴。

軽い咳が長続きする方は、花粉症の可能性が高いですので、早めに病院へ行きましょう。

花粉症による頭痛

頭痛の原因

画像名

花粉症になると「頭痛」が酷くなる、という方もいるのではないでしょうか?

花粉を直接吸う事で粘膜が刺激されて鼻やのどにトラブルが起きる、というのは考えやすいですが、「花粉症による頭痛」と聞いてもあまりピンとこない人も多いと思います。

「どうして花粉症で頭痛が起こるの?」というのが正直な感想ではないでしょうか?

実は、花粉症による頭痛にはこんな原因があるのです。

酸欠状態

花粉症によって鼻が詰まると、鼻呼吸がしにくくなり、脳に十分な酸素が行き届きにくくなって脳が酸欠状態になります。

そうすると、身体は、脳に十分な酸素を送るために血流を増やそうとして、血管を拡張させます。

その結果、神経が刺激されて頭痛になると言われています。

副鼻腔炎

花粉症によって、サラサラな鼻水がたくさん出てきたり、花粉の炎症で鼻の中が炎症を起こすと、鼻の中が腫れて鼻水の流れが悪くなります。

鼻水と一緒に膿が鼻の中にたまり続けてしまうと副鼻腔炎となってしまいます。

副鼻腔炎になると、頭痛の他にも「額、目の奥、鼻の奥、歯の痛み」といった症状が出てきます。

ヒスタミン

花粉に対して免疫効果が過剰反応すると「ヒスタミン」という物質が体内に大量に生成されます。

このヒスタミンが、目や鼻の粘膜の炎症の原因と言われていますが、このヒスタミンは血管を拡張する作用があるといわれていて、血管が拡張すると偏頭痛が起きやすいのです。

風邪の頭痛との違い

花粉症による頭痛と風邪による頭痛も「似たようなものでしょう?」と考えがちですね。

確かに同じ頭痛ですので、痛みによる区別はつきにくいのですが、風邪による頭痛は頭痛の他にも風邪の症状が出ています。

特に注意したい症状は「発熱」です。

頭痛と38℃台の高熱が出たら、風邪による発熱。

と覚えておきましょう。

特に花粉症では「高熱が出る」という症状はありません。

高熱が出ない、頭痛だけの症状でしたら花粉症です。

スポンサードリンク

花粉症による鼻水

鼻水の原因

画像名

花粉症になると「鼻水」も止まらなくなりますよね。

花粉症になると、花粉が鼻に入ることで鼻の中を刺激し、それによって花粉を体の外に出そうとして鼻水が出てきます。

花粉症の鼻水の特徴はサラサラな水のような状態の鼻水が出る、という点です。

風邪との違い

鼻水は、風邪をひいたときにも出てきますよね。

花粉症による鼻水が「サラサラ」なのに対して、風邪による鼻水は黄色っぽくて若干粘度があります。

これは、体の中で、風邪のウイルスを白血球が撃退して、その死骸が膿となって出てきているからです。

サラサラな鼻水が長い期間にわたって出てくるのなら、風邪ではなく花粉症です。

花粉症と風邪の見分け方のまとめ

画像名

スギやヒノキ花粉症は、冬の終わり、早い人で2月の終わり頃〜5月上旬まで続くといわれています。

特に冬の終わりは風邪をひいている人も多いですし、「風邪か花粉症かわからない」と思う人が多いのも無理はありません。

一般的に、花粉症と風邪の見分け方は次の通りです。

風邪 花粉症
期間 2週間ほど 花粉が飛んでいる間ずっと
発熱 37~38℃の高熱 発熱無、または微熱
鼻水 黄色っぽい鼻水 水のような鼻水が断続的に出る
痰が絡んだような咳 軽い咳が長く続く

風邪か花粉症か、区別がつかないときの判断の参考になさってください。

こんな人は要注意!花粉症になりやすい人

画像名

花粉症になりやすい人には、こんな特徴があります。

あなたは、当てはまるものがいくつありますか?

身内にアレルギーの人がいる

アレルギー体質は遺伝しますので、同じ量の花粉を吸ったとしても、身内にアレルギーを持っている人とそうでない人とでは、身内にアレルギー症の人がいる人の方が、花粉症になりやすいといわれています。

都会に住んでいる

都会は、田舎と比べてコンクリートが多く、花粉が舞い上がりやすい環境です。

また、花粉だけではなく、大気汚染などの影響も、アレルギーを悪化させる一因ともいわれています。

日頃からストレスを感じている人

ストレスが多く疲れがたまりやすい人は、体の免疫力も下がり気味、花粉などのアレルゲンにも敏感に反応しやすいといわれています。

食べ物の好き嫌いが多い人

日頃から食べ物の好き嫌いが多かったり、脂っこいものやカロリーの高いものをよく食べる人は、アレルギー体質になりやすいといわれています。

特に「ストレス」や「食べ物の好き嫌い」は、改善しようと思えば改善できそうですね。

心当たりのある方は、生活改善してみてはいかがでしょうか?

まとめ

花粉症の症状についてと、風邪との見分け方をまとめてみましたが、いかがでしたか?

特に春の花粉症は症状が風邪に似ているし、冬の風邪を引きずっている人も多いので、「風邪か花粉症かわからない」と迷ってしまう人も多いですが、それぞれの症状には特徴がありますので、その特徴で見分けがつくと良いですね。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA