美容・ダイエット

飲む日焼け止めサプリの効果や副作用の危険性は?

Pocket

日焼け

最近、「飲む日焼け止めサプリ」の情報を様々なところで見かけます。

これを飲めば「日焼けによるシミやそばかす、お肌のトラブルを予防できる」というタイプのサプリですが、どんな効果があるのか、どんな成分が入っているのか気になりませんか?

そこで飲む日焼け止めサプリの効果や副作用、気になる危険性についてご紹介したいと思います。

「日焼けは日傘や日焼け止めクリームを使わないと阻止できないのに、どうやってサプリで日焼け止めするの?」

という素朴な疑問にもお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めが生まれた理由

「飲む日焼け止めサプリが生まれた理由」をお話しする前に、そもそもどうして日焼けになるのか、日焼けの仕組みをご紹介します。

日焼けの仕組み

日焼け

紫外線が大量に皮膚に当たると、活性酸素が増えてゆきます。

活性酸素は皮膚を錆びさせ、お肌の老化を一気に促進させてしまいます。

そればかりか、紫外線はお肌の乾燥や水ぶくれといったやけどのような炎症を起こし、ひどい時にはDNAまで損傷して皮膚がんの原因ともなることも!

そこで皮膚に紫外線が当たると、皮膚は紫外線を防御するためにメラニンという色素をたくさん出します。

メラニンは、紫外線をシャットダウンする働きがあるからです。

このメラニンが皮膚にたくさんできた状態が「日焼け」、日に当たると黒く日焼けをするのは、身体が紫外線からお肌を守ろうとする防御反応なのです。

日焼けしたお肌は、お肌のターンオーバー(生まれ変わり、新陳代謝)によって元のお肌に戻りますが、残念な事に歳を重ねるに従って、ターンオーバーがうまくいかなかったりして、お肌にメラニンが残ってしまうことが。

それが、日焼けによる「しみ」や「そばかす」、「くすみ」「たるみ」といったさらなるお肌のトラブルへとつながってゆくのです。

「日焼けしたお肌って健康的に見えるよね」

と好んで日焼けする方もいますが、あまり紫外線に当たりすぎると、炎症や皮膚がんの原因になるだけではなくお肌のトラブルにもなるなんて、過度の日焼けは身体にとってあんまりいい事ないですね。

日焼け止めクリームのデメリット

日焼け止めクリーム

「日焼けによるお肌のトラブルや、紫外線による炎症や皮膚がんの予防のためにも、紫外線が多い季節には日焼け止めクリームをつける」

これはお肌を気にする人にとっては常識ですが、日焼け止めクリームは決められた量をちゃんと塗らないと効果がなかったり、あるいは汗で流れてしまうために一定時間ごとに塗りなおさなくてはいけない、というデメリットがあります。

さらに、塗り忘れ等があるとお肌の一部分だけ日焼けしまったり、お肌がまだら模様に日焼けしたりという事も。

そんな風に、日焼け止めクリームでは防ぎきれない皮膚の日焼けを防ぐために「飲む日焼け止めサプリ」が開発されました。

海外ではすでに主流

この「飲む日焼け止めサプリ」は海外で開発されて、海外では日本よりも数多く出回っていて利用者も多いようです。

なぜ海外かというと・・・日本人よりも海外の白人系の方の方が紫外線による皮膚がん発生率が高いからです。

これはどういうことかというと、先ほど「日焼けの仕組み」でもご紹介しましたが、日本人は紫外線に当たるとそれらを防御するためにメラニン色素が増えてお肌が黒く日焼けします。

ところが外国の白人系の方は、紫外線に当たってもお肌が黒くなりにくく、黒く日焼けする日本人よりもたくさんの紫外線をお肌に受けてしまうのです。

日本でも、日にあたっても日焼けをせず、お肌が真っ赤に痛そうになってしまう方がいますよね? 海外ではそう言ったお肌の方が圧倒的に多いのです。

メラニンがお肌を防御してくれないので、紫外線をお肌に直接浴びてしまうため、日本人よりも外国の方の方が皮膚がんの発生率が高く、深刻な問題となっているのです。

そこで、皮膚がんを防ぐための飲む日焼け止めサプリが海外ではよく使われているのです。

飲む日焼け止めサプリの成分と効果

サプリメント

「でも、飲む日焼け止めサプリってどんな成分が入っているの?」

お肌に直接紫外線が当たる事で起こる日焼け、それをサプリを飲んで予防する・・・ちょっとピンときませんし、どんな成分が入っているのかも気になるところです。

飲む日焼け止めサプリには、こんな効果がある成分が含まれているのです。

  • ニュートロックスサン
    シトラスやローズマリー由来の成分で、ポリフェノールの一種。強力な抗酸化作用があって、日焼けによるお肌の酸化や紫外線による炎症を予防する効果があります。
  • ブライトニングパイン
    「パイナップルセラミド」とも呼ばれています。日焼けによって肌が黒くなる原因「メラニン」の生成を抑える効果があり、また、刺激から肌を守る機能や、保湿機能、美肌効果も。
  • フェーンブロック
    シダ植物の一種で、「シェードファクター」、「PLエキス」とも呼ばれています。紫外線によるお肌のダメージを軽くする効果で、それにより皮膚がんの危険性を軽減する働きがあるといわれています。

これらは植物から抽出されたエキスで、どれも日焼けによるお肌のトラブルを防止、軽減させる働きがあります。

これらの成分からもわかりますように、飲む日焼け止めサプリを飲んでも「日焼け」をしないわけではありませんが、日焼けによるお肌のダメージやトラブルを予防する効果があるのです。

「本当にこのサプリ、効くの?」

日焼け止めサプリの効果を疑っているわけではないですけれども、やはり気になるのはこの効果が「効く」のかどうかです。 

確かにこの飲む日焼け止めサプリ、一定の効果はありますが万全ではありません。

より完全に日焼けを予防するのであれば、日焼け止めクリームと日焼け止めサプリ、併用することをおすすめします。

副作用と危険性

副作用

「でも、日焼け防止効果のある成分って、身体にとって怖い成分とかじゃないの?」

確かにこういったサプリで心配なのは、副作用や危険性ですね。

日焼けを日焼け止めクリームや、帽子や長袖といった物理的な日焼け対策に頼っている私たちから見ると、サプリで日焼け止めが出来るの?という不安もありますよね。

ところが、これらの飲む日焼け止めサプリの成分は、もともと植物由来の成分がメインということなので、医薬品のような強い副作用や危険性は極めて少ないと考えられています。

実際、海外で一番人気のある飲む日焼け止めサプリの1つに「ヘリオケア」というサプリがあるのですが、これは25年以上、アトピー性皮膚炎の患者さんに使わていて副作用等のトラブルは全くなく、危険性も低いとされています。。

ただし、例えばブライトニングパインの成分はパイナップルのアレルギーを持つ方が飲むには注意が必要ですし、シダ植物由来の成分「フェーンブロック」は、シダ植物によるアレルギーを持っている方には注意が必要。

一般的なサプリと同じく、飲む上での注意をしっかり守れば身体に大きな害や副作用、危険性はないとのことですので、安心して飲むことが出来るようですよ。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めサプリのメリットとデメリット

メリット

メリット

皮膚のすべてに日焼け止め効果

サプリを飲んでおくと、日焼け止めクリームでカバーしきれない皮膚にもその効果があるので、

「塗り忘れた場所だけ日焼けしちゃった!」

「耳の後ろとか頭皮とか、日焼け止めクリーム塗れないところの日焼けが気になるの!」

といったことにならず、サプリを飲むだけで全身の日焼け対策をすることが出来ます。

美肌効果や美白効果にも期待

飲む日焼け止めサプリには、日焼け止め効果の他に美肌効果や美白効果のあるものが多く、飲むだけで日焼け止め対策だけではなく美肌対策や美白対策までできちゃうのです。

これはとてもお得で嬉しいメリットですよね。

日焼け止めクリームが塗れない敏感肌の方にも有効

最近は日焼け止めクリームも敏感肌の人が使えるような低刺激のものがあるようですが、それでもお肌が弱い方にとって日焼け止めをお肌に塗る事は抵抗があると思います。

けれど、飲む日焼け止めはサプリですので、そういった肌トラブルがある方でも安心して飲んで、日焼け対策をすることが出来ます。

特にアトピー性皮膚炎や皮膚や弱い方にとってはメリットですね。

汗で落ちてしまう心配がない

日焼け止めクリームですと汗で落ちてしまうことがあるので、2,3時間ごとに塗りなおさなくては効果が持続しないものが多いのですが飲む日焼け止めサプリは、汗等の外的刺激で日焼け防止効果が弱まることはありません。

日焼け止めサプリの種類によっては2~4時間おきに飲まなくてはいけないものもありますが、効果が長いサプリでしたら朝飲んでしまえば1日中、日焼けの心配がないというものもあり便利ですよね。

デメリット

デメリット

日焼けを物理的に防ぐサプリではない

日傘や日焼け止めクリームを使った日焼け対策のように、日焼けを直接防ぐサプリではありませんので日焼け防止サプリを飲んでいても「日焼け」はします

ただし、日焼けによるお肌のトラブルを防ぐサプリだという事を忘れないでください。

飲み忘れ、あるいは飲むのが面倒

ついうっかり飲み忘れてしまったり、あるいはサプリの種類によっては「毎日ちゃんと飲んでいないと効果が薄い」というサプリもありますので、毎日飲むのが面倒になってしまう事も。

日焼け止めクリームよりは高価

日焼け止めクリームよりも飲む日焼け止めサプリの方が高価ですので、続けるとなるとコストがかかってしまいます。

日焼け対策をお安く済ませたい、という方にとっては痛い出費かもしれませんね。

妊娠中、授乳中、高血圧、アレルギーを持つ方は医師と相談

サプリの中には、幼児、妊娠中や授乳中には飲めないものがあります。

また、高血圧や食べ物のアレルギーを持っている方は、かかりつけのお医者さんと相談してから飲むことをおすすめします。

まとめ

「飲む日焼け止めサプリ」についてをまとめてみました。

「飲む日焼け止めサプリ」と初めて聞いたときはいったいどんなサプリ? 危険なものではないの? と不思議に思いましたが、抗酸化作用の強い成分が入っていて、日焼けによる肌トラブルを少なくするサプリだったのですね。

日焼けを物理的にブロックする効果はないものの、日傘や日焼け止めクリームと併用したら、さらに効果的な紫外線対策になりそうですね。

夏の紫外線が気になる方は、こんな飲む日焼け止めサプリをちょっと試してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA