美容・ダイエット

髪の毛のうねりや広がりを抑える方法は?梅雨や雨の日の湿気対策

Pocket

髪のトラブル

雨の日や梅雨時、なかなか髪の毛のセットが決まらなかったり、せっかくセットした髪型がうねり、広がり残念な事に・・・そんなことありませんか?

今回は髪の毛のうねりや広がりの原因、それらを抑える方法、梅雨や雨の日の髪の毛のうねり・広がりを治す対策をご紹介します。

うねりや広がりの原因は、もしかすると日頃の髪の毛のケアにあるかもしれませんよ。

あるいは、髪の毛のうねりや広がりを抑える方法、いつも使っているあの方法は間違えているかも知れません。

あなたの髪の毛は大丈夫ですか?

スポンサードリンク

髪の毛のうねりや広がりの原因

髪の毛のうねりや広がりの原因は、主に次の2つが挙げられます。

髪の毛のダメージと乾燥

髪の毛の「キューティクル」という言葉を聞いたことがありませんか?

「キューティクル」とは髪の毛の表面をガードしている物質で、髪の毛の艶のことです。

ところが髪の毛がダメージを受けてキューティクルがはがれてしまうと、そこから髪の毛の水分が抜けて乾燥気味な髪の毛になりがちに。

乾燥した状態の髪は、キューティクルのはがれた所から空気中の湿気を多く吸収してしまいます。

そして、普段よりも湿気や水分を多く吸った髪の毛は太くなり、広がりやうねりがおこってしまうのです。

梅雨どきや雨の日はご用心

梅雨

「梅雨の時期や雨の日って髪の毛がうまくセットできないのよね」

という声を聞いたことがありませんか?

梅雨どきや雨の日は普段よりも湿気が多いので、キューティクルの傷んだ髪の毛は普段以上に水分を吸収してしまいます。

そのため普段からうねりや広がりが酷い人は手に負えなくなってしまうことも。

梅雨時や雨の日の湿気にも困りものですね。

毛穴の詰まり

シャンプーのボトル

髪の毛のうねりやひろがりのもう1つの原因が毛穴の詰まり

日頃からシャンプーの洗い流しがおろそかだったりシャンプーを泡立てずに使ったりしていると、毛穴にシャンプーや皮脂の詰まりが起こります

その結果、新しい髪の毛がまっすぐ生えて来なくなりうねりやすく広がりやすい髪の毛となってしまうのです。

こういったうねりや広がりは、シャンプーが原因だけではなく、加齢や老化などによって頭皮が弱ってきた場合でも同じことが起こります。

「若いころは髪の毛ストレートだったのに、年取ってからうねってきちゃったわ」

そんな方、いませんか?

とはいえ、毛穴の詰まりが原因で起こる「うねり」や「広がり」は、雨の日や湿気が多い日、そうでない日に関わらずうねったり広がったりしがち。

「うねり」や「広がり」を抑えるためにもヘアケアを見直しましょう。

日々のヘアケアは大切

ヘアケア

雨の日、梅雨時にうねったり広がったりしない髪の毛にするには、「ダメージの少ない髪」にするのが大切です。

ところが髪の毛は一度ダメージを受けて傷ついてしまうと、それを自然に治すことはできません

けれど、今の髪の毛をこれ以上ダメージを受けないようにすることはできます。

特に日々の髪の毛のお手入れはとても大切。

うねりや広がりにお悩みでしたら、とりあえず日々の髪の毛のお手入れから見直してみてはいかがでしょう?

気をつけたい髪への負担

うねりや広がりの原因となる「髪の毛のダメージ」はどんなことが原因で起こってしまうのでしょうか?

ダメージの原因をいくつか挙げてみます。

パーマやヘアカラー

パーマ

最近はパーマをかけたりヘアカラーを使ったりすると簡単に髪型や雰囲気を変えることが出来て、髪の毛のオシャレの幅も随分広がりましたね。

けれど、パーマやヘアカラーは髪に大きなダメージを与えることになってしまうのです。

パーマ液やヘアカラー液はキューティクルを破壊して髪の内部に入り込んで髪の毛の結合を変えたり、あるいは色を変えたりといった性質を持つものが多く、髪にとってはとても刺激が強い薬品、それを髪の毛につけたら・・・髪が傷むのが想像できますね。

また、パーマ液もヘアカラー液も強いアルカリ性、髪の毛を強いアルカリ性の溶液につければ当然髪の毛も質もアルカリ性に傾いてしまいますが、そのアルカリ性の液が髪の毛の中に残ってしまうのです。

「健康な髪は弱酸性」といわれていますが、髪の中にアルカリ性の成分が残ってしまうと髪は当然アルカリ性に。

髪がアルカリ性になるとキューティクルが開いた状態になり、髪はパサパサになりやすくハリや艶がなくなり、傷みやすくなってしまうのです。

これからパーマやヘアカラーでイメチェンを考えている方はお洒落やイメチェンと同じくらい、髪のダメージの事をよく考えてから行いましょう!

紫外線

紫外線

髪の毛は私たちが考えている以上に紫外線の影響を受けています。

お肌の紫外線対策は入念にしている方は多いですが、髪の紫外線対策をしていない、という方は意外と多いようです。

実は、髪の毛に当たる紫外線の量はお肌の2倍といわれている上、髪の毛もお肌同様に日焼けしますし、紫外線の刺激を受けます。

その刺激によって髪の毛のキューティクルがはがれ、髪はダメージを受け、乾燥の原因になってしまうのです。

外出の時はちゃんと帽子をかぶり、髪にも日焼け止めをしましょう。

髪に使う日焼け止めはスプレータイプがおすすめ、スプレータイプの日焼け止めにはこんな商品がありますよ。

【アジャステ エアリータッチ UVスプレー】

【紫外線予報 透明UVスプレー】

ドライヤー

ドライヤー

髪の毛は「ケラチン」というたんぱく質で出来ているのですが、この「ケラチン」は熱にとても弱いのです。

ドライヤーやヘアアイロンの熱で変化して、髪はどんどん傷んでいってしまいます。

ドライヤーを使うのなら、なるべく短時間で髪の毛を乾かしましょう。

しっかりとタオルドライしてから髪にドライヤーをかけると、ドライヤーを使用する時間を短縮することが出来ますよ。

髪を乾かさずに放置

「ドライヤーは髪の毛が傷むから」といって髪の毛を洗った後、乾かさずに放置するのも髪の毛のダメージを増やす原因。

生乾きや濡れている髪は一番無防備な状態

ブラッシングをすれば髪の毛のダメージになりますし、そのまま寝てしまったら枕との摩擦で更に傷んでしまいます。

また、タオルドライするときには、タオルで髪の毛をごしごしこすると余計にキューティクルがはがれ、ダメージの原因になります。

こすらずに、タオルで頭全体を覆うようにして空気と混ぜるようにシェイクするように拭くと、髪は傷みにくいようですよ。

そういえば、ドライヤー嫌いな私は実はいつも髪を乾かさずに放置していました。

反省しなくては!

ブラッシング

ブラッシング

髪の毛にブラッシングは欠かせないと思いますが、やりすぎてしまうとキューティクルがはがれてダメージの原因に

ブラッシングもほどほどに

シャンプー

シャンプーによっては原材料が石油系のものだったり、防腐剤が使われているものもあります。

それらは洗浄力がとても強いのですが、落とさなくても良い皮脂や油分まで落としてしまうので、頭皮や髪の毛の乾燥の原因ともなります。

髪のダメージが気になるのなら補修力のあるシャンプーがおすすめですよ。

髪のダメージの原因となる事、心当たり、ありませんか?

うねりや広がりが気になる方は、日頃からこういった事は控えてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

雨の日や梅雨時の対策

せっかく朝、髪の毛をしっかりセットしたのに、雨の日や梅雨の時期は湿気が酷くてすぐに髪の毛のうねりや広がりが酷くなっちゃう・・・

そんな方の為に、雨の日や梅雨時、湿気が酷い時に出来てしまったうねりや広がりの対策をご紹介します。

ブラッシング

よく、髪の毛のうねりや広がりを、水をつけて治すという方がいますが、これはあまりおすすめしません。

水をつければ一時的にうねりや広がりは収まりますが、その水が渇いたときに再びうねりや広がりが酷くなって残念な状態になってしまいます。

そんな時には目の粗いブラシでブラッシングしてみてください。

ブラッシングすることによって、髪の毛の水分が均等になり、髪の毛の中の水分量がある程度は落ち着きます。

また、地肌のマッサージにもなりますよ。

バッグの中に、お出かけ用に1本、目の粗い櫛やブラシを入れておいて、気になったらブラッシングをして整えるのは、一番簡単にできる対策では?

ヘアオイルをつける

ヘアオイル

少量のヘアオイルを髪につける対策はいかがでしょうか?

オイルが髪の毛をコーティングするので湿気を吸うのを抑え、髪の毛のうねりや広がりを落ち着かせることが出来ます。

お気に入りのヘアオイルを、少量携帯用の容器に入れておけばカバンにも入るし、いざという時に使いやすいですよ。

また、旅行用の少量入っているヘアオイルもよく見かけますので、そういったヘアオイルもおすすめです。

パンテーン 洗い流さないトリートメント 集中補修オイル 本体 30ml

https://www.amazon.co.jp/パンテーン-洗い流さないトリートメント-集中補修オイル-本体-30ml/dp/B00IAIDD1C?SubscriptionId=AKIAIQIJ3RY3QWPJYDUA&tag=baysunfnd-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00IAIDD1C

「ヘアオイルなんて使ったことない」

「髪の毛のケアはシャンプーとトリートメントだけ」

そんな方も多いかもしれませんね。

実はヘアオイルは、髪の毛のうねり、広がり、髪の毛のダメージで悩んでいる人には是非使ってほしいアイテムです。

髪の毛の表面にヘアオイルをつけるだけで、湿気が酷い時のうねりや広がりが抑えられるだけではなく、キューティクルを復活させたり、水分や栄養を髪の毛の中に閉じ込める働きもあるのです。

湿気の多い日のうねりや広がりの対策も兼ねて、一度ヘアオイルを使ってみてはいかがでしょう?

ハンドクリームをつける

ヘアオイルがなかったら、代わりに「ハンドクリーム」でも代用できますよ。

ハンドクリームを薄く手に付けて、髪の毛1本1本になじませるようにつけると、ヘアオイルと同じような役割をしてくれます。

ハンドクリームと兼用できるのであえてヘアオイルを持ち運ぶ必要がないので便利ですが、あくまでもヘアオイルがない時の対策として覚えておくと良いかもしれませんね。

どれも簡単に出来る対策ですので、うねりや広がりが気になる方は、是非やってみてくださいね。

まとめ

髪の毛のうねりや広がりの原因と抑え方、そして梅雨や雨の日、髪の毛のうねりや広がりが出てしまった時の対策についてまとめてみました。

髪の毛のうねりや広がりは、髪の毛がダメージを受けて傷ついていることが原因、ダメージを受ける原因にも少し触れてみましたが、日々のケアを改善していけば、少しずつうねりや広がりは収まります。

また、うねりや広がりの原因になる髪の毛のダメージや、ダメージヘアを治す詳しい方法については、また別の機会があればご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA