美容・ダイエット

顔や体に塗った日焼け止めの正しい落とし方!落とさないとどうなる?

Pocket

日焼け止め

紫外線の多い季節は日焼け止めを手放せない・・・そんな方は少なくないと思います。

紫外線はお肌の大敵、しっかり紫外線予防をしたいところですが、問題は日焼け止めの落とし方。

そういえば、効果的な日焼け止めの塗り方に関する情報は様々なところで見かけますが、その日焼け止めの正しい落とし方に関する情報は意外と少ないように思います。

また、日焼け止めを正しく落とさないと、紫外線を浴びるのと同じくらい、お肌のトラブルになるのだとか・・・

今回は日焼け止めの落とし方と落とさない場合に起こるトラブルについてご紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めを落とし方

みなさんは、日焼け止めをどうやって落としていますか?

「どうやってって・・あんまり気にしたことないなぁ」

「汗で流れちゃうんでしょう?」

「何となく石鹸とか洗顔料かな?」

など、人それぞれ日焼け止めの落とし方が違うかもしれませんね。

実は日焼け止めの落とし方は日焼け止めによって異なるのです。

日焼け止めのパッケージを見ると、その日焼け止めの落とし方も書いてありますので、日焼け止めを使う前には必ず、落とし方も確認して、落とすときは正しい落とし方で落としましょう。

間違った落とし方をすると日焼け止めが落ちずにお肌に残り、お肌に悪影響を及ぼすことも・・・

お肌を守るために使った日焼け止めがお肌に悪影響を及ぼしたりしたら本末転倒、気をつけてくださいね。

顔の日焼け止めの落とし方

日焼け止めの落とし方は日焼け止めによって異なりますが、大体この4種類になります。

お湯

お湯で落とす

文字通り、お湯で顔を洗えば落ちるタイプの日焼け止めです。

「日焼け止めってお湯で落とせるの?」

日頃、日焼け止めを石鹸やクレンジングで落としている方にとってはこの「お湯で落とす」日焼け止めはちょっとびっくりしますよね。

主に赤ちゃん用だったりお肌に負担がかかる成分が少ない日焼け止め、オーガニックな日焼け止めの中には、このようにお湯で落とせるものがあります。

日焼け止めの落とし方が一番簡単ですね。

ただし、この日焼け止めを使ってさらにメイクをした場合は、そのメイクを落とすためのクレンジング等は必要になります。

また、お湯で日焼け止めを落とすことが出来ても、顔の皮脂や汚れはお湯だけで落とすには不十分、洗顔料や石鹸等も使うのがおすすめですよ。

洗顔料・石けん

洗顔や石鹸

メイクを落とすときに使うクレンジングを使わなくても、石鹸や洗顔料で落とすことが出来る日焼け止めです。

子供も大人も両方使える日焼け止めや敏感肌の方でも使えるような日焼け止めにはこのタイプが多いようです。

普段、洗顔料や石鹸で洗顔を行っている人にとっては比較的お手軽な落とし方なのではないでしょうか?

それでもメイクと一緒に日焼け止めを使った場合は、メイクを落とすことが優先なのでクレンジングも使ってくださいね。

クレンジング

クレンジング

一般的な日焼け止めはこのタイプが多いように感じます。

普通のクレンジングで落とすことが出来るので、メイクと一緒に日焼け止めも落としてしまいましょう。

SPF30前後やPAが少ない日焼け止めでしたら、一般的なクレンジングミルクやジェルを使って落とすことが出来ますが、PAやSPF値が高い日焼け止めや、汗や水に強いタイプの日焼け止めは、洗浄力の強いクレンジングオイルを使った落とし方をするのがおすすめ。

そうそう、メイクを落とした後の保湿やお肌のケアもお忘れなく

専用クレンジング

私はこのタイプの日焼け止めは使ったことがないのですが、「専用のクレンジングで洗い落としてください」と表記されている日焼け止めもあります。

上でご紹介したSPF値やPAが高い日焼け止めで、さらに汗や水に強いタイプの日焼け止めの中にはこの「専用クレンジングで落としてください」と明記されているものもあるようです。

専用クレンジングを使った落とし方をする日焼け止めを購入するときには、一緒に専用クレンジングを購入するのが無難。

その日焼け止めと同じ売り場で売っていることが多いですよ。

体に塗った日焼け止めの落とし方

体に塗った日焼け止め

紫外線対策で日焼け止めを使うのは顔だけではありません。

むしろ腕や足といった顔以外の体に日焼け止めを使う事も多いのでは?

体につかった日焼け止めは、基本的に顔と同じ落とし方で落とすことができます。

日焼け止めの落とし方を整理してみますね。

  • 「石鹸や洗顔料」あるいは「お湯」で落とせる日焼け止め
    普段体を洗う時に使うボディーソープを使った落とし方をしましょう。
  • 「クレンジング」「専用クレンジング」と書かれている日焼け止めクレンジング
    クレンジングを使った後にボディーソープを使って体を洗う事もお忘れなく。

「クレンジング」は顔のメイクを落とすときに使っている「メイク落とし」を体に使っても問題ありませんが、「メイク落としに使うクレンジングを体に使うのはちょっともったいない」と感じる方も多いかもしれませんね。

けれど最近は、体にも使える大容量のクレンジングも見かけますので、そういったクレンジングを使って落とすのもおすすめですよ。

【ファーマアクト 無添加クレンジングオイル】

【ディブ オリーブ&アルガンクレンジングオイル 500ml】

この他にも、ドラッグストアに行くと体にも使えそうなクレンジングがいろいろ売っているようですので、そういったクレンジングを使ってもOK。

一度ドラッグストアでチェックしてみてはいかがですか?

日焼け止めを落とすときの注意

落とし忘れ注意

落としたつもりでも、例えば首回りや耳の後ろなど落とすのを忘れてしまいがちな場所があります。

また、「落としたつもり」でも落ちていないことも・・・

落とし終わった後お肌がこんな状態の時は要注意!

日焼け止めが落ちていない可能性もありますよ。

  • お湯や水を弾く場所がある
  • お肌に触ると、皮脂の膜がある感じがする。または触ると、脂の膜に被われたような感覚がする
  • 肌に白っぽいものが残っている
  • お肌がさらさらしていない
  • 日焼け止めの独特な臭いが残っている

日焼け止めを落とした後にこのような状態になったときは、まだお肌に日焼け止めが残っているかも・・・もう一回落としなおしましょう。

お肌のお手入れも忘れずに

スキンケア

日焼け止めを落とした後は、お肌の水分も奪われがち。

特に、洗浄力が強いクレンジングを使うと、日焼け止めだけではなくお肌の水分や必要な皮脂まで落としてしまう事も。

日焼け止めを落とした後はいつもより入念なお肌の保湿、お手入れを忘れずに

SPF値やAP値と落としやすさは無関係

SPF値が高い日焼け止め

何となく、

「この日焼け止めはSPF値が低いしAPも弱いから、石鹸で簡単に落ちるんじゃないの?」

「効果が強い日焼け止めは落ちにくいから、クレンジングでしっかり落とさないと駄目なんだって!」

と思いがちですよね。

確かにSPF値やPA値が高い日焼け止めは落ちにくかったり、逆にSPF値やPA値が低いと簡単に落とせたりという印象がありますが、一概にそうとも限りません。

ですから落としやすいかどうかをSPFやPAの値で測ったり自己判断せずパッケージに書いてある落とし方をチェックして行ってください。

間違った落とし方をすると、お肌に余計な負担をかけてしまう事も・・・気をつけてくださいね。

落とすタイミング

日没

みなさんは、日焼け止めはいつ落としますか?

「寝る前、お風呂に入った時かなぁ?」

「顔の日焼け止めはメイクを落とした時に一緒に落とすようにしてる」

人それぞれ、都合の良いタイミングで落としていると思います。

実は日焼け止めを落とすタイミングは「帰宅後すぐ」または「日没後」この二つが理想的です。

帰宅して、「今日はもうお出かけしないし、紫外線を浴びることはない」という状態になったら、お肌への負担を軽減するためにも、早めに日焼け止めを落としてしまいましょう。

また、日没後であれば紫外線はもう浴びることはないので、日が沈んだら日焼け止めは落として問題はありません。

ポイントは、「紫外線を浴びない状態になったら」日焼け止めを落とすことです。

スポンサードリンク

落とさないときにおこるトラブル

肌トラブル

さて、日焼け止めの落とし方をご紹介していますが、日焼け止めを落とすことは、そんなに重要なのでしょうか?

実は日焼け止めの成分は、私たちが考えている以上にお肌への負担が重いものなのです。

つければ紫外線対策になりますが、落とさないままでいるとお肌に様々なトラブルが起こってしまいます。

そこで、日焼け止めを落とさないときにおこるトラブルについてまとめてみました。

かぶれやむくみ

日焼け止めの成分の中には「紫外線吸収剤」という成分が入っていることがあるのですが、これをお肌に使うと、紫外線と化学反応を起こして紫外線のトラブルからお肌を守ってくれます

紫外線からお肌を守ってくれるのはとてもありがたいですがその代わり、「紫外線吸収剤」にはお肌にはかぶれやむくみといったトラブルが出やすい成分も含まれています。

そんな物質をお肌に残した状態にしておいたら、せっかく紫外線から守ったお肌が別のトラブルにさらされてしまうのです!

「日焼け止め落とすの面倒くさいなぁ・・・適当でいいや」

特にレジャーやお出かけから帰ってきたときはお疲れ気味。

ついつい疎かになりがちですが、お肌の為にもしっかりと日焼け止めは落としておきましょう。

お肌の乾燥

乾燥肌

日焼け止めには界面活性剤が使われているものが多いです。

界面活性剤は石鹸等に入っている成分で、水と脂を混ぜ合わせる性質があり、お肌に使うとお肌の表面の皮脂が水に流れて落ちてしまいます。

日焼け止めを落とさない状態というのは、界面活性剤をお肌につけたままにしておくという事でお肌から必要な脂が落ちてしまい乾燥しやすくなってしまうのです。

お肌の乾燥はバリア機能が壊れていることが原因で起きてしまい、バリア機能が壊れてしまうとお肌の保湿機能も落ちてしまい、シミやしわの原因にもなってしまいます。

毛穴の詰まり

日焼け止めを落とさないとお肌に日焼け止めの成分が残ってしまい、肌の毛穴が詰まりが起こってしまいます。

毛穴が詰まってしまうとニキビやお肌の黒ずみといった、紫外線トラブルとはまた違うトラブルを引き起こす事に。

特にクレンジングや専用クレンジングで落とす日焼け止めをお湯洗いや石鹸、洗顔料等で落とすとお肌に日焼け止めの成分が残りやすく、毛穴の詰まりがおこりやすくなってしまいます。

また、日焼け止めをちゃんと落とさない状態でさらに別の日に日焼け止めを使うと、お肌の毛穴はさらに詰まってしまいます。

日焼け止めはその都度しっかりと落とすようにしましょう。

まとめ

日焼け止めの正しい落とし方や、落とさないときに起こるトラブルについてご紹介してみました。

そういえば私も、日焼け止めを使う時、塗る時にはいろいろ神経を使うけれど、落とすときには無神経に適当に落としていました。

落とし残しはお肌トラブルの素。

せっかく日焼け止めで紫外線対策をしても、それを落とさない事で別のお肌トラブルに見舞われてしまったら何だかもったいないし、悔しいですよね。

日焼け止めは、正しく塗るのは勿論のこと、しっかり落とすまでが「紫外線対策」と考えてみてはいかがでしょう?

なお、「日焼け止めを塗るのに効果的なタイミングや量は?」のページでは、日焼け止めの量や効果的な塗り方などもご紹介していますので、こちらのページと合わせて紫外線対策の参考になさってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA