出産・育児

赤ちゃんの日焼け対策はいつからやるべき?おすすめの日焼け止めも紹介

Pocket

赤ちゃんの日焼け

日差しの強い夏に気を付けたい肌の日焼け。

毎年夏になると必ず日焼け対策を取るという方は多いですよね。

では、大人と肌の強さが異なる赤ちゃんはいつからどんな日焼け対策をやるべきかご存知ですか?

大人と同じように赤ちゃんもきちんとした対策を取らないと、将来成長してからお肌に悪影響が出ることも…。

今回は赤ちゃんの日焼け対策はいつからやるべきか、赤ちゃんにおすすめの日焼け止めなどご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け対策はいつから?

考えるお母さん

まずは赤ちゃんはいつから日焼け対策をやるべきなのかご説明します。

赤ちゃんの肌って、もちもちすべすべで綺麗な肌という感じがしますよね。

ですが実際は大人の皮膚の3分の1~半分程度の薄さで刺激に弱くとても乾燥しやすいのです。

その為長時間直射日光が当たると、火傷や水ぶくれになってしまうことがあります。

また赤ちゃんの時期に紫外線を浴びすぎてしまうとダメージが徐々に蓄積されてしまい、成長してからシミやシワが出てきてしまったり、最悪の場合皮膚がんの原因となってしまうことも。

よっていつからということではなく、できるだけ早くきちんとした日焼け対策を取ることが大事なんですね。

赤ちゃんの日焼け対策

赤ちゃんがいつから日焼け対策をやるべきなのかがわかりましたが、次に気になるのはどんな対策があるかですよね。

ここからは赤ちゃんの肌を守る為におすすめの日焼け対策をご紹介します。

赤ちゃん用の日焼け止めを塗る

日焼け止め

日焼け対策としてすぐに思いつくのは日焼け止めを塗ることですよね。

しかし赤ちゃんのデリケートな肌にいつから日焼け止めを塗っても良いのか悩む方もいらっしゃると思います。

実はいつから日焼け止めを塗ってもいいのか専門家ですら意見がわかれ明確な決まりはありません。

一般的には生後6か月以上経てば日焼け止めを塗っても良いとされていますが、肌の強さには個人差があるためいつから日焼け止めを塗るのかは赤ちゃんに合わせて判断しましょう。

赤ちゃん用とされている日焼け止めでも、パッチテストを行ったり説明書きをしっかり読んだりすることをおすすめします。

日差しの強い時間帯の外出を避ける

日傘と赤ちゃん

日焼け止めが塗れない赤ちゃんは、日差しの強い時間帯のお出かけは避けましょう。

午前10時~午後3時までの間は最も日差しが強く紫外線を大量に浴びてしまいます。

この時間帯は気温も高いので、公園などに出かける時は午前10時までの朝のうちに行くように心がけてください。

日陰を選んで移動する

日差しが強い時間でなくても、出かける時はできるだけ直射日光が当たらないように日陰を歩くようにしましょう。

ベビーカーなどで移動する時はサンシェードなどを装着して日よけを作るのもいいですね。

ただしベビーカーは地面から近く照り返しで暑くなりやすいので、熱がこもらないように注意してください。

おすすめはメッシュ部分のあるサンシェードで、通気性が良く直射日光から守ってくれますよ。

【PROKTH サンシェード】

帽子やおくるみを使用する

麦わら帽子をかぶった赤ちゃん

赤ちゃんは髪の毛が細くて柔らかい子が多く、直射日光を浴びると相当なダメージを受けます。

赤ちゃんを抱っこして出かける時などは直射日光が当たらないように帽子を被せるようにしましょう。

最近は猫耳などがついた可愛い帽子がたくさんあるので、選ぶのが楽しいですよね^^

また薄手のおくるみでくるんだり、動き回るようであれば通気性の良い長袖長ズボンを着用するのがおすすめです。

スポンサードリンク

赤ちゃんが日焼けしてしまったら?

日焼け止めが合わなかったり帽子やおくるみなどを嫌がったりと、どんなに対策を取っても日焼けしてしまう事もありますよね。

赤ちゃんは大人と比べて日焼けによる肌のダメージが大きいです。

万が一日焼けをしてしまった場合は適切な処置をしてできるだけ早く治してあげましょう。

ここからは赤ちゃんが日焼けしてしまった時の正しい処置法をご紹介しますね。

すぐに冷やす

大人の場合もですが、日焼けは肌が軽いやけどを負って炎症を起こしている状態です。

濡らしたタオルやガーゼなどに包んだ保冷剤を患部に当てて冷やしてあげましょう。

凍傷の恐れがある為保冷剤を直接患部に当てないように気を付けてくださいね。

赤ちゃんが嫌がらなければ子供用の熱さまシートを貼るのもおすすめです^^

水分補給と保湿

水分補給

日焼けをすると体内の水分が失われがちなので、こまめに水分補給をさせましょう。

特に赤ちゃんは大人よりも体の中の水分が多く、水分の消費も多い為たくさんの補給が必要になってきます。

外出前後、外出中、食事中、沐浴やお風呂の前後は特に意識して飲ませてくださいね。

母乳やミルク以外を口にするようであれば、糖分やカフェインが含まれたものは悪影響を及ぼすので避けるようにしてください。

おすすめは白湯か麦茶で、あまり冷たすぎるとかえって胃腸を刺激してしまうので常温で与えるように気を付けてくださいね

母乳のみの場合は、母乳を与えるお母さん自身の水分補給も大事なので、こまめに水分をとるようにしましょう。

皮膚科を受診する

病院受診

患部を冷やしたり水分補給に気を付けていても、下記の症状が表れた場合は必ず皮膚科を受診するようにしてください。

  • 皮膚がかさつく
  • 患部を痒がる
  • 湿疹が出る
  • 患部がただれる
  • 水ぶくれができる
  • 発熱

その症状に合ったお薬を処方してもらえるので、これら以外にもどこかおかしいと感じる事があれば迷わず受診しましょう!

赤ちゃんにおすすめの日焼け止め

赤ちゃんが日焼けしてしまった場合にどんな処置をすればいいのかがわかりましたね。

では次に、赤ちゃんの日焼けを防ぐ為の日焼け止めの選び方とおすすめの日焼け止めをご紹介します。

1番注意していただきたいのが、肌への負担が少ないものを選ぶということ。

赤ちゃん用となっているもので、無着色、無香料、低刺激といったものを使いましょう。

低刺激だと日焼け止めとしての効果が弱いのでは…?と不安に思われる方もいますよね。

ですが、低刺激の日焼け止めでもこまめに塗りなおすなどすれば十分効果があります。

また赤ちゃんは汗をかきやすい上によく動いてこすれてしまうため日焼け止めが落ちやすいです。

なので2時間ごとに汗をタオルで綺麗にふき取ってから日焼け止めを塗りなおすようにしてください。

日焼け止めを落とさないままだと赤ちゃんの肌が荒れてしまいますので、日焼け止めを塗った日は必ずお風呂で石鹸を使って綺麗に落としてくださいね。

安心のオーガニック成分で芸能人も多数愛用!アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

芸能人の愛用者や雑誌など多数メディアで紹介されている、天然成分のみで作られた虫除けにもなる日焼け止めスプレー。

アルコールや石油系界面活性剤などを使用していない為、赤ちゃんのお肌を優しく紫外線から守ってくれます。

ミストタイプでお出かけ前にシュッとスプレーするだけなので、忙しいママさんにとっては嬉しいですね^^

 

>>「アロベビー UV&アウトドアミスト」の公式サイトはこちら。<<

 

まとめ

赤ちゃんの日焼け対策はいつからやるべきか、赤ちゃんにおすすめの日焼け止めなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

特にいつからという決まりはないものの、大切な赤ちゃんの肌を守るためにはできるだけ早いうちから対策を取るべきだということがわかりましたね。

自分では日焼け対策をすることができない小さな赤ちゃん。

「今日はお日様に当たりすぎて、ちょっと怠い」なんて自己申告もしてもらえませんし、赤ちゃんの小さな変化に気付く事が出来るのはお母さんだけ!

今回ご紹介した日焼け対策やおすすめの日焼け止めを参考にして、赤ちゃんのすべすべ肌を守りましょう^^

スポンサードリンク

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA